昨日は6日ぶりのお休みでした。

その前まで5日連勤だったので、のんびりボーっとしていたかったけど・・・
午前中家のことを片付け、午後から病院と美容院に。


昨日は、先日M先生に予約を取っていただいた 【腎内分泌代謝内科】
の受診日でした。

3月のPET/CTで映し出された左腎の萎縮から、
現在の状態と、今後の行方を把握しておきたくて、専門の医師の診察を
受けたいとお願いしたのでした。


単純に今までのデータを見ながらのお話しかと思っていたのですが、
昨日、新たに採血と採尿の検査がありました。
ほんとうは 「そうしてくれたら・・・」 と望んでいたので、
それだけで、やっぱりここに来た甲斐があった! と嬉しくなりました。



最近頻繁にあった立ちくらみのようなめまい。
もしかしたら貧血?  とも考えていましたが、
ヘモグロビンは13.3(基準値11.5~15.5)で、全く正常値でした。

ということは、やっぱり精神的なものが原因だったようで・・・
そんなもので体調に変化が起きたとしたら・・・  あらためて怖いです

因みに、仕事が落ち着いた今はその症状がなくなりました!



さて、本題の腎機能の方ですが・・・
“eGFR” とかいう数値が47と出ていました。

これは、正常な状態を100として、私の腎臓は47%しか機能していない
という意味だそうです。

約半分。 
つまり、萎縮してる左腎はすでに殆ど機能していないと取れるそうです。


3月に撮ったPET/CTの画像でも、クルクル回したりスクロールしたりと
いろいろな角度から見てくださった結果、働いていると思われる “皮質”
という部分が、下の方に少しだけしか残っていないことがわかりました。


その時の画像 ↓
4026.jpg



左腎が完全に役目を終える日はそう遠くないようですが、
それを補うために、右腎が普通より肥大していることもわかりました。
“代償性腎肥大” といわれるもので、これは自然の反応なので心配はなく
残った方がガンバッテいる証だそうです。


右の腎臓がちゃんと機能していたことだけでも安心したのに、
更にもっと働いてくれていたなんて・・・

「右腎ありがとう」  → ホントにちょっと胸が詰まってしまった!



そして、今までのと昨日の尿検査の結果から、
尿たんぱくが少し多めなので、今後も3ヶ月毎に経過を観察しながら、
管理していきたいと言われました。

もうそれは私にとっては願ってもないことで、ぜひ!ぜひ!という思いです。


尿たんぱくは、多めと言っても心配するほどの数値ではないそうで、
塩分・タンパク質の摂取を控え、このままの血圧・体重を維持していけば

「右腎は平均寿命の88歳まで持つから大丈夫」

という、予想外の貴重な言葉まで頂けました

生涯、腎移植とかは考えなくてもよいそうです



診察の最後に、

「M先生には今日のことちゃんと返事しておきますからね」

と、改めて言われたのでパソコンに目をやると・・・

M先生からの、なぜか手書きの依頼書が映し出されていて・・・
手書きだったせいか、とっても温かな気持ちになりました。


私がどの科を受けても主治医が見守ってくれているようで、
この病院の、スムーズに連携し合える体制に安心していられます。


これから長くつき合うことになるだろう 腎内分泌代謝内科 受診の始まりです。



今回、左腎が機能していないことがわかったのはショックだったけど、
このまま普通に過ごせることがわかったことは、大きな大きな収穫でした




にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです
2014.06.27 Fri (10:27) l 8. 腎機能 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

No title
よかった。
ちゃんと 90前までのお墨付き頂いたら安心です。

仕事によるストレスってちょっとした所に出てくるんですね。
仕事も体調も落ち着き良かったです。
私も来月4日大腸内視鏡してきます。
サザンさんに教えて頂いたように 鎮静剤だけでなく
鎮痛剤をお願いしたのですが 却下されてしまいました(T ^ T)

手術して年数経つほど癒着が考えられるけど
まだ一年あまりなら大丈夫と、その言葉信じて頑張ってきますね〜。
2014.06.27 Fri (11:59) l エール. URL l 編集
エールさんへ
ありがとうございます。
思い切って受診して、安心できて良かったです。

エールさん4日なんですね。
私は8日に、術後半年後の内視鏡検査です。
今度はおしり。 忙しいです^^;

