2012/3/28

脱毛後、初めて美容院に行ったのは、最後の抗がん剤を投与した2011年7月25日からちょうど8か月経った3月28日です。

脱ウィッグをしたのは、そのちょっと前の2月9日。
襟足だけが他の部分よりも異常な速さで伸びていたので、そこだけを自分でカットして、ビゲンで白髪染めをしました。
脱毛してみてわかったのですが、約6割が白髪でした。 

脱ウィッグといっても外出するときは帽子をかぶり、帽子が失礼にあたる場所へはまだウィッグを着けていました。

この頃は、ビゲンの色選びに失敗して自他ともに認める悟空

なので初めて美容院に行くときは、ものすご~く中途半端なショートカットで、ものすご~くみっともないまだらな金髪。 
今までずっとやってもらっていた美容師さんが、ちょうど手術の頃に故郷に帰ってしまったので、これを機に新しい美容院へ。
変な頭だったので、以前の私を知ってる人がいないのは気がラクでした。

まだ前髪が短かかったけれど、美容院に行ってからは完全に脱ズラをし、ウィッグも帽子も被らなくなりました。
ほんとうに、ほんっとーーーーーに嬉しかったです

抗がん剤の影響か?ウェーブというよりは “おまたの毛みたいなクセ具合” の髪の毛が所々にあるのが悩みでしたが、その後5回のカットとカラーでほとんどなくなりました。

以前、襟足部分が浮いてしまう生え方だったのでショートにできず、いつも変わり映えのしないセミロングだったけれど、脱毛後に生えた髪は何故か襟足に添うようにピッタリとくっついてます。
ここだけは抗がん剤に感謝!  憧れのショートばんざーい!

心身ともにお世話になった2つのウィッグは、丁寧にシャンプーして、よ~く乾かして仕舞いました。
願掛けで捨てる方もいるようですが、私は捨てられなかったです。 
この先二度と使うことはないと信じていますが、一緒に戦った自分の分身のようで捨てられなかったです。

夜中に帰ってきた次男がウィッグに驚かされることもなくなりました 笑




追記

この記事を書いた2012年10月7日。
奇跡は起きず、残念な報告を知りました。
痛みの無い世界に逝けた、なんて言いたくないです。
神さま、痛みと戦いながらでも生きさせてあげてほしかったです。
あのブログが更新されないのは哀しいです。

今までほんとうにありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。



2012.03.28 Wed (00:00) l 17.日常のいろいろ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/71-183e7dd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)