母は子どもの頃に患った中耳炎の影響で、耳の中に水が溜まるのと、
その後遺症で、眠っている以外の時間は、常に 「工場の中にいるような騒音」
が付きまとう、耳鳴りの持病があります。

水は定期的に注射器で抜いていましたが、それではだんだん追いつかなくなり
常に水を排出できるよう、鼓膜にチューブを通す治療を受けています。

そこに一昨年の暮れと去年の春の2回、顔面麻痺を患いました。
2回ともステロイドの点滴のために1週間入院し、その後は日にちとともに回復
していきましたが、なんと・・・
今までのザワザワした工場の騒音だけではなく、ガーンガーンと何かを叩くような、新たな耳鳴りが追加される、という後遺症が残ってしまいました。
隣にいる人にも聞こえるんじゃないか?というくらいの大きな音だそうです。

耳鳴りの治療で名の通った病院で診てもらったこともありましたが、母の場合
治療法がないと言われ、二人で撃沈して帰ってきたことも。

先日のNHK 「ためしてガッテン」 の中で紹介されていた耳鳴りの改善策は、
灯台下暗し、まさかの “補聴器” を使った治療でした。

補聴器によって、聞こえにくい高音と低音の音を増幅させることで、今まで脳に
届かなかった信号を復活させる。 すると視床は感度を上げる必要がなくなり、
耳鳴りが改善する。 という考えだそうです。

補聴器による治療を行う場合は、まず補聴器相談医のいる病院で、補聴器の
タイプや調整具合を診断してもらう。 とのことで、さっそく検索。

私の通う大学病院の耳鼻咽喉科に、耳鳴り専門医、補聴器専門医、補聴器
外来、さらに顔面神経麻痺を専門とされる先生がいらっしゃいました。

もちろん、残念な結果に終わることも覚悟の上で、その顔面神経麻痺を専門と
される医師の診察を受けることにしました。
今まで補聴器では治らないと思い込んでいたので、明るい希望に喜ぶ母です。
完全に治らなくても、少しでも改善できるなら、何とかしてあげたいです。



ここまで長々と耳鳴りの経緯を書きましたが、昨日、この話が終わってから、
母が切り出した話しがあります。
自分が死んでからのことでしたが、あまりにも具体的でビックリしました。

亡くなった後は預金を下ろすのが面倒らしいので今のうちに何とかしたい。
(悩むほどないのに 笑)
6畳の部屋の箪笥の・・・に通帳と印鑑があるから覚えておいて。
葬儀は家族葬にしてほしい。
連絡してほしい人はここに書いてあるから。 (メモを渡される)
新潟は〇〇子(母の妹)に連絡すれば手配してもらえるようになっている。
今の仏壇はおまえの家には大きすぎるだろうから、小さいものに買い替えて
そこにお父さんと一緒に入れてほしい。
着物とか服とか膨大な量で悪いけど、これも処分お願いね。
金魚はニコちゃんにあげてほしい。
病院からそのまま斎場に行くのだけはいや。
おまえの家が暖ったかいから、一晩ここに置かせてほしい。

といった内容でした。
母らしくあまりにもカラカラと言うので、業務的に話が進みました。 笑
でも、母を送った帰り道は泣きながらの運転でした。 
あたりまえだけど、母は不死身ではなかった。
あたりまえなのに、突然現実的なことを言われて動揺してしまいました。
これから少しずつ、いつかその日がくる心の準備をしないといけません。




にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです
2015.03.06 Fri (13:21) l 17.日常のいろいろ l コメント (12) トラックバック (0) l top

コメント

はじめてまして。
昨年末、子宮筋腫のために、子宮卵巣をとり、尿管膣ろうとなり、尿管ステントで検索して、こちらにお邪魔するようになりました。
ステントをする事で、症状は軽減していて、精神的に回復するため仕事復帰しました。
ステントを入れて、働いている方のお話が聞きたくて…
前置きが長くなりましたが、うちはがん家系で、手術したのも、がんになるのが怖いという思いが強くてのことでした。
今姉が懸命にがんと戦っています。
母ですが、外陰がんというめずらしいがんで亡くなりました。
同居の姉のがんが先にわかり、言い出せなかったであろうこと、私は遠くに嫁にきていますので、言えなかったのだと思います。
貧血があり、大腸検査を勧められていましたが、頑なに拒否。
その不自然さにやっと症状を聞き出せて、受診となりましたが、手遅れでした。
病気はどの病気もつらいでしょうが、かなり辛い症状があったに違いありません。
発覚のまえに元気がないと思いつつ
、それでも笑っていたので、深く考えませんでした。
やっぱり母は、不死身と思っているんですよね。
あっという間に逝ってしまいました。
昨年一年間はその哀しみにくれ、ふっ切る思いで受けた手術でもあったのですが…
本当にとりとめもないことをごめんなさい。
お母様、つらい思いで色々考えられたのかもしれませんね。
出来るだけ一緒に過ごす時間をお持ちくださいね。
母という話につい出てきてしまいました。
お母様、楽になるといいですね。祈っています。
2015.03.07 Sat (00:18) l ごんちゃん. URL l 編集
ごんちゃんへ
はじめまして。 コメントありがとうございます。
お名前、ごんちゃんと呼ばせていただきますね。

