2015/1/23

先日の膀胱炎は今までのように意識して水分を多めに摂るだけでは治らず、ステント交換のときに処方されて余っていた抗生剤を服用し、やっとどうにか治まりました。

その時の記事にコメントをくださったえりさんのアドバイスから、膀胱炎にはクランベリージュースが良さそうとわかり、関係性について調べてみました。


【クランべりーの成分】
クランベリーの実は、赤い色の色素成分であるアントシアニンとプロアントシアニジンというポリフェノール成分を含んでいる。
これらの成分は活性酸素を減らす抗酸化作用を持っており、コレステロール値の上昇を防いだり、膀胱炎や各種の感染症予防に役立つと考えられている。
そのほかにも、アントシアニンは眼精疲労回復の効果があり、プロアントシアニジンは皮膚の成分であるコラーゲンやエラスチンと結合しやすく、活性酸素によるダメージを修復する働きがある。
また、クランベリーに含まれる「キナ酸」という成分には強い殺菌作用があり、老廃物の排出をスムーズに助けてくれる。
キナ酸は肝臓で代謝されると馬尿酸という酸性の物質になり、尿を酸性に保つことで感染菌の増殖を抑制する。これは尿の通り道に付着した細菌の増殖を抑える働きによるもの。 

【クランベリージュースの泌尿器系への効果】
 (注・科学的に証明されたものばかりではない)
● クランベリージュースに含まれる “安息香酸およびキナ酸の尿のペーハーバランスを正常に保ち、菌の増殖を抑制したり老廃物の排出を助ける働き” による、膀胱炎・腎盂炎などの尿路感染症の症状軽減・再発予防への効果
● クランベリージュースに含まれるアルブチンの作用による利尿薬としての効果
● 尿管カテーテルの閉塞を防ぐ効果
● 高齢者の尿の臭いを抑える効果
● 神経性膀胱と呼ばれる膀胱疾患の尿路感染症の予防への効果
● 尿路結石への効果

【泌尿器系以外の効果】
● 胸膜炎 
● 2型糖尿病 
● ピロリ菌感染の予防 
● 歯周病・歯肉炎の症状改善
● コレステロール値の上昇を抑える 
● 発熱時の解熱作用

【クランベリージュースを摂取するにあたって、注意が必要な人】
● 糖尿病・高血糖の人
● 腎臓結石がある人
● アスピリンにアレルギーのある人

【過剰摂取による副作用】
● 下痢
● 胃腸障害
● 腎臓の尿酸結石(腎臓結石) など


膀胱炎・腎盂炎などの尿路感染症への効果が期待されているクランベリージュースは、クランベリー果汁100%の無添加クランベリージュースの方で、クランベリー果汁を水で薄めて砂糖を加えたクランベリージュースは尿路感染症への効果があまり期待できないだけでなく、糖分の多さから糖尿病など血糖値が高い人の血糖値を上昇させたり、病気の症状を悪化させる危険性があるそうです。

また、症状が改善されたという意見が多数ある一方で、クランベリージュースの泌尿器系への効果は認められないという意見もあり、判断の難しさがあるようです。



151022.jpg

左  ドラッグストアでやっと見つけたと思ったら、果汁27%・・・
右  会社の食堂の自販機にあり、時々飲んでいたもの
   (なんと、少しですがクランベリーも含まれていました)


果汁100%のものは通販で取り扱っているところはありますが、市販でお目にかかることは難しそうです。

ですが、27%でも私は左のを飲むと利尿効果がてきめんに現れます。
尿意もしっかりあるので、膀胱の神経にも働きがあるのでは?と、期待。
化学的なんちゃらより自分の身体で観察してみようと思います

