厚生労働省の平成28年度診療報酬改定において、リンパ浮腫に対する診療報酬改訂が行われ、リンパドレナージが保険適用となったそうです。

ただし対象となるのは、
『乳がん等に続発したリンパ浮腫で、国際リンパ学会による病期分類Ⅰ期以降の患者。Ⅱ後期以降を重症とする』
とあり、下肢のリンパ浮腫については静脈瘤や血栓等々の違いが明確ではないため、保険適用になる可能性はまだまだ低いようです。

また、『治療を施すことができる医療施設基準項目』 をクリアした施設のみが対象という厳しい条件もあります。

下肢リンパ浮腫の私にはまだ先の長い話のようですが、国がリンパ浮腫に注目してくれたという大きな前進に心が躍りました


厚生労働省HP→医療保険→平成28年度診療報酬改定説明(医科)その4
   84ページ 《質の高いリハビリテーションの評価等⑧》 参照してください。


----------------------------------------------------------------------


リンパドレナージが保険適用になったら毎週でも受けたいけど、なぜかここ半年ほど症状が軽めです。
浮腫むのは左足太ももの内側だけで、鼠径部が浮腫むことがなくなりました。
マッサージはお風呂で体に泡が付いてるときに簡単に済ます程度です。

なので、家にいるときは のこのパンツと、
1605191.jpg


セシールの、この着圧ソックスの組み合わせで快適に過ごせています。
1605192.jpg



冬の間はパンツにブーツというスタイルが多かったので、ちょっとした外出もこのままという横着ぶり


長時間の外出のときは、去年の夏に購入した、この↓太ももまでのジョブストと、トップバンドのシリコンのかぶれ対策に↑のパンツを穿いてました。
1605193.jpg


ですが、これだと歩いているうちにパンツごとずり落ちてきてしまうので、この↓ガーターベルトを活用していました。
1605177.jpg


こんな華奢な作りだけど、シリコン部分もしっかり留まります。
1605175.jpg


ただ、体の線が出やすい夏のワンピースなどは、太ももまでのストッキングだとおしりの下に段々ができてしまうので、今回はこれからの季節に向けてパンストタイプを購入しました。

メーカーの商品説明(下の青字)を読んで即決した、スイス シグバリス社の “コットンシリーズ” です

計算された14%という綿比率配合は、綿配合を抑えることにより、綿の弱点である乾きにくさもカバーしています。
敏感肌の方はもちろん、夏は高温多湿、冬は乾燥しがちな独特の気候の日本では圧倒的人気のコットンシリーズです。
肌に優しいだけではなく通気性にも優れているので、湿度の高い環境でも優れた肌触りが得られます。
基本的な編み構造は他の弾性ストッキングと同じです。
弾性糸としてのポリウレタン、非弾性糸としてのナイロンで基本構造が構成されています。 横糸のポリウレタンをスイス綿でカバリングすることにより、肌にあたる部分(裏面)が綿になるように編まれています (綿14%、ナイロン52%、ポリウレタン34%)


1605171.jpg

1605172.jpg

1605176.jpg
(すみません、これ色が変です)

綿が入っているのでガチっと硬めなんだろうな~という期待通り、ほとんど伸びません。
ジョブストが普通のストッキングに思えるほどの硬さ、厚みで、透け感は0。
足首に合わせるとXXSだったけど、他のサイズがXSだったのでそちらに合わせました。 
が、ゴム手を使っても穿くのがやっとなので、このサイズで正解でした。
穿いてる最中はこの上でも良かったかも?と泣きそうになります
綿が入ってることでダメになるのも早いかもしれませんが。


腹部は脚の部分と編み方が違って緩めですが、腹部の締め付けが苦手で、膀胱内にステントの片端が入ってる私には理想の設計です(左側が腹部)
1605174.jpg


ウエストのゴム部分がアジャスター仕様になっているので、調節ができるところも気に入ってます。
1605173.jpg


つま先あり、つま先なしを1足ずつ購入し、2点で 22680円でした。
療養費保険適用で、自己負担は6804円です。


先日、おしりのほっぺたに “できもの” ができたので薄い座布団を使ったら・・・
1日で鼠径部が浮腫んでしまいました。
以前にも同じことがあったので、クッションがリンパの流れを遮断してしまうような気がします。
座布団を外したらすぐに治りました


