2011/2/2

今日はまた長男が有休をとって運転席でスタンバイ
ほんとに会社大丈夫


9時30分 放射線科

この日、手術にするか放射線治療にするかを伝えることになっており、手術を受けることに決めたことを言いました。
たったそれだけのための予約でした。



10時30分 婦人科
今日は内診はないだろうと思ったので長男と一緒に診察室へ。


M先生   あ~サザンさん、放射線の先生からどういう治療方針にしたか返事
       を聞きたいということですが…


      「手術で」 と言ってきたところです。

M先生   それなら良かった。 
       病理検査の結果が出て、あなたのは “腺扁平上皮がん” といって、
       放射線が効きにくいタイプで、手術の方が有効なんです。
       扁平上皮がんが7、腺がんが2、その他が1なんですけど、あなたの
       はその1に入る珍しいタイプのがんで、扁平上皮がんよりは少しタチ
       の悪いがんになります。


      ・・・・・・  はい、では手術でよろしくお願いします。

M先生   この間の出血は止まったでしょ?

      はい! 出血も、あのおりものも全く出なくなりました!


そして前回渡された「手術の説明・同意書」を見ながら詳しい説明を聞いた後、何枚もの同意書にサインをしました。 
息子も同席者としてサインを促されました。


M先生   あと、尿管ステントといって、手術のときに尿管を傷つけないように、
       膀胱から腎臓にプラスチックの管を入れるんですけど・・・
       (絵を描き始める)
       これは手術の前に外来でやってもらいます。


     はい・・・
       えっ!?   外来でですか!?   外来でって・・・
       どこから入れるんですか?


M先生   尿道から入れます。
       でも麻酔も必要ないくらいの簡単なものです。

      えーーーっ
       手術の前とかじゃダメなんですか


M先生   泌尿器の先生も同じ時間に手術があったりで都合があるからね・・・
       大丈夫ですよ、みなさんやってるし、そんなに痛くないです。

       あさって泌尿器の外来予約入ってるでしょ?
       その時に担当の先生とステント入れる日を決めてください。


      はい、わかりました…    → みんなやってるならと観念した


診察室を出てから・・・

息子    ねえ!ビビりすぎ!

      自分だったらどーよ!

息子    絶 ・ 対 ・ 無理っ!

いっしょじゃん・・・



11時00分 麻酔科
小さな個室のような部屋で硬膜外麻酔と全身麻酔の説明を受け、全身麻酔の時に使う実物の 咽頭鏡 まで見せられ、血の気が引きました!  
口の中に入れるのに、こ、こ、こんなデカい鉄の塊ぃぃぃ・・・ 
グラグラしてる虫歯はこの咽頭鏡で折れてしまうこともあるそうです。
確かに恐怖を感じるほどの大きさでしたが・・・
意識がなくなってからだから、まぁいっか!
好きにして~


説明の最後に、消防庁が取り組んでいる 「救急救命士による気管挿管の実習にご協力を」 というプリントを渡されました。 
協力する場合はサインをして入院のときに病棟クラークに預けるそうです。 
正直とても迷いました。 

いつか自分や家族が、救急隊に命を任せなければならないという事態が発生するかもしれない。 
そのための救急救命士の育成に貢献することに、迷ってる場合なんかじゃないのかもしれない。 

でもこのときは、これからの手術や尿管ステントへの不安がいっぱいで、任意で避けられる不安は抱えたくなかったのです。
それでも入院まで何回も迷ったのですが、入院当日看護師さんから

「協力をされない方の方が多いので気にしなくても大丈夫ですよ」

と言われ、胸のつかえが取れました。
実習生の方、チキン で、ほんとうにごめんなさい!



2011.02.02 Wed (00:00) l 3. 発覚~手術まで l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/9-83494f04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)