前回の婦人科の定期検診は半年前の3月でした。
そのときにM先生から、今後の検診方法の変更を言い渡されました。

症状が安定してる人は “紹介元の施設で経過観察” になるとのこと。
「本来の大学病院の役割に沿って」 と 「あまりにも患者さんの数が増えたため」 という二つの理由からだそうです。
血液検査と診察(細胞診)は最初にかかった施設で受診。
CTの設備がない施設は、CT検査のみを今まで通り大学病院で受けます。
私が最初にかかったクリニックにはCTがないため、この方法になります。

言われたときは突然だったのでショックでした。
がんが発覚してから今までずっと主治医であり、執刀医でもあったM先生を
心から尊敬と信頼をしてきただけに、何とも言えない淋しさがありました。
先生が異動していなくなるわけじゃないのに、もう診てもらえなくなるなんて。
でも、CTの結果は今まで通りM先生が追ってくださるのだし、それを聞くときは
先生にお会いできるんだし、全く関わりがなくなるわけではないし。 そして、

「ぼくも心を鬼にしてみなさんに伝えてるんでね」

M先生らしいその言葉に慰められ、観念しました


------------------------------------------------------------------------


9月16日(水)

M先生から預かった紹介状を持って、クリニックへ行ってきました。
半年も手元にあったので、封筒はちょっとくたびれてました 笑

あの日、ここから子宮がんが始まったんだよな~  →あの日

待合室に座ってると、ついこの間のような錯覚に陥ります。
予め電話で予約を入れておいたので、すぐに診察室に呼ばれました。



今度、〇大からこちらで経過を診ていくということですね。
もう心配ないってことなんでしょうね。 良かったですね~
あれから4年半かあ・・・ もうそんな経つんだ。


先生、覚えてらっしゃるんですか?

もちろんカルテも見たけど、はっきり覚えてますよ。
あの状態でうちに来る人はあまりいないですからね。


そんなに酷かったんですか? 

覗いたらいきなりモワモワって腫瘍が広がってたからね~
今だから言えるんだけど、かなり進んでる印象だったしね。


(!!! ・・・ そうだったんだ~
(モワモワは〇大で言われたカリフラワー状のことかな?)

だからあのとき、急いで〇大に行ってもらったんですよ。

(カルテに書いてあるのかもしれないけど、そこまで覚えてるなんて!)

でも、体がんだったんですか。
腫瘍が入り口にあったから、てっきり頸がんかと思ってました。
重みで頚部の方に下りてきてたんでしょうね。


はい、〇大でも最初は頸がんと思われたみたいです。 (重みで?)

手術だけ? 放射線とか抗がん剤はやらなかったの?

放射線はやらなかったけど、抗がん剤をしました。

手術と抗がん剤ね。 手術は大変だったでしょう。

いえ、手術は寝てるうちに終わりますから全~然。
それより、抗がん剤の副作用がほんとーーーに辛かったです!


寝てるうちにって言ったって、広汎だから大きい手術だったんですよ。

そうですよね。 

でも大きい腫瘍だったけど、大人しいタイプだったみたいで良かったね。

はい、良かったです。
・・・・・  ・・・・・  ・・・・・
先生、3cmって大きい方なんですか?


3cm? →紹介状ガサガサ・・・
あのときはもっと大きかったような気がしたけどなあ。

(え?そうなの? 今度M先生に聞いてみよ)

もうすぐ5年だけど、ガンは5年経ったからって終わりじゃないです。
今度は10年までうちでしっかり診ていきますからね。


はい、よろしくお願いします。



このあと排尿障害やステント留置のことを訊かれ、内診に・・・
たぶん、あまりこういうことと縁がない看護師さんたちは(診察室に3人も 笑)
私の話しに合わせて頷いたり、驚いたり、眉をしかめたり、微笑んだり。
がんの患者さんばかりの、今までの腫瘍科の看護師さんとのこの違い!
改めてがんの重みを感じたけど、みんなの温かさに和んでしまった

内診は、M先生の痛くない内診に慣れていたので久しぶりに緊張しました。
でもY先生も痛くはありませんでした。
最初に来たときは痛かったのですが、それはガンがあったからなのかな?

が・・・ 
直腸診は指の角度が微妙に違ったようで、先生の指が腸に突き刺さり・・・
思わず腰を引いてしまったら、あっさり諦めてしまいました 笑  
優しいんだけど、これでいいのかな~ 



Y先生は、あのときはもっと無口な印象があったけど、この日はとてもお喋りで、あまり笑わないのかと思ったけどそれも違ってました。
先生の仰るように、ここにはガンの疑いがあって来る人は滅多にいなくて、
あのときは先生も動揺してたのかも・・・ と思いました。
お産が主で悪性腫瘍の専門医ではないのに、私の経過観察を引き受けてくださる意気込みみたいなのも感じました。
M先生みたいに気さくで話しやすい先生でよかったです。



そしてこの後、採血室で看護師さんと二人だけになったとき・・・

サザンさん、M先生に執刀してもらったんですか?