また、サプリメントでもジュースと同等の効果がある上、ジュースよりもお求めやすい価格ですので、こちらを検討されても良さそうです。



2015.01.23 Fri (10:43) l 7. 尿管狭窄 l コメント (22) トラックバック (0) l top

コメント

はじめまして
すいません、リンク張らせていただいちゃったのに、いつも読み逃げばかりしてました!最初から少しずつ読ませていただいているので、なかなか最近のエントリーにたどり着けなかったのですが、サザンさんの前向きで、明るいお人柄に癒されています。
クランベリージュース、そんな効果がある(かもしれない)とは!良さそうですね!コストコとかにも売ってないかな?今度見てみます。
2015.01.23 Fri (11:02) l ヒカリ. URL l 編集
No title
私も職業病?か
膀胱炎常習者です。特にケモ中は 毎月なってました。
クランベリーに私も行きつき
半信半疑ではいましたが
サプリを飲み始めて4ヶ月。冬は必ずなってたのに なんとこの冬は
全くならず〜♪


効果なのかどうかはわかりませんが
私にはよかったと思ってまず〜
2015.01.23 Fri (16:47) l エール. URL l 編集
No title
膀胱炎になりやすいワンちゃん用にクランベリーが入ったサプリとかおやつとか市販されてますから、効果はあるのではないでしょうか。
2015.01.23 Fri (22:25) l 通りすがり. URL l 編集
No title
こんばんは。
コメントありがとうございます。
でもヒカリさん、先日もコメントしてくださいましたよね^^;?
そのときの返事で、ヒカリさんのブログのアドレスを聞きそびれてしまったので、私はまだ拝見することができていません。
よろしかったらアドレスを教えてもらってもいいですか?

クランベリージュースは期待できると思います。
もしコストコにあったら、是非教えてほしいです(^^)/
2015.01.23 Fri (22:59) l サザン. URL l 編集
エールさんへ
エールさん膀胱炎の常習犯でしたか・・・(>_<)
そして、エールさんもクランベリーのこと知ってたんですね。
私は効果があると信じています。
でも違う意見もあるので、一応書かないわけにはいかず・・・^^;
エールさんの、この冬は全くならないというのも、きっとクランベリーの効果なんだと思います!
そうそう、サプリでも同等の効果があると書いてありました(^^)/
値段もジュースに比べてお手頃のようですね。
2015.01.23 Fri (23:42) l サザン. URL l 編集
通りすがりさんへ
コメントありがとうございます。
私も効果があると思っています!
てきめんに利尿効果があることで実感しています。

でも、ワンちゃん用にもあるなんて驚きです(・o・)
ワンちゃんが膀胱炎になりやすいというのも初耳でした!
2015.01.24 Sat (00:01) l サザン. URL l 編集
No title
サザンさんってリサーチをすごくきちんとされていてそれを教えてくださるので為にもなるサイトだと思います! そうなんです。クランベリージュース100%は実はすごい味です。 アメリカではわりと普通のスーパーでも片隅に売っていたりします。 1リットル弱でこちらでは5ドルくらいかな。ちなみに私も前回膀胱炎の疑いで買ったんですが、そのままではとてもとてもすっぱくって飲めるものではなく、オレンジジュースと割ったり、他のジュースと混ぜてしまいました。 でもなんとなく効果はあったような気がします。 私のは膀胱炎かな?くらいのところだったからかもしれませんが。 今ちょっと調べたら重曹をお湯にティースプーン一杯を溶かしたものもいいらしいですよ。 私は今は胃の調子が悪いので、すっぱいものは控えたほうがいいかもですー。
2015.01.24 Sat (07:41) l ゲストさん. URL l 編集
ゲストさんへ
初めまして。 
お名前がわからないのでゲストさんで失礼します。
飲み方のアドバイス、ありがとうございます!
100%ジュースはほんとうにすっぱそうですね(>_<)
私は酢の酸っぱさは苦手なんですが、柑橘系の酸味は大好きなので、一度どんなものかと飲んでみたいのですが・・・
ただ、ゲストさんがおっしゃるように、アメリカと違って日本ではかなり高いので、継続するのは不可能のようです(我が家の場合^^;)
なので、私もサプリで検討してみようかな?と思ってます。

