2012/8/16

半年に1回のステント交換のため、病院に。

昨日は婦人科の定期検診があったので、今年のお盆は2日連チャンででした。
T先生になってから診察は2回ありましたが、ステント交換は初めてだったので順番がくるまで緊張でドッキドキ。

検査着に着替えて処置室に。 今回ブラは付けたままに  → 乳首気にするほうが苦!
狭い処置台に昇り、脚を固定する所に両腿を乗せて待機。
手の握りバーは精神的に怖いので 手はいつも胸の上で組んでます。

看護師さんのおまたの消毒が終わると、いよいよかと緊張MAX!
そのあと物々しく器具を用意する音。   キャー!!!
絶対に視界に入れません! 何回やっても怖いものは怖いよぉ---!

しかも、そこにはまさかの知らない人! 先生がっ!
大学生にしか見えない若い先生が、隣に立っている、これまた見たことのない先生に指導を受けながら処置を始めようとしていました!
T先生は急な手術が入り、代わりの先生になったと!

もう、なすがまま、きゅうりがぱぱ・・・

はい、タイトルの通りです。
これまで痛くなかった膀胱鏡が、今回は入ってきた瞬間から激痛
それでも多くのブロガーさんが膀胱鏡の痛みを訴えられていたので、私も今回は痛いのか!と 我慢・・・  我慢・・・  我慢・・・ 

できずに腰を引いてしまいました---

尿だか何だかわからないものが流れ出たのがわかりました。
すぐに危険なことをしたのが自分でもわかって恥かしくなりましたが、もう尿道が破れるかと思うくらいの痛みだったんです

でも痛みより怖かったのが、その若い先生!
そんな、体が くの字 に曲がった体勢なのに、「大丈夫ですか?」 一言もなく、顔の表情一つ変えず、そのまま続けようとするんです!
そんな体勢で膀胱鏡とかステントって入るのでしょうか?
できればお隣のベテランっぽい先生に代わってもらいたいところを抑え・・・

ちょっと待って! ちゃんと寝かせて下さい! 

と、お願いして体勢を整え深呼吸・・・ 
 
する間もなく続行!!! 
 
ドSぅ

最初から最後まで激痛の交換でした。
先生によってこんなに違うんだ!ってことが、よ---くわかりました。
A先生、毎回自分で自慢してたけど、本当に上手だったんだ・・・
あの、 ボク上手だから! のドヤ顔が愛おしい。
許されるなら新幹線に乗ってでもお隣の県に行きたいくらい。

終わってみたらマスカラは取れ、シワも10本・・・いや95本増えたかも!
気絶はしなかったけど、悶絶の30分でした。
私は半年に1回だけど・・・ これが一生なんて無理! 無理! 無理!
「覚悟」 早々とどっか行ってしまいました。  



追記
この記事にお二人の方から貴重なコメントを頂きました。
とても参考になりますので、記事と合わせてご覧ください。



2012.08.16 Thu (00:00) l 7. 尿管狭窄 l コメント (13) トラックバック (0) l top

コメント

No title
サザンさん、初めまして。
私もステント留置しています。昨日三ヶ月毎の交換してきました。ホント、先生によって違いますよね(>_<)大学病院なので、研修医が先生の指導のもと処置をする事があるのは仕方ないのだろうけど…。分かっていても、分かりたくない(笑)
ちなみに私は子宮頸ガンで今年のバレンタインデーに手術を受けました,♪
2012.10.17 Wed (22:22) l OD. URL l 編集
はじめまして、ODさん!
こんばんは。
コメントありがとうございます! 励みになります!
ODさんもバレンタインに手術されたんですか~
私と1年違いなんですね!

ステントのことでは、ODさんのように同じように留置されてる方には、不安になる情報も発信してしまっていますが、現実を伝えたくてありのままを書いてます。

今回、研修医かと思った先生は、実はちゃんとした医師でした(笑)
次回の記事に書きますが、大学病院だからと諦めなくてもいいようです。 このことを担当医に言ったら、次回は必ず自分がすると言ってくれました!

でもあの恐怖が忘れられなくてトラウマになりそうです・・・

 




2012.10.18 Thu (00:22) l サザン. URL l 編集
初めまして
サザンさん こんにちわ。
子宮頸がんから13年たちました。
ステント歴も13年です。
最近やっと7週間毎に交換になりました。ベテランです。
10日で交換などもあります、こんなベテラン嫌ですね。

今の担当医はアッという間に交換終了です、お股を広げたまま世間話などしています。
なんだかおかしな光景ですよね。

腎臓を労わりながら、生活するしかないですね。
お互いに頑張りましょう。
2012.10.18 Thu (10:29) l 涼子. URL l 編集
涼子さん、はじめまして!
コメントいただいてありがとうございます!