お母さまのお気持ちを考えると辛いですね。
親って、子どもの前ではついつい自分のことを後回しにしてしまいますものね。
ほんとは病気のことは、それじゃいけないのにね。
ごんちゃんもよっぽどの覚悟で苦渋の決断をされたのでしょうね。
お母さまのためにも、自分の選択を後悔しないように前向きにがんばってほしいです。

うちの母も、私の身体のことは未だにとても心配するけど、自分のことは何があってもあっけらかんとしています。
私のQOLに比べたら母の耳鳴りの方がよっぽど日常に支障があると思うのに、不平不満を言いません。 母は強いですね。
残りの人生を楽しめるように、少しでも症状が軽くなってほしいです。

ごんちゃんもお祈りをありがとうございました♥
お姉さまも良くなられますように!
2015.03.07 Sat (10:31) l サザン. URL l 編集
自分で『ちゃん』付けでごめんなさい笑
ペットの名前なんです。
また宜しくお願いします(^-^)
2015.03.07 Sat (21:01) l ごんちゃん. URL l 編集
こんばんは(^^)


いつかはくる別れ、避けては通れない道
なのかもしれませんがお母様のお願いは
切ない気持ちになりますね…

でも、それも亡くなられた後にサザンさんたちが困らないように!とのお気持ちも
あるんでしょうね。優しい親心ですね…

娘の立場からすると、親はいつまでも側にいてくれる存在に思えちゃうんじゃない
かな~…ってか私がそんなふうに思ってたんですよね~(^^;
うちはあまりにもあっという間に逝って
しまい、母も何も言い残さずでした…

高校を卒業して一年で逝ってしまったので
親孝行らしいことも出来ずたくさんの後悔があります。
母が生きていたら親孝行出来たかと聞かれたら???ですが…(^^;

サザンさんもお母様のため、そして自分が後悔しないためにもお母様との時間を
大切にして下さいね(^o^)v
(偉そうなこと言ってごめんなさい。)


耳鳴りってそんなに辛い症状があるなんて知りませんでした…
補聴器での治療で少しでも症状が改善
されることを願ってますp(^^)q

サザンさんもあまり無理されませんよう
お過ごし下さいね(^^)/
2015.03.07 Sat (21:47) l チエミ. URL l 編集
お誕生日おめでとうございます
サザンさん、こんばんは(^^)
お誕生日おめでとうございます。
午前中にコメントしたかったのですが、あわてて出てしまったのですっかり遅くなりました。ごめんなさい。
お父様の命日でもあると以前のブログで拝見しているので今日はお忙しかったことと思います。
お母さまをお大事になさってください。
2015.03.07 Sat (22:28) l るるこ. URL l 編集
ごんちゃんへ
いえいえ、私が 「〇〇ちゃんさん」 って呼ぶことに、どうも違和感があるので 「さん」 を省略させていただきます。 
という意味でした。 言葉足らずですみません!
名前からしてワンちゃんですね(^_-)
こちらこそ、またよろしくお願いいたします。
2015.03.07 Sat (23:04) l サザン. URL l 編集
チエミさんへ
母は何を急に・・・と思ったら、仲良しのお茶のみ友達とみんなでそんな話になったそうです。
同じ年代の友達同士の会話だったので、自然とそんなことも考えられたんだと思います。
それを聞いたときは切なかったけど、たしかにその時がきてもバタバタしなくてすみそうです^^;

チエミさんは、まだまだお母さまに傍にいてもらいたい年頃だったんですね。
それからの人生の中で、お母さまに助けてもらいたい時もたくさんあったんでしょうね。
でも前にも書いたと思いますが、お母さまはずっとチエミさんの傍で幸せを願っていると思います。
このまま子宮がんも無事に経過していって、チエミさんが幸せに暮らすことで、今からでも親孝行はできるんじゃないのかな?
きれいごとじゃなくて、もし自分だったら死んでも絶対に家族の傍にいると思うんですよね・・・
だからチエミさんのお母さまもきっと(^^)
2015.03.07 Sat (23:45) l サザン. URL l 編集
るるこさんへ
ありがとうございます♥

