2011/4/1

抗がん剤投与、翌日の今朝も何も変わらず普段通りです。
ですが耳栓は全く役に立たず・・・  今朝も寝不足です。

起床前の5時半。
看護師さんがベッドにきて採血2本
洗顔、トイレ、朝食、回診、昼食。  
普通すぎる午前中の流れです。

午後2時。
手術から1か月半、ずっと入れっぱなしになっていた尿道カテーテルがついに取れました
 
抗がん剤投与の時は
「点滴などで尿量が増えるため」
「正確な尿量を知るため」
「頻回にトイレに行くことによる点滴漏れのトラブルをなくすため」

などの理由で尿のカテーテルを入れると説明がありましたが、なぜ今まで入れっぱなしだったのかは未だに謎です。
投与直前に入れてもよかったのでは 

私の場合、膀胱と腎臓の間の尿管に橋渡しをしている尿管ステントが入っているので、その関係があったのでしょうか?
この疑問は治療後半年以上も経ってから・・・というか、最近になって同じ体験をされた方のブログを見て感じたことで、このときは全く何も考えていませんでした。

処置は病室のベッドの上で簡単に終わりました。
管が抜ける時に少し痛みがあっただけです。
でもこの1か月半、お風呂もトイレも寝るのもお出かけもずーっと一緒で煩わしかったので、このときの解放感はほんとに嬉しかったです。

けれど同時に排尿訓練が始まり、それはそれで大変でした。
カテーテルを抜いた後、すぐに看護師さんとトイレへ。
看護師さんに見られながら紙コップをあてておしっこを出します。
今更恥も外聞もありませんが、やっぱりとても恥ずかしかったです。
この時は管を抜いたばかりで尿が溜まっていないのもあり、自尿0。 

そして看護師さんに指導されながら、いよいよ初導尿! 
鏡で尿道を確認しカテーテルを尿道に挿します。
カテーテルは細くて硬くて痛そうで・・・ 恐る恐る入り口に入れたら、
「それじゃあ出てこないわよ!」
と言われ、更に深く挿すと・・・  
ちゃんと出てきました!
かなり深く挿しましたが痛みどころか無感覚でビックリ。
そして笑われるほど、ものすごい前傾姿勢で見入ってしまいました。

初めての導尿はバタバタだったけどなんとかクリア。
明日の退院までに一人でできるようにマスターしなければいけないので必死でした。

その後、体についていたものが全て無くなってさっぱりしたところでシャワーを浴びました。 
なにしろ “自分の体だけ” は手術の朝から1か月半ぶり!
管や尿バッグを気にしないでのシャワーが妙に手持ち無沙汰というか、変な感じでした。



夕方、母と長男、時間差でMとCが来てくれました。
みんなやはり普通の私に驚いていました。 
ただ、みんなに顔と首が赤いことを指摘されましたが、自分では全くわからず・・・

ところが! みんなが帰って夕食が終わった頃から赤味だけでなく痒みまで出てきたので看護師さんに言ってみると・・・
病棟の医師3人が少し慌てたようすで来たのでビックリ
「呼吸は普通にできますか?」 
と、聞かれたので深呼吸してみましたが全く問題ありません。 
アレルギーを心配されたようで内服薬が出ましたが、服用後すぐに治まりました。  
大事に至らなくてよかったです。



19時、2度目の導尿。
ナースステーションにいる看護師さんにお願いして一緒にやってもらうことになっていました。
今回は見ててもらうだけにしました。 

まずは自尿。 
全く尿意はなく、出る気配もありません・・・ 
でも少し腹圧をかけたら70ml出ました。
その後カテーテルを挿し、膀胱に残っている尿を出します。  
一番大事 と何回も言われた手洗い、清浄綿や鏡や紙コップの準備、神経を使っての導尿、カテーテルの洗浄。    
ふぅ・・・
たかがおしっこを出すだけなのに頭が混乱して疲れ果ててしまいました。
こんなことしてらんない! もっと要領よくやらなくちゃ!
長丁場になるのが予測できて焦っていたような気がします。
 


とりあえず一仕事終えてベッドに横になり、ホッとしたのも束の間・・・
その後すぐに背中と腰の痛みが出はじめ、間もなく我慢ができないくらいの痛みに変わりました!!!
熱が出たときの関節の痛みのもっともっと酷い感じ?  

この時はわけがわかりませんでしたが、これが私が一番辛かった、副作用による “関節痛” “筋肉痛” の始まりでした。
看護師さんに言ったら 「座薬を入れましょう」 と言ってくれたものの、待てど暮らせど来てくれず、2時間悶えてました
忙しいのだろうと我慢してましたが、忘れてただけだったようなので催促すればよかったです。

とっくに消灯時間が過ぎてたけど、座薬を入れたら少しラクになり、眠ることができました。



この日、昨日の役立たずの耳栓のことをMに言ったら 「これいいよ!」 と、スポンジタイプの物を持って来てくれました。
潰して耳の中に入れた後、耳の中で広がって隙間がなくなる優れものでした!  

もう一人の方は、再度看護師さんに訴えて病室を変えてもらって引っ越して行きました~

 
2011.04.01 Fri (00:00) l 5. 化学療法(TC6回) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/30-c8241c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)