読んでいて、希望と勇気が出てきました!
涼子さん、13年ですかぁ~  ホントにベテランですね~。
ステントの長期化ってあまり聞かないので、どうなんだろう?と
不安でしたが、貴重なお話を聞けて一安心です。
でも、交換の間隔が短いようでビックリです・・・
コメントの様子から、それでもだんだん空いてきたと思われますが
差し支えなければもうちょっと詳しい話しが聞きたいです。
またいろいろとアドバイスもお願いいたします。

私も涼子さんのように、楽しい?交換ができるように、心身ともに
成長したいです!
2012.10.18 Thu (13:19) l サザン. URL l 編集
いろいろありました。
こんな私でも希望を与えられるならと、経過をお話しします。

13年前に手術 放射線治療の後、左右の尿管狭窄になりました。2年くらいは左右にステントを入れていましたが、左尿管の閉塞をしょっちゅう起こして腎盂腎炎で何回も入院していました。
そのため、左腎臓がだめになり摘出しました。

その後4年くらいは2~3か月毎の交換でした。
でもまた、閉塞しては腎盂腎炎で入院することが多くなって3週間毎からやっと今7週間になりました。バルーン拡張手術、小腸での尿管代用手術などもしましたが、失敗に終わりました。

最近はまあまあの体調で、国内旅行なども楽しんでいます。(海外旅行は禁止されています。)
こんな感じです、まさか癌でこんな事になるとは思いませんでした。
2012.10.18 Thu (15:33) l 涼子. URL l 編集
「覚悟」少し戻ってきました!
さっそくのお返事ありがとうございます!

思わず息を呑んでしまいました。
涼子さん、いろいろ大変でしたね。
私なんて比にならないくらい、辛い治療をされてきたんですね。
ステントを入れていても尿管が閉塞してしまう・・・ということや、
腎臓を取らなければならなくなる・・・という、
厳しい現実があることも聞けて本当に良かったです。
だって、涼子さんのように旅行も楽しめるんだから!
「覚悟」また少し戻ってきました!
ありがとうございました。
またいろいろ聞かせてくださいね!
2012.10.18 Thu (17:32) l サザン. URL l 編集
勉強になります~(^-^)
コメント、読ませて頂きました。
ステントを入れていれば狭窄しない、大丈夫だって思っていました。。。びっくりしました。
今後起こる可能性がある様々な事、いろんな症状があり頑張っていらっしゃる方がいる事、知る機会をいただき感謝致します。とても心強いです。
心の準備が少し出来ました。ありがとうございます。

ひとつ質問してもよろしいですか?
海外旅行が禁止されているのは何故でしょう。
2012.10.18 Thu (22:08) l OD. URL l 編集
同感です!
私も今まで、ステントを入れていれば安心!
と思っていました。
でも、腎臓が機能しなくなることもあるようです・・・
ただ、そうなっても涼子さんのように普通に生活ができるということが
わかると、心強くなります。
ホントに心の準備ができますね!

海外旅行~は、飛行機の気圧の関係なんでしょうかね~?

涼子さん、もしまた覗いていただけましたら教えていただきたいです!
お願いいたします。
2012.10.18 Thu (23:07) l サザン. URL l 編集
旅行の件
海外旅行については説明不足ですみません。
私の場合ですが、ステントが閉塞して尿が出なくなる事がよくあります。
片方しか腎臓がないので、24時間尿が出ないと尿毒症で命の危険もあると言われています。

国内旅行中にも、緊急で交換に駆け込むことがあります。海外だと言葉の障害と、医療事情がわからないので、主治医からは禁止されています。

暇はたくさんあるのに残念です。

2012.10.18 Thu (23:29) l 涼子. URL l 編集
ありがとうございます
そういうことだったんですか。
気圧は関係なかったんですね(笑)
確かに言葉の通じない所での処置は危険ですね。

尿が出ない恐ろしさは、私も去年の夏、一度ステントを抜去した後
経験しました。
何も食べれなくなり、高熱、吐き気、嘔吐、頭痛、倦怠感・・・
とても怖い思いをしたので、ステントの有り難さを実感しました。

ODさん、私たち理由がわかって良かったですね!
涼子さん、本当にいろいろありがとうございました!
2012.10.18 Thu (23:59) l サザン. URL l 編集
ご回答ありがとうございます
こちらこそ、勉強不足でごめんなさい。

なるほど、そういうコトなのですね。サザンさんのように、飛行機での気圧の関係なのかと思いました。具合が悪くなれば余裕なんてなくなりますものね。知らない土地なら尚更です。
涼子さんほどアクティブな方でしたら、とても残念でしょうね。

旦那さんの海外赴任の可能性もあった為、気になり質問してしまいました。ありがとうございます!
2012.10.19 Fri (00:13) l OD. URL l 編集
参考になりました
ご無沙汰しております。以前、ステントの記事にコメントさせていただきました。(コメントしないで時々読みきております(^^))
改めてこちらの記事のコメントが参考になりました。ステントが入っていると実際いつまでもつのか?最大の関心ですよね。最近、べつのブログでステントを卒業された方もいましたから希望もありますね☆
2013.02.23 Sat (18:33) l andy. URL l 編集
andyさんへ
ご訪問、コメント、ありがとうございます!
私も時々お邪魔させていただいておりますi-239
(読み逃げばっかりでゴメンナサイ・・・)

具合は大丈夫ですか? 病院が休みの日に痛みが引かないのは不安ですね。
せめて水分をたくさん摂って、尿をきれいになさって下さい。

たまたま今日の記事にも書きましたが、ステント交換の間隔、腎臓の寿命、
個人差があるので先が読めず、不安がいっぱいです・・・
私がステントを卒業する日は、腎臓が機能しなくなった時だと思います。
でも、もう片方の腎臓が元気な限り、問題はないそうです!
大事にしないといけませんけどね。

andyさん、週明けのステント交換は憂鬱かもしれませんが、どうぞお大事に。
2013.02.23 Sat (22:05) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/77-1f988aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)