ここに載せるからにはと下調べはしますが、間違ったことを書いてることも多々あると思いますので、そのときはご指摘をよろしくお願いします^^;
コメント嬉しかったです。  ありがとうございました。
2015.01.24 Sat (10:38) l サザン. URL l 編集
No title
へえ~、驚きです。
闘病ブログなので、悩んでる人のためになるコメントは嬉しいです。
私はサザンさんと逆で、酢の酸味は好きです。
あっ、サザンさん早速まちがいよ~!
柑橘系じゃなくてベリー系よ、お茶目なんだから~。
膀胱炎、なったら飲んでみる価値ありそうね~。
ならないけど尿はたくさん出て欲しいです。
2015.01.24 Sat (17:59) l ハニー真夢. URL l 編集
真夢さんへ
キャーっ!!!
ほんと、早速間違えてましたね(>_<)
真夢さん、スルーしないでちゃんと教えてくれてありがとうございます!
実は、今日は仕事でもミスを・・・(p_-)  フウ・・・
自分のあわてっぷりが情けない・・・ もうちょっと落ち着かなきゃな~

クランベリーは「なったら」より、予防のために飲んだ方がいいようですよ。
でもあまり縁のない人は、その必要がないのかもしれませんが。

明日はお休み! 今更ですが「ベイマックス」観て泣いてきま~す(^^)/
2015.01.24 Sat (23:36) l サザン. URL l 編集
No title
サザンさん名前がでずになぜかゲストで投稿してしまいました。 えりです。 ゲストでだしたにもかかわらずきちんと返事ありがとうございました。

日本では100%クランベリージュースは入手はむずかしいんですね。 でもぎゃっってくらいすっぱい苦い?のでサプリメントのほうがいいですよ。
ブルーベリーを食べるのもいいそうです。

ベイマックス泣いちゃう映画なんですか?
楽しんできてくださいね。
2015.01.25 Sun (08:17) l えり . URL l 編集
No title
サザンさん、こんにちは(^O^)/。
クランベリー、早速試してみま~す。
術後、膀胱炎になりやすくなっちゃって(~_~;)ちょっと困っちゃいます。
症状すべてが膀胱炎に直結するわけじゃないけど、なんとなく違和感を感じる時は、ドキドキ。
今日はお休みなので、探しに行ってきま~す。
いつも、情報ありがとうね~\(^o^)/!
2015.01.25 Sun (10:08) l Atsuko. URL l 編集
えりさんへ
ヒャ~! えりさんだったんですね!
アメリカに住んでいらっしゃるようだけど、えりさんとは全く思わなかったです(・・;)  失礼しました!
そして、えりさんが前回のコメントでクランベリーのことを教えてくださったおかげでいろいろ勉強になりました。 ありがとうございます。

あまり酸味が強いと胃を荒らしてしまうかもしれないですね。
料金のこともあるし、サプリの方が良いのかもしれませんね。

「ベイマックス」は「アナ雪」の後だけに、私の中で期待が高まってますが、どうなんでしょうね?
感動するお話しのようで楽しみです(●^o^●)
2015.01.25 Sun (11:53) l サザン. URL l 編集
Atsukoさんへ
術後に膀胱炎になりやすくなったという方、なぜか多いですね。
甘くみてると治りにくくなったり再発しやすくなったりするので、おや?と思ったら、すぐに対処しないといけませんね(・・;)
もうあんなに痛い思いは懲り懲りです(>_<)
っていうか、今更だけどあれは病院に行くレベルだったかも^^;

探検して良さげなものを見つけたら、ぜひ教えてくださいね!
2015.01.25 Sun (12:04) l サザン. URL l 編集
クランベリージュースNo title
こんにちは。はじめまして。
私は 一昨年6月に 子宮頚がんで広汎全摘しました。術後、尿管の狭さくの為、両側ステント挿入。6回の化学療法の後、抜けると思っていましたが、抜けず。
ほぼ毎月 尿路感染からの腎盂腎炎で40度ちかい発熱で、入院しています。
ステント交換も2カ月ほどでしています。
そのため、腎臓機能も悪くなり、愕然としています。