はい。 ご存知ですか?

優秀な先生ですから知ってますよ。 M先生で良かったわね~

はい。 他の先生だったらまた違った結果になってたかな?って思います。
後遺症はいろいろ残っちゃいましたけど。


個人差があるけど、広汎はどうしてもね~
私も3年くらい前に突然卵巣が破裂しちゃって、〇大で手術したの。
M先生ではないけど、同じチームの先生だったのよ。
幸い悪いものではなかったんだけど、〇大にはお世話になったんですよ。



待合室も診察室も内診台も、あたりまえだけど大学病院とは違っていて、
ここでは珍客みたいな私に対してみんなとっても優しいけど、ちょっとよそのお宅に来ちゃった?みたいな心細さが、この看護師さんのおかげでなくなりました。
5年近く通っていた病院から転院してきた私の不安や心細さを、感じ取ってくれたようでした。


------------------------------------------------------------------------


この日の細胞診と血液検査の結果は、明日の15時に聞きに行くことに。
明日はその前に大学病院でCT検査の予約も入ってます。
全部まとめてアップしようと思っていたのですが、長くなったので別にします。

このブログにコメントをくださるももさんの主治医もM先生で、前回の3月のCTは偶然にも同じ日、同じ時間でした。
私もももさんもCTは半年毎なので、明日もまた一緒です。
CTが終わったらランチをする約束になっているので、今から楽しみです



150929.jpg
昨日はスーパームーンでしたね。
(画像はY!ニュースからお借りしました)
2015.09.29 Tue (14:05) l 6. 子宮体がん l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

No title
新しい先生にかわられるということはそれだけ安定した状態になっているっていうことですよね。
新しい先生もスタッフも皆いい人たちらしいので、よかったですね。 今日の朝アメリカのいつもみてる朝の番組でキャスターの一人の女性が番組で行ったマンモグラムで乳がんを発見して、それから治療が終わるまでの本を書いたそうなんですが、そのインタビューをうけられていて、その方の気持ちとかすごい感情移入しちゃって、思わずぼろぼろ泣けてしまいました。
その方がおっしゃられてたのが「何よりも聞きたかったのは無事治療をおわった人の話」ってたぶんいってたんですけど、ほんとそうだと思います。
彼女にとっては同僚のキャスターがそういう存在だったらしいんですが、私にとってはそれはサザンさんのブログだったと思います。 というわけでこれからもますますお元気でいてくださいね。
私も来週婦人科の先生、再来週は血液検査ともう一人の先生にその結果を聞きにいきます。
いつになってもきっと緊張しちゃうんでしょうね。
2015.09.30 Wed (11:34) l えり. URL l 編集
No title
こんにちは

不安や寂しさってありますね、
僕の場合主治医が渡米で副院長に代わりましたが不安でした。
信頼のできる先生に出会えて感謝だと思います。
2015.09.30 Wed (14:44) l k/rider. URL l 編集
こんばんは(^^)


スーパームーン見ました(^^)v
ちょっと雲があったけどその間からキレイな月を見られました~♪


病院お疲れさまです。

主治医が代わるのも不安なのに、転院と
なると…
でも、転院出来るのは症状が安定してるから!って思えば嬉しいことなのかな…
気持ちの切り替えは難しいですよね(^^;

私の通う病院でも検診の度にサザンさんの病院と同じようなプリントを渡されます。

患者が多すぎる!ってことで一人一人に
かける時間が短く苦情があるらしいです。

長い時間待って診察数分では聞きたいことも聞けない!って…

確かに、入院とか手術になったら先生に
聞きたいことがありますもんね~

で、私はまだ言われないな~と思ったんですが、考えたら私この病院で見つけてもらったんですよね~(^^;

私みたいな場合はどーなるのかな(?_?)


