おはようございます(^^)/

こたつを出そうか迷ってるのに、まだ扇風機も大活躍してます。
こんな陽気なので、周りは風邪ひきさんだらけ。
昨日は一日ブラブラ歩き廻ってたのに、リンパの浮腫みも疲れもなく、風邪も
ひかない元気なサザンさんです

そうそう、買い物中2時間おきにしっかり尿意もありまして、しっかり出たので
導尿は1回もしないで帰ってきました。
やっぱり動いた方がいいのかなぁ・・・ 

本題です。
いろいろな方のブログを読ませてもらっている中で、なかなか痩せれない・・・
という言葉をよく目にしますので、私が太らなくなったのはこれかな?
と、思うことを書きます。
決して自慢でも、上から目線でもありませんので(#^.^#)
親切な優しいお姉さん おばさんの軽いアドバイスです。

結論から言うと油抜き、砂糖抜きの食事です。
無理~~~! とか思うかもしれないけど、これが意外とそうでもないんです。

私は現在、身長161センチ、体重46~47キロです。
ガンになる前は49~50キロでした。
手術が終わって、リンパ液でパンパンに浮腫んだ退院時が54キロ。
その後、リンパ液の漏れや噴水事件があったりで、少しずつ落ちて行き、
化学療法が始まる頃は元の体重(49キロ)に戻ってました。

化学療法は、TCを6回やりました。
毎回、投与後一週間は食欲がなくなるので47キロくらいになり、吐き気や
筋肉痛などの副作用が落ち着くと反動で食べまくり、すぐに50キロ。
どうせ抗がん剤やれば痩せるんだから!と欲望のままに食べてました(笑)
これが6回(5か月間)繰り返されました。
なので、抗がん剤ダイエットが終わった化学療法後は、また49~50キロ
を行ったり来たり・・・

その後、去年の秋に二男が家を出て自活するようになりました。
夫と私の二人暮らしになり、当然食生活も大きく変わりました。
夫は結婚前から好き嫌いが多く、肉はひき肉、魚は限られた白身魚、お刺身
で食べれるのは唯一イカ刺し。
肉料理は、ひき肉しか食べられないので、餃子、コロッケ、ハンバーグ・・・と 
手間がかかるものばかり 
息子らと同じに、生姜焼きを食べてくれたらと、何度思ったか・・・

そんな夫なので、私は自分だけのために生姜焼きやトンカツを揚げることも
なくなりました。
でも、鶏肉はお肌の為にも積極的に摂るようにしてます。 
それだけじゃなく、化学療法後は自然と脂っこいものが苦手になったんです。
和菓子はいくらでも入るけど、洋菓子も苦手に・・・
手術のときに自己血を使い果たし、その後2回輸血をしたので、その二人の
方の嗜好のせい?なんて、ちょっと本気で思いました。
甘いもの、大っ嫌いなおじさんだったとか?
あ、輸血って男女関係ないのかしら???

でもその程度で、ダイエットの為とか健康の為とかを意識して徹底的に口に
しない!というわけではないんです。
煮物は濃い甘い味にするし、コーヒーも甘くないと飲めません。
吉野家の牛丼も好きだし、焼肉も行きます。 やスナック菓子も大好きです。
最近涼しくなってからは、白いご飯も2~3杯食べてます。
好き嫌いがないので、食べたいものは何でも食べてます。
ただ油ものと、4本足の動物のお肉が減った程度です。

ちなみに先月、二男がちょこちょこ家に来ていた時は私の体重も増加傾向に! 
なので、やっぱり料理の油や砂糖が体重に関係してるのでは?と実感。
太らなくなっただけじゃなく、体も締まってきましたよ! 

先日、豚のもも肉に含まれている“ポークペプチド”というタンパク質(酵素で
分解されてできる豚肉特有の成分)が肝臓に働きかけ、動脈硬化の原因と
なる中性脂肪やコレステロールを下げてくれるというニュースも話題になり、
豚肉も見直されましたし、食べ盛りのお子さんがいる家庭では、うちのような
わけにはいかないかもしれませんが・・・
可能ならば、お母さんだけ試してみてください(^_-)
すぐに効果が表れると思います。 ダメだったら笑って許して! です。


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです

2012.10.25 Thu (11:37) l 17.日常のいろいろ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/82-ddff72f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)