2011/7/8

5回目の抗がん剤投与から2週間。
回を重ねる毎にパワーアップしていく副作用でしたが、何故か今回は筋肉痛が軽かったです。
といっても、ロキソニンを飲まずにすむというほど痛みがなかったわけではありませんが。

そのかわり貧血症状は日増しに強くなりました。
朝ベッドから起き上がり、2階の寝室から1階のリビングのソファーに辿りつくのがやっとで、またそのまま横に。
でも、とにかくおしっこは出さなきゃ と、気合を入れて起き上がる。
導尿の間、壁にもたれていても立ってるのがやっとです。
私は座っての導尿が苦手なのでとても困りました。

とりあえず洗濯機を回して・・・ と思っても体が動かず。 
歯みがきさえも意を決して!という感じです。
ソファーから冷蔵庫までの5メートルの距離がとっても遠く、フラフラしながら牛乳をコップに入れる。 
それだけでグッタリ・・・
みんな仕事に出かけ、私一人なのでもったいないけど朝からエアコンを入れて快適な空調に。 
今の私は熱中症になったらすぐに死んじゃいそうなくらいヘロヘロ弱々でした。
そんな涼しい部屋の中でも、コップの牛乳は飲むまでに温~くなるほど時間がかかります。 → でも何故か牛乳が飲みたかった!

夫は大袈裟な体 と呆れて笑いますが・・・  
私もほんとにそう思うので腹も立ちませんが・・・
いったいこの大袈裟な体はいつまで続くのか・・・
貧血に効く薬がないのなら、次回の外来で絶対に輸血をしてもらおうと決めていました。
そのくらい辛かったです。



------------------------------------------------------------------------



そして今日は5回目投与後の血液検査の日
今日はE先生が急にお休みになったそうで、代わりにT先生という若くてきれいな女医さんの診察になりました。
初めてお会いしましたがとても優しい先生で、丁寧にわかりやすい説明をしてくださいました。
T先生とはこんな場繋ぎ的な出会いだったのに、血液検査の結果はよりによって今までで一番深刻な結果が出てしまいました。


本日の検査結果 ( )は基準値
   白血球 1.8(4.0~8.0)  
   赤血球 1.97(3.8~4.8)
   ヘモグロビン 6.0(11.5~15.5)  
   血小板 3.9(14.0~40.0)
   好中球 234(4000~7000)  
   CRP 1.03(0.3以下)
   腫瘍マーカー CEA 1.4(5)  CA125 6.1(35以下)
   CA19-9 10.8(30以下)

白血球、好中球の数値は本当は入院して安静にしていなければいけないくらいだけど、お家でちゃんと衛生面の管理ができるなら・・・と、白血球を上げる注射を打たれ入院は免れました。

「貧血で動悸・息切れもあると思うけれど、無理をすると心停止になる場合もあるので甘くみないこと!」

と言われ、ドキっ

今は本当にたま~にしかかけない掃除機ですが、まさに激しい動悸・息切れ状態でした。
手を当てると心臓が飛び出るんじゃないか? くらいの激しさです。  
昔、マラソンをして走り終わった後でもこんなに激しい動悸はなかったほど。   
→ やっぱり大袈裟 ?

輸血も勧められましたが、今日はとりあえずの緊急処置ということで3日後のE先生の外来に再度予約が入ったので、E先生の指示を仰ぐことにしました。

T先生の予想では、ここまで全ての数値が下がると回復は厳しく、抗がん剤が与える体のダメージの方が強くなるので、たぶんもう治療はできないだろうということです。
薬の量を半分に減らすレベルでもないそうです。
私が自覚できるのは貧血の症状だけだったので、まさかの展開に頭がついていけませんでした。 
 


2011.07.08 Fri (00:00) l 5. 化学療法(TC6回) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/43-79680641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)