2016.05.19 Thu (18:30) l 11.リンパ浮腫 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

No title
サザンさん、お久し振りです。
家のパソコンが突如フリーズ、前兆はあったんですが、スルーしてました(>_<)。なので、自業自得なんですが、とりあえず、写真はUSBに取り込んでおいたのでセーフ。
仕事やら母のことやらで、忙しい時期だったので、なかなか買い替えられず、放置状態でした。
やっと新しいのをたちあげ、サザンさんのブログへGo~!
むくみ、やっぱり気になりますよね。私も微妙に右足が太いような(/_;)。あと、お腹がなんだか以前よりボワッとしているような・・・。でも、これ脂肪かな。
体型がどんどん変わるお年頃なもので(~o~)。
以前サザンさんの教えてもらってから、私もセシールを愛用。とってもいいよね。
本格的なのをはくと、ぽっこり体型故か、どんどん下がってきちゃう。サザンさん愛用のガーターベルト、とってもよさそう♡♡♡。試してみるね。
加齢によって、リンパ浮腫のリスクはやっぱり上がってくるらしい。そりゃそうだよね、手術していない人だって、加齢によってリンパが弱くなってくると浮腫を起こすんだから、私達みたいな状態だと、なおさら(ーー;)。
一生付き合っていかなきゃいけない問題だけど、サザンさんのブログを通して、いろいろ情報ゲットできたり、交換できたり、とってもありがたいな。\(^o^)/
まだまだ問題は続くだろうけど、がんばろうね!
いつも、ありがとう♡♡♡。感謝です!
2016.05.24 Tue (10:36) l Atsuko. URL l 編集
Atsukoさんへ
Atsukoさん、こんにちは~
パソコン大変だったんですね~(@_@)
忙しいときに調子悪くなられるとホント困りますよね。
うちのも今の前のがやっぱり突然壊れてしまって、そのときは保存もバックアップもしてなかったので大変なことに!
今は小まめにUSBに取り込むようにしてるけど、何かトラブルがあったらバタバタしそう^^;
落ち着いてすぐにここに来てくれてありがとね♥

リンパを取ってるから浮腫みとは長いおつき合いは覚悟だったけど、加齢との関係もあるんですね φ(..)メモメモ
体型、ほんとに変わりますよね(T_T)
新陳代謝が悪くなったようで痩せにくくなったし(T_T)
私が30代の頃、50代の人が嘆いていたことが、今ならよ~くわかります。

セシールの気持ちいいよね~。 でも素足だと丸まったり落ちてきたりしませんか? 長めのパンツの上に穿くと大分違いますよ。
メディキュットで腿の付け根までの長さのものが出たので試してみたいんだけど、メディキュットは緩いから迷ってます。
ガーターベルトは写真のは医療用なんだけど、もしAtsukoさんがお腹にフィットしたもので問題なければamazonや楽天で色々あるので見てみてね!

私こそいつもいつもありがとうです♥ 
また参考になることや体験談を教えてくださいね(^^)/
2016.05.24 Tue (15:36) l サザン. URL l 編集
No title
リンパ浮腫って耳慣れない言葉の人も多いと思いますし、
あまり情報がないような気もします。 私も病気になる前に
一度ひどい浮腫の方にお会いするまでどういうものなのか、
知識はゼロでした。 そして手術後の傷クリニック?ていうのかな。に行くようになったときその場所がリンパ浮腫のクリニックと同じ場所でこういう外来もあるんだなと改めて意識しました。
その後サザンさんのブログでもっと細かく知ることができたので、きっと検索してこのブログで詳しいことをしることができた!って方もいるかもしれませんね。 ほんとにありがたーいブログです。 