腎機能は、昨年夏 突然 定期検診での採血の結果、主治医から即入院してほしい。と言われ、このまま数値が悪くなりつずけたら透析します。と・・・。
いろいろ、検査したところ、抗がん剤とロキソニンが悪さしてました。
なんとか、大量の点滴で透析は回避。

ロキソニンは、朝、体の節々が痛かったり、つらいとき、飲みました。
朝だけです。しかも、毎日ではないのに・・・。

今は婦人科の定期検診は一カ月に一回。
マーカー値も細胞診でも転移、再発は無く、10月にPET検査も異常なしです。

主科は泌尿器科になりました。
ステントが両側にあり、発熱が頻回なので、ステントを抜くためには手術になるそうです。

サザンさんのブログをみて、ほぼ同じような経緯だったので、コメントしました。でも、私は完全に落ち込んでます。

さて、クランベリージュースですが、泌尿器科の主治医から、飲んでみて・・・と勧められました。
初めは100%飲んでましたが、お高いので、コストコで購入してます。
2015.01.26 Mon (12:02) l demidass. URL l 編集
demidassさんへ
はじめまして。
コメントありがとうございます。
ほんとうに私と同じような経緯ですね。
demidassさんのお気持ち、手に取るようにわかります。
私もここまでくるのに何回愕然としたか。
手術が影響して尿管狭窄したのが体質なら仕方ない。
でも、やはり抗がん剤が終わったらステントは抜けるものだと信じており、それが一生定期的に交換とわかったときのあの時のショックは、言葉には言い表せないほどです。
がんになったことより、そのことの方が、何で私だけ?という思いでした。
その後、予想されていた通り左腎は機能しなくなりました。
後になってロキソニンも原因の一つだったと言われたときは、やりきれない気持ちでいっぱいになりました。
腎臓は一つでも支障はない。このままの血圧を維持し、塩分を控えた食事を心がければ、普通の生活が送れる。
など言われても、どうしたって不安がなくなることはありません。
でも、過ぎたことは仕方ないと思うようにしました。
そう思わないと、なんだか報われないです。

demidassさんはステントを抜くそうですが、狭窄した尿管は大丈夫なのでしょうか? 尿が流れなくなったりはしないのでしょうか? 
そこが疑問であり心配です。

私は泌尿器科の主治医からはクランベリー情報をいただいたことはありませんが、ネットで見ると主治医から勧められた方はかなりいらっしゃるようですね。
やはり効果は期待できるのでしょうね。

先が見えない不安は続きますが、お身体ご自愛くださいませ。
もしよかったら、またコメントをお待ちしてます。
2015.01.26 Mon (13:41) l サザン. URL l 編集
サザンさん、こんにちは。
この前は私の下らない冗談で気を遣わせてしまってゴメンなさい(T-T)
もう41年間、この顔なので気にしてないです(笑)
体が健康ならそれだけで充分!!
誉めてくれてありがとうございます♥

DHCのクランベリーエキスっていうサプリメントはお手頃価格みたいですよ。
30日分で¥1020だそうです。
サザンさんのリサーチ力はすごいからもう知ってるかもしれませんが(^^)
2015.01.26 Mon (14:54) l もも. URL l 編集
失礼しました~!
実は、何度もコメント、書いては消し、書いては消しってしていたので、送ったかどうか、混乱してしまいました~!私は別のプロパイダ―のブログも書いているのですが、そこだと、管理画面から、自分がどこにコメントしたかわかるのですが、FC2にはそういう機能はないんでしょうか?まだはじめたばかりなので使い方がよくわかっていないのです。すいませんっm(__)m。

