こんにちは
正確には5年と約2ヶ月ですが、先日検診を受けてきました。


3月30日 Yクリニックにて内診・細胞診・血液検査

内診・細胞診、共に異常なし。
クリニックでの内診は2回目だけど、M先生のようになめらかではないので、終わるまで緊張が続きます
前回と同じく、エコーは入り口付近で痛みがあったため省略~

「大学病院でもエコーはやってなかったようなので省略でいいね!」

って、この間もそう仰ったんだけど、どうやら忘れていたようです 笑
やらずにホッとしたけれど・・・

「痛いってことは、膣が萎縮してるんでしょうか?」

「いや、卵巣とって5年経ってるわりにはそういう症状はないですよ」

膣萎縮 “も” とっくに覚悟してたので、普通で嬉しかったです。



4月6日 血液検査の結果を聞きに

これもとくに問題はありませんでした。
総コレステロールが前回242→今回238と、ほんのちょっと下がっていましたがHマークはしっかり付いてました。
ただ、基準値の見直しが検討されていることもあり、この数値は気にしなくて良い範囲だそうです。
Y先生は “卵巣をとってこの数値が上がらないわけがない” くらいわかりやすい顔つきでした


腫瘍マーカーも異常ありませんでした。
  CA19-9 → 17 (基準値37以下) 
  CA125 → 8 (基準値35以下)


たまに外陰部にできものができ、市販の塗り薬では効果がなかったので、
“リンデロンVG軟膏” というステロイドホルモン剤を頂いてきました。
だらだら長引いてたものが、たった1回塗っただけで治りました
長期使用の副作用は危険なこともあるけど、短期で治るものは慢性的な皮膚疾患予防のためにもステロイドでしっかり治した方が良いとのことです。


-----------------------------------------------------------------------


この日はクリニックの前に大学病院でCT検査を受け、
そしてクリニックのあとは運転免許証の更新に行きました。
その前は2011年3月9日、子宮がんの手術をして3週間後に更新しています。
写真は抗がん剤治療が始まる前の、脱毛する前のものでした。
「抜ける前でよかった~!」 って言ったのを覚えてます。
今回は節目となる術後5年の写真。
更新がちょうどこの5年と重なって、何だか感慨深いものがあります。

“優良ドライバー” なので、警察署の一角で30分程度の講習を受けます。
講習をしてくださる警察官の方に、
「あなた、僕のツバが飛ぶといけないからそっちの席に移ってください」
と言われたので、何も考えずに(素直に)移動したら・・・
「あ、ほんとに退くんですね」
って言われてしまいました~


2016.04.14 Thu (18:00) l 6. 子宮体がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/384-22331db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)