2011/8/31

腎臓で作られた尿を膀胱に導く尿管ですが、長さは約30cm、太さは約0.5cmの細い管です。

私の病院では広汎全摘手術の際、尿管を傷つけないように、術前に尿管内にステント(プラスチックの管)を留置します。

尿道から膀胱鏡を入れ、ガイドワイヤーに沿わせて腎臓まで挿入。
腎臓に到着したら先端をクルっと丸めて固定。
反対の膀胱の先端もクルっと丸めて固定。

通常、術前の外来で麻酔なしで行われるそうですが、私は 運よく? 術前の全身麻酔が効いて、意識がなくなってからの処置となりました。
なので留置のときの苦痛は経験していません。

私は手術のあとに化学療法が追加になったので、抗がん剤から腎臓・膀胱を守るために、治療が終わるまでの半年間そのままずっと留置されていました。
(抗がん剤が尿と一緒にスムーズに排泄されるように、らしい)

化学療法が終わって1ヶ月。
ついに! やっと! ステントが抜ける日がきたのです
でもネットで検索すればするほど怖いことばかりが目に入ってきてしまって・・・
3日続けて、見たこともないはずの処置室での夢をみました
夢で逢いたい人は出てこないのに、こういうのは簡単に出てきちゃうんですね~


処置は泌尿器科の診察室のすぐ隣の処置室で行われました。
婦人科と同じ診察台に座らされビックリ!
電動で上がりながら足が開脚するのも全く同じ!
男性がこれに座ったところを想像すると・・・   

片足ずつ、つま先から腿までの袋状のものを履かされ・・・
更にその上からノリの効いたパリっパリの布を被され・・・
更におまたにも同じ布を被され・・・
患者一人にこれだけの洗濯物。  病院ってすごいですね~

そんなどうでもいいことを考えながらも心臓はバクバク!
呼吸も過呼吸気味。

膀胱鏡・・・   は痛くない!
「はい、片方ぬけましたよ~」    ん?痛くない!
なんだ、こんなもんか~ と油断していたら・・・
もう片方を抜くときはビビビっと痛みが走り、ビックリしました

この時はわかりませんでしたが、痛かったのはたぶん狭窄がある左側の尿管だったと思います。

とにかく抜けた!
これで全部終わって、これからは本当に本当に回復していくだけ。
おしっこの訓練?も、ちょっと始めてみよう!
そしたらもうすぐ出るようになる


この解放感がたった10日しか続かないことは、この時は全く予想もしていませんでした・・・


2011.08.31 Wed (00:00) l 7. 尿管狭窄 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

参考にさせていただきました。
こんにちは。私は婦人科病棟に勤務して3年目の看護師です。婦人科手術の勉強のためネットを巡っていたらたまたまこちらにたどり着きました。こちらのブログを拝見させていただき、手術後を受けた方の『その後』や気持ちの面で、とても勉強になりました。唐突ですみませんが感謝を伝えたかったのでコメントさせていただきました。
2014.12.30 Tue (16:01) l トト. URL l 編集
トトさんへ
コメントをありがとうございました。

看護師さんの立場から、私たちの術後の様子や気持ちをわかろうとしてくださっていることが、とっても嬉しいです!
私が入院していたときも、たくさんの素晴らしい看護師さんがいらっしゃいましたが、実際にこうして勉強のために体験者のブログを読んでいる看護師さんがいらっしゃることに感動し、こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいです。

正直、いくら毎日患者さんと接していても、身体の細かい症状、心の奥底までは、経験のない医師や看護師さんにはわかってはいただけないんだろうなあ・・・と思っています。
私たちのブログを読んでいただけたら・・・と思ったこともありました。

なので、同病者だけではなく、トトさんのような方にも参考にしてもらえることが嬉しく、このようなコメントをいただけたことがブログを続ける励みにもなります。

ほんとうに、ほんとうにありがとうございました!
お仕事、たくさんの大変なことがあると思いますが、体調を崩されませんように、どうか頑張ってください!
2014.12.31 Wed (00:00) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/55-205a4c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)