9月25日 9:00 腎内分泌代謝内科2回目の受診。


診察前の血液検査の結果、eGFR(腎機能を表す数値) は54でした。
1回目(6月26日)が47だったので、少し良くなっていました。

塩分控えめ、腹八分目の成果が出たのか

と喜んだものの、先生の様子から、大した変化ではなさそうでした・・・
でも、60以上になると、危険区域からちょっと脱出できるんですよ~


そして、今回も引き続き 「体重管理・血圧管理・食事療法」 を気をつける
ようにと言われました。

腎機能障害が進行してきた場合の食事療法ですが、
塩分制限、タンパク制限、カリウム制限などを行うことにより、
腎機能障害の進行を抑え、慢性腎臓病の合併症を予防することができる
とのことです。

塩分の制限
漬け物や塩干物の制限、だし汁の摂取制限、インスタント食品の制限
味付け(酸、香辛料など)や調理法の工夫をすることも、減塩に有効な
場合がある

タンパク制限
タンパク質の摂取量は体重1㎏当たり0.8g以下に制限する
タンパク質が多すぎると、老廃物が増えて腎臓に負担がかかる
尿からのカルシウムの排泄量が増え、骨粗しょう症 にもつながる
反対に少なすぎると、体力や免疫力が低下する
また、血管が細くなり、脳卒中の危険が高まる
【タンパク質を多く含む食品】
しらす干し、いわし、いくら、すじこ、たらこ、アジ、まぐろ、牛肉
ゼラチン、ふかひれ、かつを節、するめ、煮干し、高野豆腐

カリウム、リンの制限
【カリウムを多く含む食品】
バナナ、なつみかん、メロン、干し柿
いも類全般、特に里芋
かぼちゃ、にら、水菜、なす、白菜、セロリ、キャベツ、かぶ、切干大根
肉、魚、特にお刺身
麺(茹でたあとに必ず湯きりをする)
海藻類、とろろ昆布、干しひじき、納豆
黒砂糖、乳製品、牛乳、お菓子
100%ジュース、野菜ジュース、豆乳、日本茶(玉露)、コーヒー


食事でとるエネルギーが不十分だと体内のタンパク質が消費され、
かえって老廃物が増える
必要なエネルギーは十分に摂る
摂り過ぎると、肥満や動脈硬化になりやすい
3食きちんと食べ、油脂を適切に使い、でんぷんの多い食品を摂取する


毎日、毎食継続すれば、長い間、病気の進行を抑えられる

らしいけど・・・
意外にも、身体に良さそうなもの、そして私の好きなものばかり
でも、肥大してまでガンバッテくれてる右の腎臓のためにも、
自分でできることはしなくちゃね。
あまりストレスにならないように意識していこうと思います。


腎疾患のある方、クレアチニン値の高い方なども参考にしてみてください。



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです
2014.09.27 Sat (18:50) l 8. 腎機能 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんは(^^)


また真夏のように暑くなった愛知県
ですが、東京は如何ですか?

検査結果はサザンさんの仰る通り
異常なしでした~(^_^)V
ホッとしました♪
次回は3ヶ月後の12月です。

腎臓を守るのは難しいですね・・・
控えなきゃいけないけど少なすぎるのもダメなんて・・・

でも悪くなってしまってからでは
もっと大変で辛いですもんね~
予防出来ることは頑張らないと!
ってことですねp(^-^)q

退院後は気をつけてた食生活も
今ではかなりいい加減になってる
ので私も塩分の取り過ぎには気を
つけたいと思います('◇')ゞ

サザンさんも大切な腎臓さんのため
頑張って下さいね~(^^)ノシ
2014.09.27 Sat (19:58) l チエミ. URL l 編集
チエミさんへ
チエミさん、異常なし良かったです!!!
次は12月ですね。
またスッキリしてお正月を迎えられそうですね(^^)/
私も12月に2つの外来予約が入りました。
今度は婦人科はないけど、また一緒ですね。

食事は、控えるくらいで絶対に食べちゃいけないものではないので、
あまり神経質にならないようにしたいと思います。
それに、適量の塩梅がわからず難しそう・・・
なーんて言ってる場合ではないですね^^;
はい、がんばります!

あ、うちは関東ですが、東京ではないです。
こちらも暑いくらいの良い天気でしたよ(^^)
明日はニコとお祭りに行きます。 明日もお天気だといいな~!
2014.09.28 Sun (00:40) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/287-5413fdee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)