暑さ寒さも彼岸まで。 まだまだ残暑が厳しいです・・・

暑くてもあまり汗をかかない人や、子どもでもすぐに髪が簾のようになる子って
いますが、うちでは夫と長男は汗をかかないタイプ。 
私と二男はブワーーーっと吹き出るタイプです。
(注.普段はあまりかきません)

昨日、洗濯を干してる段階ですでに滴り落ちる汗!
その後、掃除機をかけたのですが、いつも汗がボトボト床に落ちるのでタオルを
首に巻きます。  掃除が終わる頃には上から下までビッショリ!
これだけで体重が1キロ~1.5キロ落ちます。

夫がいるときは落ち着かないので、掃除機はかけないのですが、たまたまその
ずぶ濡れの姿を目撃すると ど~こ行って来たのよ~
バカにして笑います。
はい、大袈裟なカラダなもんで

掃除機をかけ終わるとシャワーを浴びて、エアコンを効かせておいたリビングで生き返る。
・・・なのですが、昨日は急に頭がガンガンしてきて動悸が激しくなり、朦朧として息も苦しい
ヤバい!と思い、汗ビッショリのままソファーに傾れ込み、とりあえず両手で口を覆い、自分の二酸化炭素を吸いました。
こういう時って酸素の方がいいのかわかりませんが、たいがいこれで少しラクに
なります。
呼吸が整ってきたら落ち着いたので、麦茶をがぶ飲み。
これって、たぶん熱中症の一歩手前・・・
とっても怖かったです!

もう大昔ですが、二男が小学5年生の時にサッカーの試合中に熱中症になり、
危なかったことがありました。
試合中に 息ができない・・・ と、私たち父兄のところにヨロヨロっと来て倒れた
のです。  顔も手も足も見たことがない土気色  
唇の色まで茶色で、全身が硬直していたようでした。
お父さんたちが慌ててみんなで服を脱がせたり、うちわで仰いだり、
氷で冷やしたり。
監督は、携帯していた簡易酸素ボンベを口にあてました。
私は怖くて怖くて見ていられずに、ただおろおろ・・・
息子はすぐに何事もなかったかのように回復しましたが、そのまま病院に連れて行き、検査を受けました。

検査の結果は全く異常なし。
心電図も何の乱れもありませんでした。
医師の診断は熱中症でした。
大量の汗をかくと、汗と一緒に大量のカリウムが外に出る。
カリウムが不足すると一時的に不整脈を起こし、手当てが遅れると心停止に
なる場合がある。  と。
息子のように、健康で元気がよくても、汗をかきやすい人が危険らしく、サッカー
どころか他の激しいスポーツもやらせてはいけないと、
親としての認識不足を叱られました。

でも普段健康な息子が、大好きなサッカーをやめるわけはなく・・・
少しでもおかしいと思ったらすぐに報告にくること! と約束させ、私たちや
監督がしっかり監視することで続けることになりました。

次の年の夏にも同じようなことが一度ありましたが、それっきりで、息子は今も
元気です。
でも自分の体質をわかっているので、夏場の水分補給はしっかり摂っている
ようです。
なので、私も気をつけるようにしています。

もし、これをご覧になって下さってる方で、汗をかきやすい人がいたら熱中症を
甘くみないで、しっかり自己管理してくださいね



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです
2012.09.01 Sat (08:12) l 17.日常のいろいろ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/49-8f8f732b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)