2015.01.26 Mon (19:59) l ヒカリ. URL l 編集
ももさんへ
DHCのその商品は知らなかったです~。
うちの近くのドラッグストア(車ぶつけたとこ^^;)では置いてなかったのですが、ネットで確認できました。
確かに安いですね!
サプリの一覧を見てると、あれもこれも自分には必要なんじゃないかと思えてしまう~^^;
情報ありがとうございました。

がんの手術をしても、化学療法をしても健康でいられるって、すばらしいことです。
あたりまえのことではないので、本当に良かったですね(^・^)
2015.01.26 Mon (23:39) l サザン. URL l 編集
ヒカリさんへ
私はこのブログを始めてからもう2年半も経っているのに、未だにわからないことだらけです(=_=)

コメントはPCのメールで送られてきますし(私の場合?)、頂いたものはちゃんと管理してくれる機能があります。
でも、自分が誰かのブログにコメントをしたのを管理する機能はないのでは・・・と思いますが。
イヤ、もしかして、あったりしたらすみません<(_ _)>

ヒカリさんのブログも、これから少しずつ拝読させていただきたいと思います。
2015.01.27 Tue (00:04) l サザン. URL l 編集
ステントの事
こんにちは
先日 はじめてコメしました。サザンさん返信コメありがとうございました。
その後 すぐに緊急入院してしまいました。
やはり、腎盂腎炎です。ほぼ毎月くりかえして入院してます。
今月は2回目です。
1回目は39度の高熱、今回は左わき腹の激痛。
すごい痛みで参りました。

ステントを抜く話ですが・・・
昨年11月の入院時に単純に片側ずつ抜いて様子をみました。両方とも2日ともたず、また再挿入。がっかりでした。
そのこともふまえて、2月中旬に検査をする予定です。
その検査で、狭窄している長さがわかるそうです。
そして、そこから今後の治療方針を決めていく。

サザンさんもご存じの通り、短ければ簡単な対処ができるそう。長ければもうその尿管部分は使えない。
片側だけなら、そのままステント交換しながら留置し、もう片方に頑張ってもらう・・ということ。
しかし、私は両方。すでに腎機能も低下、頻繁な腎盂腎炎と高熱を繰り返しています。
こうなると、改善策は大きな手術しか方法がないみたいです。
婦人科も入院中に定期受診があり、こちらは異常なし。
婦人科主治医も 今は泌尿器科の治療優先で、みんなで力を合わせ頑張りましょう。と。
ただ、私のような状況は珍しいそうです。

もっと、もっと、話したいこと、相談したいこと、たくさんあります。同じような経緯の体験者は今のところ、サザンさんしか知りません。

体調など、都合があえば 是非とも一度お会いしたいです。
私の住まいは東京都下で、病院は新宿です。

2015.01.31 Sat (16:32) l demidass. URL l 編集
demidassさんへ
こんばんは。
あのあと、また入院されていたんですね。
ほんとうに頻繁すぎる腎盂腎炎のようで、腎臓が心配になります。
大きな手術になってしまうとのことですが、それによって腎臓を守ることができるなら、一刻も早くその手術を行ってほしい!と思ってしまいました。
足の血管を尿管に代用したりすることもあるそうですが、demidassさんの場合はどんな手術になるのでしょうね。
私は狭窄した部分にバルーンを入れて、尿管を広げる手術をお願いしたことがありましたが、私の狭窄している5センチという長さでは、長すぎて不可能と却下されてしまいました。
治療の判断基準が微妙で難しそうでした。

でも、demidassさんも私も、大元の子宮がんの方が異常なしで、そこだけは救われますね。

お役に立てるかわかりませんが、私でよければお話しを伺わさせていただきます。
私も同じような経緯の方を知りませんので、demidassさんにお会いするのが楽しみです。
では明日、改めてdemidassさんのメールアドレスの方にご連絡させていただきますね。
2015.02.01 Sun (01:03) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/322-9da219c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)