新たにお世話になる病院の先生も看護師さんも優しい人でよかったですね~(*^^*)

ず~っと前に通ってた内科の院長先生は
本当に優しい人で、そのためいつも混んでて二時間待ち!なんてことも…(^^;
その院長が亡くなり息子が継いだんですが
とてもキツい口調で患者(高齢者)を叱るように話すんです。
なか待合室と診察室はカーテン越しなので
声が丸聞こえ…
どんどん患者さんは減っていきました!
私も今は違うクリニックです。

看護師さんが診察後によくフォローしてましたが先生が怖かったら行きたくなくなりますよね~

どーでもいいお話しを長々とスミマセン。

優しいだけがいいかどうかはわかりませんが、精神的に患者の気持ちを和らげてくれる先生と看護師さんのいる病院に私は通いたいな~と…(^^;

ももさんとのランチは楽しかったでしょうね~(*^^*)
楽しいお話しまってま~す(^-^)ゝ゛


2015.09.30 Wed (18:36) l チエミ. URL l 編集
えりさんへ
えりさん、ありがとう!
医療の進歩は目覚ましいし、私はもう手術や化学療法からだいぶ離れているので、ここに書いたことは役に立たないのでは・・・ って思ったりしてました。
でも “無事に治療が終わった人の話” として存在してるってこともあるんですね。
そんな風に思ってくださって嬉しかったです。
がんの再発や転移の心配がないこともですが、ステントを留置していても、腎臓が一つになっても、元気に暮らしていることを発信していきたいと思います。
そして前にも言ったけど、私はえりさんのそういう言葉に励まされてブログを続けることができます。
いつもほんとうにありがとうございます(^^)/

今日の結果もOKでした!
えりさんもきっとOKです!
2015.09.30 Wed (20:32) l サザン. URL l 編集
K/riderさんへ
こんばんは。
コメントありがとうございます。

病気が病気だからかもしれませんが、今までの経過を最初から診てきてくださったという安心感は、言葉では言い表せられないくらい大きなものでした。
でも、そう思える主治医に巡り合えたこと、ほんとに感謝ですね。

K/riderさんのブログタイトルのように、私もいつもアクティブに生きていきたいです!
でも、くれぐれも気をつけてくださいね!
2015.09.30 Wed (20:56) l サザン. URL l 編集
チエミさんへ
スーパームーンは雲がまたいい感じでしたね~
写真はうまく撮れなかったけど、お願いはしっかりしました(^^)/

検診方法の変更は3月に言われてから半年も経っているのに、まーだ気持ちの切り替えができてません^^;
でもここで紹介元のクリニックで検査を受けたことで、やっと諦めがついたかな?って感じです。
CTだけは今まで通りなので、それもあるかな?
このクリニックにCTがなくて良かったです^^;

病院は、そこの医師の人格、人柄って大事ですよね。
特に個人病院は死活問題なのではないでしょうか。
その内科の患者さんが離れていくのは当たりまえです!
院長先生もガッカリされているでしょうね・・・

チエミさんは最初から今の病院にかかっていたのなら、転院とかはないのではないでしょうか?
転院もなく、主治医も変わらず、が理想ですよね!

ももさんとのランチは楽しかったです。
写真撮ってブログに載せようと思ってたのに、すっかり忘れましたが・・・
また報告しますね(^^)/
2015.09.30 Wed (21:49) l サザン. URL l 編集
衝撃です!
クリニックでの診察と病院でのCT検査、両方通うのは大変ではありませんか?
紹介元の病院で経過観察になるのはM先生の患者さんのみなのでしょうか?
9/11の検診でI先生から「次は年末と年始とどっちがいいですかー」と言われ、5年後までの検診のペースの話までしたけど…うん、私はあんなに待つのならそっちの方がいいかな!(笑)
サザンさんは先生と長いお付き合いで心から信頼してるから心細いでしょうね、羨ましいなぁ。。。
I先生相変わらず怖いですー(ノД`)・゜・。

もう少しで手術から5年なんですね!
すごい!お祝いですねー(≧∀≦)
2015.10.01 Thu (04:04) l あにらむ. URL l 編集
あにらむさんへ
昨日もももさんとも話してたんですけど、診療体制が変わったのは婦人科全体のことなのか?それともM先生だけなのか?私たちも知りたいところなんです。
私もももさんも定期検診の度に2つの病院をはしごしなくちゃいけなくなったけど、やっぱり手術をしてくれた病院とも、M先生とも関わっていたいので苦ではないです(^^♪
でも、どちらにしてもあにらむさんはまだ手術して間もないので転院はもうちょっと先だと思いますよ。
大学病院の待ち時間は長いけど、安定するまでの期間は大きな病院の方が安心なのでは・・・?
でも I 先生、たしかにもうちょっと優しさがほしいですよね^^;

5年の経過はもちろん嬉しいんだけど、私はQOLの質を下げないように意識しなくてはいけないので、ずっと気を緩められないと思います。
こんなこと、贅沢な悩みなのは重々承知ですが(>_<)
2015.10.01 Thu (12:52) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/362-fa60f2ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)