サザンさん、私引っ越しを控えてるんです。 家を売ったり、買ったりとストレスでうんざりしてます。10数年住み慣れたこの田舎の町から都会に引っ越すのです!(笑) でも人も皆やさしくて友達もいるこの場所から引っ越すのはちょっとさびしいです。といってもまだあとひと月あるんですけど。 掃除しなきゃとただ思って、あまりはかどらない今日この頃です。
2016.05.25 Wed (06:59) l えり. URL l 編集
えりさんへ
えりさん、こんにちは。
日本では、術後の予測される後遺症の一つにリンパ浮腫があることを、ほとんどの方が言われると思います。
婦人科がんの手術をしてリンパ節を摘出をした人の4人に1人がリンパ浮腫になり、そのうちの半数は一生治療が必要になるというデータがあるくらい確率の高い後遺症なんです(p_-)
アメリカではリンパ節摘出があまり行われないようなので、これも国の違いがあるのかもしれませんね。

えりさん、お引越しされるんですか。
面倒な手続きや荷物の片付け、引っ越しっの大変さ、すごくわかります!
住み慣れた所から離れるのは辛いと思いますが、食べるの大好きなえりさんなので、大きな街の暮らしも楽しいかもしれませんよ~♪
えりさんもそんな忙しい中、コメントありがとうございました!
無事に引っ越しが終わって、早く落ち着けるといいですね(^_-)-☆
2016.05.25 Wed (17:57) l サザン. URL l 編集
こんばんは~♡
リンパドレナージが保険適用になったら私のように二の足を踏んでいる患者も敷居をまたぎやすくなりますね♬
早く下肢のリンパ浮腫にも保険適用がされますように☆

昨日やっと病院から電話がきて、31日卵巣の件についてお話合いの場をいただけるそうです!ついでにI先生に弾性ストッキングをお願いするつもりです(*^ω^*)
サザンさんのおかげでリンパドレナージも興味津々なので行ってみようかな(≧∀≦)
2016.05.26 Thu (22:59) l あにらむ. URL l 編集
あにらむさんへ
おはようございま~す。
オムライスランチからちょうど1ヶ月ですね^^

あれからどうしたかな~?って思ってたけど、動きがあったんですね。 
あにらむさんが納得できる結果になるといいですね。

I 先生に指示書をお願いしたときに治療院のことも聞いてみてね。
ほんとは下肢も保険適用になったとき、対象の医療施設の条件をクリアしやすいよう病院内にリンパ浮腫外来をつくってほしいけど・・・ まだまだ人材不足かなあ?
一日も早く家計に優しい料金で受けれるようにしてほしいですね~
2016.05.27 Fri (10:51) l サザン. URL l 編集
No titleはじめまして
2014年4月 37歳で子宮頸部腺がんで広範子宮全摘術で卵巣も一緒に摘出しました 術後 すぐにリンパ浮腫を発症 今は 3週に一度 治療院に通い エルバレックスの オーダーの ストッキングを使用して 過ごしています
サザンさんのブログには 右だけだった水腎症が両側になり ステント留置をすることになり いろいろ調べていたときにたどり着きました
私は昨日 初めてのステント交換をしてきました😊
前回は処置自体はそれほど痛くなかったのですが 処置後に左の背中が痛み出し 昨日 交換するまで 尿意を感じるたびに激しく痛かったのですが 今回は大丈夫そうです😆
またいろいろ 教えてください よろしくお願いします🤗
2016.05.28 Sat (19:31) l きく. URL l 編集
きくさんへ
こんばんは。
返事が大変遅くなってしまってすみません!

リンパ浮腫、水腎症、ステント留置、いろいろ共通点がありますね^^;
交換するまで左側の背中の痛みが続いていたということは、腎臓内のステントの位置の問題だったのかもしれませんね。
私は腎臓ではありませんでしたが、膀胱の方でありました。
“横になると膀胱が痛い” が 何か月も続きました。
処置後のレントゲンで医師が気付いてくれない場合、次の交換まで痛みが続くので辛いですよね(p_-)
細かい加減は本人にしかわからないことなので、お互いのためにちゃんと伝えた方が良いと思います。
きくさんの主治医もできる範囲で対処してくださると思います。

こちらこそこれからも情報交換をよろしくお願いいたします^^
2016.05.30 Mon (00:47) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/387-61a6420b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)