2015/11 ~ 2016/6 (赤い数字押すと記事に)
   2015/11/12  市の骨量測定を受ける
   2016/1/7    ↑酷い結果だったため腎代謝内科で相談
   2016/6/15   DXA(デキサ)法レントゲン検査を受ける
   2016/6/30   ↑結果


2017/6/7
前回のDXA(デキサ)法検査から1年後、同じ検査受診。

《去年の画像》
201707171.jpg
同じ年齢の平均骨密度と比較して99%に相当。
若年成人の平均骨密度と比較して85%に相当。


《今年の画像》
201707172.jpg
同じ年齢の平均骨密度と比較して99%に相当。
若年成人の平均骨密度と比較して84%に相当。
去年の骨量とほとんど変わらず。
今年も 「年齢・卵巣を取って6年経っているのに良い状態」 と言われた。
特にカルシウム摂取を心がけてなくてのこの結果に、とても安心。
それより、背骨曲がってるけどいいの?


骨粗鬆症の診断基準は、若年成人(20〜44歳)の骨密度の平均値を100%で表し、80%以上を「正常」、70〜80%を「骨量減少」、70%未満を「骨粗鬆症」と診断します。 私の病院では70%を切ると投薬治療が始まります。



2017.04.16 Sun (00:00) l 13.骨粗鬆症 l top