2015/6/5

昨日は半年に1回、腎機能の様子を見るための定期検診の日でした。

診察前の採血と採尿を終えて、待つこと1時間。

唯一私が腎機能の状態を確認できる数値、eGFR は今回60(%)でした。
(正常に機能してる場合を100として)
1回目から順に 47→54→57→60 と少しずつ上がっています
でも、K先生は昨日も

「がっかりさせて悪いんだけど、この辺はあまり変わりはないです。」

と、ほんとにガッカリさせてくれました~
それでも自分では、徐々に上がってるだけで満足です。
とはいえ、60でも将来 『人工透析予備軍』 の数値。
塩分控えめの食事と適度な運動は意識しないといけません。

「大丈夫。 危ないなあ~と思ったら指導しますから。
そのために管理してるんですから。」


そう仰ってはくださいましたが・・・
なんだか緩さを感じてしまうのは気にしすぎでしょうか?



3月25日に婦人科の定期検診のCTで指摘された 『腎嚢胞』 については、小さい血豆のようなものができている状態だそうで、1度できたものは消えないけれど、やはりこれは心配いらないとのことでした。



それから先月5月11日のことなのですが、台風の接近と共に酷い肩こり・頭痛・背部痛に襲われました。
今までどの症状もほとんどなく過ごしてきたので、よく云われる天気や気圧の変化の陽気病みというものを体験したことがなかったのですが、そんな呑気なことを言ってられないくらい、いきなり強烈なものがやってきました!
なんとも言い難い全身の重苦しさ、背中から肩にかけては正に見えない圧力によって絞られるような息苦しさ、そしてこめかみ辺りの締め付け。
見えない気圧を初めて体で感じ、そのチカラを思い知らされました。
夫に薬を飲めと言われましたが、うちにあるのは服用禁止のロキソニンだけ。
こんなときのために代わりの鎮痛剤用意しとかなきゃいけなかった・・・
と反省し、そのときは6時間ほど唸ってなんとか耐えきりました。
翌日の方が荒れた天気だったのに、それらの症状は全くなかったです。

K先生が処方してくださったのはカロナールでした。
全く腎臓に害がないというわけではないけれど、出せるとしたら・・・ みたいなニュアンスでした。  
でもこれで一安心。



それと、もう一つ処方してもらったものがあります。
お友達が教えてくださった 『ヒルドイドローション』 というものです。
リンパ浮腫の予防に乾燥させないようにするために処方して頂いたそうですが、顔やデコルテラインの乾燥対策にも良いとのことです。

「ほんとはここ(腎代謝内科)では出しちゃいけないんだけどね。」 

K先生ありがとう ♥ 次はちゃんと婦人科で頂きます!
私のカサカサお肌も改善されるといいな~   
また報告します。


156051.jpg

156053.jpg





2015.06.05 Fri (13:27) l 8. 腎機能 l コメント (10) トラックバック (0) l top

コメント

No title
サザンさんご無沙汰してます(^^)

私も気圧の変化なのか、更年期なのか
もうなんとも体がダルく、気力がなく
一番辛かったのが、自分で気持ちの
コントロールが出来なかったこと…
とことん気持ちは落ち込むし、食いしん坊の私が食べられない!(今はしっかり食べられます(^^;)

そんな最中、一旦停止をせずに交差点に
入ってきた車にぶつける事故をおこしてしまい大騒動(>_<)
相手が悪いんですが交差点内の事故なので
10割負担はしてもらえないみたいで…

それでもなんとか保険内で直してもらえそうでホッとしました(^^)v

検診お疲れ様です(^^)

腎機能の数値が少しずつでもよくなってるのは嬉しいですよね~(*^_^*)
先生達からしたら《かわりない!》かも
知れませんが、患者としたら少しでも悪くなるのと、良くなるのでは全く違います
もんね(@^^@)

寒暖の差が大きいですが体調崩さないよう
気を付けて下さいね~(*^_^*)
2017.03.13 Mon (20:57) l チエミ. URL l 編集
No title
サザンさん検査お疲れ様でした。
私も最近腰痛(今も)そして気分の落ちこみありました。 
やはり天候のせいでしょうか。 (といってもこちらは台風ではありませんが、山間部なので、天気がころころかわります。) 

