上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- (--:--) l スポンサー広告 l top
2017/6/6 
ステント交換-20回目

前回(3/9)の交換から1ヶ月半経った4月半ば頃から膀胱に鈍痛。
水分摂取量?冷え?ステントの刺激? →原因わからず。
今回は交換前に “リンチ症候群可能性対応” として超音波検査の予約を入れておいたので、痛みの症状と合わせて診てもらった。
右の腎臓に軽い水腎症がみられたが、腎臓・膀胱ともに痛みの原因になるものは写らず、異常なし。
診察後に座薬を挿入し、階下の処置室へ移動。
今回は挿入して30分も経たないうちに処置になってしまったが、痛みは時間をおいたときと変わらなかった。
座薬はやっぱり気休めだったのだろうか? 謎・・・
念のため、処置の最後にステントの先端の向きをなるべく刺激のないように調節してくださった。
2ヶ月近くあった痛みがなくなったので、ステントの刺激が原因だったかもしれない。
最悪なことも考えていたので安心した。
座薬だが、泌尿器科の受付後に看護師さんから先生に伝えられて処方されるので、毎回手元にくるまでに時間がかかる。 なので今日みたいに外来の患者さんが少ないときは、挿入から処置までの時間が十分に取れない。 
そこで、抗生剤と一緒に次回の座薬も頂きたいとお願いしたらすんなりOK。 
もっと早く気づけばよかった・・・ 今度からは受付を通したらすぐに入れられる。 
しかも先生3回分出してくださった ♪


2017/9/5
ステント交換-21回目

冷蔵庫に保管しておいた座薬を持って病院へ。
外来の患者さんが少なかったので、受付後、すぐにトイレに行って挿入した。
ああ、やっぱりもらっておいて大正解。 これだけでかなりストレスがなくなる。
処置台に乗り、脚を広げ、看護師さんの消毒が終わり、私は2~3回深呼吸。
先生の準備が整って、さあいよいよか・・・ とそのとき。
腎臓はもうほとんど機能していないので、今日ステント抜いてみようか?
と提案された。
突然のことに心の準備ができておらず、とりあえず思いついたことをいろいろ質問。
もう完全に尿は作られていないのか?
それはCTでもエコーでも100%はわからない
もし尿が作られていて、流れずに腎臓に溜まってしまった場合は?
腎臓に管を挿して外に出す処置をする
(→腎瘻)
それをせずに、いっそ摘出するのは?
その選択肢もある
その場合は開腹or腹腔鏡?
大きさ的には腹腔鏡で取れるが、逆に小さいが為に難しく、開腹になるかも
ステントを抜いてみてトラブルがあった場合、後日ステント再留置という選択は?
日数を開けると狭窄が進んで挿入できない確率が高く、それはほぼ不可能


ステントを抜いてみてトラブルがなければ、もう3ヶ月毎の処置の苦痛から解放されるわけだけれど、トラブルがあった場合のリスクを考えると安易に一か八かの賭けはできなかった。 とりあえず今回はいつも通りの交換で帰ってきた。 
念願のステント抜去だけれど、やはり決断は慎重になる。 あんなに嫌で嫌で仕方なかったものが、3か月に1回10分がまんすればいいのなら・・・に変わった。
先生は私の苦痛やステント長期留置の感染症を懸念されていた。 
今のところ感染症を発症したことはないので、私次第ならもう少しこのまま交換という形にしてほしいかな? 悩む。


2017/12/6
ステント交換-22回目

前回の抜去の結論が出ないまま・・・というか “95%は今のまま交換を継続希望” という気持ちで病院に向かった。
ところが、処置が始まってから終わるまで抜去の件は全く触れられず。
着替え終わってカルテをもらうときに、こちらから伺ってみた。
この間決心がつかないようだったので無理強いはしないよ  
的な回答。 そしてまた前回と同じやり取りが繰り返されたのだが、
トラブルがあってから左腎を摘出する緊急手術は調整が不可能だろうから、予定手術で摘出と抜去を同時に行ってほしい 
というのが私のせめてもの希望だったが、
このような理由での摘出手術は、麻酔など様々なリスクを考えると避けたい 
と、この間と違ってその選択の余地がなくなっていたことにガッカリ。
抜去→トラブルがあったら再留置→できなかったら腎瘻→その先は様子をみながら検討。 という一般的な流れを望まれているようだった。
今回も結論は出ず、とりあえず次回の交換予定日を決めて帰ってきたが、私の中では “可能な限りずっとこのまま交換という形で” に、気持ちが固まった。
この日、初めて泌尿器科で自己導尿グッズを受け取った。 4月に子宮がんが完治となったことから、これからは婦人科ではなく泌尿器科の扱いになるとのこと。
T先生は私が導尿をしていることを今日初めて知り、ちょっと驚かれていた。


2018/3/6
ステント交換-23回目

受付をして待合を見たら、今日は外来の患者さんがまだかなりいられた。
長年の勘で、半分くらいに減ったところでトイレに行き、家から持ってきた座薬を入れた。 ボ~っとしてきたベストタイミングで処置を受けられた。
今回も5分かかったかどうかの神技! 
「うっ」 という痛みは毎回2回あるけど、今では我慢というほどの痛みではない。
今回も抜去のことは全く触れられなかった。 私ももう何も訊かなかった。
12月にもらった3個の座薬が今日の分で終わったので、処置が終わってから、また頂きたいと先生にお願いした。 院内薬局で受け取った数は10個。 
座薬の数と抜去のこととは関係ないのかもしれないけど、一応ステント交換10回分あるってことだよね? 
今回6日に交換して、8日の夜まで腎臓のズンズンとした鈍痛と、左足付け根のピリピリ感が続いた。 9日の朝にはどちらの症状も治まっていた。



2017.04.17 Mon (00:00) l 7. 尿管狭窄 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。