今日は誕生日で父の命日でしたが、仕事でした。
お墓参りは一日遅れますが、明日行こうと思ってます^^;

今日みたいに冬に逆戻りの日もあるので、るるこさんもお身体に十分気をつけてお過ごしください。
2015.03.07 Sat (23:59) l サザン. URL l 編集
No title
おくれてしまいましたが、
お誕生日おめでとうございます。v-238
(^^)
お母様、金魚をニコちゃんにって
金魚のことまで考えて、優しいかたですね~~~
お人柄がうかがえる内容です。v-238

私の両親は持病はありますが、元気です。
いつかは、そういう日が来るのかと
わかっていますが、まだ自分には現実として
受け止めておりません。(^^;)

私が入院したときに、
老いた両親が見舞いに来てくれました。
そのときは、とても申し訳なく思いました。
(もしかして私の方が先に逝ってしまうかもって)
(^^;)

それまで、こまめに連絡していなかったのですが
自分が退院してからは、定期検診のたびに
母に電話を入れるようにしました。(^^)
毎月お互いの身体の調子を伝えあうようになりました。


順番だから・・・
いつかは、そういう日が来るのかと思いますが
それは、ずっとずっとずーーーーーっと
先になってくれるのを願うばかりです。
ね!
v-535
2015.03.08 Sun (21:25) l KERO. URL l 編集
KEROさんへ
ありがとうございます(^^)

母が旅行に行くときは、私は留守中の金魚のエサ係りに任命されます。
ニコも母のところに行くと、エサをあげるのは自分の仕事と思っていて♪
まあでも、たぶん母よりも金魚の方が先に・・・ ^^;

私も病気になったことがきっかけで母との関係が大きく変わりました。 
お互いに以前よりも思いやれるようになった感じです。
KEROさんもなんですね(^_-)

ほんとに、まだまだずーっと先であってほしいですね!
2015.03.08 Sun (23:58) l サザン. URL l 編集
No title
遅ればせながら(/_;)お誕生日おめでとうございます。
あいかわらずの年度末、ばたばたしておりました(>_<)。
お母様の気持ち、うちの母と重なってしまいました。
亡くなったのは突然だったけど、うちの母は前年、しっかり段取りを話していてくれました。写真も私達姉妹にいるものは持って帰らせ、そのあと、すべてシュレッターにかけていました。私達が一番処分しにくいものだというのが理由だったようです。
「母は強し」、私もしっかり見習って、もう少ししたら、エンディングノートも書いておこうかなって思ってます。
もちろん、まだまだ元気で、生きる気マンマンだけど(^o^)、病気になったときに、ある程度の希望は夫に言ってあるので、大丈夫かなって思うんだけど・・・。
私の場合、残された者のためというより、お葬式にはどういう花をメインに、音楽はこういう感じっていう、わがままなこだわりなんだけど(ーー;)。
病気になった時、やっぱり母にいてほしかったなって思いました。ちょっぴり寂しかったなぁ。
でも、いつかは皆とおる道、また会える日がくるとその時を楽しみにしています。
サザンさんとお母さんは、まだまだ元気に素敵な日々が続いていくと思います。今を大事に楽しんでくださいね(*^。^*)。
2015.03.09 Mon (15:47) l Atsuko. URL l 編集
Atsukoさんへ
ありがとうございます(^_-)

写真のところ、とっても驚きました!
処分しにくいだろうなんて・・・ それでシュレッダーにかけてしまうなんて、お母さますごいですね!
Atsukoさんたちへの強い愛情を感じてウルっ・・・ です(T_T)

私も祭壇の花は向日葵一色で、菊は1本も使わないでね、ってお願いしてあります^^;
音楽も流してほしいCDを作るつもりですが、それはまだ取りかかれてません。
自分のことなので、いなくなってもこだわりたいですよね~(^_-)
エンディングノート・・・ 私も考えてみようかな。
事故とか災害とか、いつどうなるかわからないものね。
今度は親の立場ですね^^;

そうですね、今のうちに楽しんでおかないとね。
Atsukoさんは再会できたらたくさん親孝行してあげてね♥
2015.03.10 Tue (00:41) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/270-4fab3852
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)