カルシウムを一杯とったら少しは気分が落ち着くかなーとか腸の調子をあげると気分はあがるというのを読んでせっせっと乳酸菌をとるのを心がけたりしてます。  頭痛大変でしたねー。
ちなみに痛み止めロキソニンはこちらでは売っていません。
国ごとに規制がちがうからなのでしょうか。 胃が痛いときには痛み止めはアセトアミノフェン(こちらではタイレノールが代表的です。)をすすめられました。 と今調べたらカロナールってアセトアミノフェンが成分ですね。 いろんな痛み止めあるけど、状態によっていろいろ気をつけなくちゃいけないんですね。  
少しずつでも確実に検査の数値がいいほうになっているって嬉しいことですね。 私たちが検査のわずかな違いでも一喜一憂していることをお医者さんもわかってお話してくださるといいですよねー。
私の次の検査は七月です。 いまからこわいですー。  
2017.03.13 Mon (20:59) l えりです。. URL l 編集
チエミさんへ
チエミさん、事故に遭ったんですか!
大きなケガはないように見受けられますが、大変でしたね。
私のように、後々むちうちの症状が出て長引くこともあるので気をつけてくださいね。

身体の不調はやっぱり季節の変わり目のせいでしょうかね。
季節の変わり目は気温の変化が大きいので、機能を維持するのに体に負担がかかったり、自律神経が乱れたりして体調を崩しやすくなるようです。
更に私たちは、女性ホルモンの減少も影響しちゃってますよね。
規則正しい生活が一番の薬らしいけれど、それが一番困難なときもありますよね~ ^^;
自然のチカラには逆らえないので、時の流れに身を任せるしかないな・・・ と、私は対処してます。 ← ただの怠け者^^;

腎機能は先生には否定されてしまったけど、今の食事の摂り方でいいんだ!とわかっただけで満足しています(^^)/
2017.03.13 Mon (21:01) l サザン. URL l 編集
えりさんへ
えりさんも身体の不調がありましたか。
季節の変わり目、特に気温差の大きい冬から春にかけてが一年の中でも一番体調を崩しやすいらしいです。
人間は恒温動物なのでバランスをとるのが難しくなるのだそう。
気温とか気圧とか、目に見えないだけに手強いですね(+_+)

腸内環境の乱れは全ての病気の原因に繋がるくらい大切なことのようですね。
ところでこの間、食欲がないと仰ってましたが今はどうですか?
食事の量が減るのも、エネルギー不足による気分の落ち込みを招くそうです。
身近なところではチョコレートやバナナなどに気分を上げる成分が多く含まれているそうです。
こういうものなら少しは口に入るのではないでしょうか(^_-)
仕事中、飴一粒で気持ちが落ち着いたこともありました。 →㊙

えりさんの方では、ロキソニンはなくても鎮痛剤の成分は同じだったんですね。
ロキソニンのような即効性はないけれど体に優しい薬だそうです。

私はかかってる科が多いのでいろいろな先生と接しますが、婦人科のM先生のように情が移ることがありません。
実際に手術をしてくださったから・・・だけではなく、やっぱり人間性のような気がします。 
それをどの先生にも望んではいけないんですね^^;
2017.03.13 Mon (21:03) l サザン. URL l 編集
No title
サザンさん、腎機能の数値が良くなって良かったですね。
うちの夫は糖尿病で、このままだとあと10年で透析と言われているのに全く動じません。相変わらず外では、たっぷりお酒を呑んできます。(家では私の目があるのでほどほどですが)
サザンさんは、きちんと気をつけていらっしゃるのできっと大丈夫!いたずらに心配しすぎないほうが治癒力が強くなって健康でいられるようですよ(^^)
(夫はもう少し節制すべきですけれど)
歳を重ねたら、みんなみんなどこかに未病をもっているのだから、だましだまし頑張っていきましょうね。
ところで、低気圧に伴う頭痛や肩こり、私もすっごくひどいです。バファリンプラスが手放せません。
若いころ、卵巣嚢腫で卵巣を片方取ったことがあって、この時からひどくなったと記憶しています。それでも、もう片方が頑張ってくれていたのに、今回これもなくなってしまったので、ますますひどくなったのだと思います。
あと、私の場合は気温が高い夏日になると血管が緩むらしく、毎朝のように軽い頭痛がおこります。それでも、朝食後にコーヒーを飲んでゆっくりすると、血管が収縮するらしく治まってくれます。
低気圧の頭痛と肩こりは、残念ながらコーヒーくらいでは治まりません。狭い我が家ですが、ついに我慢できずに4月にマッサージ椅子💺を買ってしまいました。肩こりのほうは効果抜群です。
サザンさん、お大事にしてくださいね。
2017.03.13 Mon (21:04) l るるこ. URL l 編集
No title
こんばんは(^^)

中途半端な報告でご心配かけてしまい
申し訳ありません(^^;

車はかなりの痛手を負いましたが、私は
怪我もなく大丈夫でした。(ちなみに相手も無事です。)

ぶつかる瞬間に身構えられたし、追突の
ように無防備じゃなかったからかな?

助手席に誰か乗せてたら無傷じゃなかったかもしれませんが、お互い運転手だけだったのが不幸中の幸いだったかも…

でも夜だったし、相手の車は黒のプリウスだったから本当にいきなり目の前に現れた感じでした!

その人は姉の会社の人で、おまけに同じ
部署の顔見知り!ビックリです(^^;

事故って自分は気を付けてるつもりでも
相手次第で巻き込まれてしまう…
サザンさんもそうでしたよね。

怖いですよね~(>_<)
それでもやっぱり、気を付けるしかないんですよね~
サザンさんも車通勤気を付けて下さいね。
2017.03.13 Mon (21:05) l チエミ. URL l 編集
るるこさんへ
そうですよね。
現状維持ができてるだけでも自信をもっていいですよね。
血圧と体重増加だけ気をつけていれば、何とかなるような気がします。
ご主人のことも心配かと思いますが、お酒を美味しく呑める今は10年後のことを言われてもピンとこないのでしょうね。

るるこさんも低気圧の体調不良に悩まれていましたか。
そして、卵巣がないこともやっぱり影響してるようですね・・・
血管が緩むことは、気圧の低下と関係があると今日の新聞にわかりやすく書いてあったので、ブログに載せようと思っていたところです。
るるこさんも同じことを言われていたので驚きました!
当たりまえですが、ちゃんと理由があるんですね(^・^)

マッサージチェア、いいですね~!
私も欲しいけど、うちはヘルストロンが場所をとってるのでこれ以上は無理だ~(>_<)
2017.03.13 Mon (21:09) l サザン. URL l 編集
チエミさんへ
ほんとに、いくらこちらが気をつけていても避けられない時ってありますよね。
しかも少しでも動いていれば、こちらにも過失が発生してしまうなんて決まりもあって、腑に落ちませんよね。
(去年の追突事故は10:0でしたが)

それにしても、知り合いの方だったなんて偶然です(@_@)
どちらにも怪我がなくて、ほんとうに良かったですね!
でも、これからも体調の変換に気をつけてくださいね。

慣れた道だからこそ、私も気をつけます(^^)/
2017.03.13 Mon (21:11) l サザン. URL l 編集
No title
サザンさん、こんばんわ~(^^)/

検診、お疲れさまでした。
数値が悪くなってなくて何よりです‼
食生活や日常生活に気を付けて現状維持をするって本当に大変な事だと思います。
尊敬です(^^)

そうそう、以前私も腎嚢胞ありました。
おまけに肝嚢胞もありました。
でもその次のCTの結果には書いてありませんでした。
M先生が特に何も言わないから大丈夫なのかな~くらいに思ってました。
相変わらずの能天気ぶり(^^;)

いよいよ梅雨入りみたいですね。
サザンさんが体調不良になりませんように♥

あっ、サザンさん、ジーコと握手なんてすご~い(//∇//)
ダンナが羨ましがりそう。
2017.03.13 Mon (23:51) l もも. URL l 編集
ももさんへ
おはようございます。
食生活といっても私は自分への甘さから徹底できずに自己流なので 「こんなんでいいのか?」 っていうくらい緩いものなんです。
ああ、でも醤油の黒が毒に見えてきたってことは自覚できてる ^^;?

腎嚢胞も肝嚢胞も特に気にしなくても良さそうですね。
大きくなった場合は怖いことが書いてあるけど、次のときに指摘がなかったってことは大人しいタイプのようで良かったですね。

ジーコとは、残念ながら握手ではないんです^^;
すぐ隣にいたので握手してもらおうと手を伸ばしたのですが、タイミングが合わずにただ触れただけという結果に・・・
でもその時の写真は我が家の宝物になってます♥

この間の体調不良のことでブログ書いたのでこの後UPします。
いつも元気なももさんだけど、梅雨で体調を崩されませんように(^^)/
2017.03.13 Mon (23:52) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/347-3ece15f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)