鎮痛剤を却下されたんですか・・・
やっぱり術後間もないからでしょうかね?
お互いに何でもないことを祈りましょう(^^)/

パワーストーンの変色は、悪いものを吸い取ってくれた証明だそうですよ。
私の、友人がくれたものも術後濁った色になり作り直しました。
2014.06.27 Fri (13:14) l サザン. URL l 編集
No title
サザンさん、よかったです!
ほんとうに、良かった\(^o^)/。
がんばってる右腎さん、私も応援しちゃいます。
先生や病院の対応、連携も素敵。私達には、それがと~っても重要だもんね。
私達は元気にみえても、やっぱりデメリットを抱えてる身体、これからもいろいろあるけど、めげずにがんばろう(*^。^*)。
私も来月には胃カメラ。(~o~)ピロリ菌はいなくなったものの、その後の胃壁の快復が遅く、要経過観察状態。ちょっと、こわいけど、よい結果を信じて、行ってきま~す。
(^o^)丿(^o^)丿
2014.06.27 Fri (23:01) l Atsuko. URL l 編集
Atsukoさんへ
おはようございます。 
Atsukoさんありがと~!
片腎になるのは2~3年先かなぁ・・・なんて思っていたのでビックリしたけど、それよりも右腎がちゃんと機能していたことがわかったのが嬉しかったー(T_T)
これから、負担をかけないようにしなくては!と思います。

Atsukoさんは胃カメラするんですね。
結果を知るのはドキドキで怖いけど、こうして定期的に検査していれば何かあってもすぐ対処できるから!
何があっても負けないで立ち向かって行こうね!

昨日、たまたま神戸のお客さまの受注を3件受けました。
なんだかAtsukoさんと話してるような錯覚に陥りそうでした(●^o^●)
2014.06.28 Sat (10:03) l サザン. URL l 編集
はじめまして
他人事とは、思えず
いつも拝見しております。
こちらは、2年ほど前 子宮全摘と膀胱部分切除を提案されたことがあり、悩んだ末に
どちらも、お断りした経緯があります。
サザンさんのお話を読ませていただくと、とても勉強になりますし、今後また、決断を迫られる時が来ても、励みになると思います!!
今は、バセドウ病がメインになってしまいましたが💦
そちらも、運が悪ければ人工透析なんて、脅されてビビリまくり、88歳までの言葉にホッとしました。
梅雨時期の体調変化は、結構あるようです。
サザンさんも、無理せず お過ごしくださいね。
2014.06.28 Sat (11:19) l ランちゃんママ. URL l 編集
ランちゃんママさんへ
こんばんは。 はじめまして。
私も拝見させていただいておりました。

子宮と膀胱の治療では、ご自分で調べて選択されたんですね。
その結果が現在のランちゃんママさんなんですよね。
すごいです! ご自分を信じて良かったですね。

何の病気でも、一度ひっかかると不安はずっとついて回りますが、上手にメンテナンスしながら付きあっていくしかないと思うんです。
お互いに無事に88歳を迎えられるといいですね(*^^)v

今回の受診で腎移植の可能性は低くなりましたが、人工透析の不安は、私も無くなることはないと思います。
すでにご存じかもしれませんが、その不安があるのならロキソニンは“禁”なのでご注意を。
腎機能低下を誘発するらしく、今回の萎縮も長引く尿たんぱくも、それが原因の一部かもしれないと言われました。

それから、知人にもバセドウ病と闘っている人がいるので、自己管理の大変さは少しはわかるつもりです。
どうかお身体、ご自愛くださいね。
2014.06.29 Sun (01:43) l サザン. URL l 編集
No title
サザンさん、こんにちわ!
腎臓が一つといっても、これからも普通に過ごしていけるようで安心しました。
なんだか凄い事になっているのに、元気なサザンさん。
頑張って下さいね、無理をなさらずに。
私は、自分の病気以外の事は全く分からず、今年の2月17日にサザンさんと同じ手術を受けて、症例も同じだったとはいえ、人間の身体はホント一人一人違うんだなって思ってしまいました。
いつも気の利かないコメントで、ごめんなさいサザンさん。

サザンさんは、主治医のM先生の大きな愛に包まれていますね。
本当によかったですね。
大腸がんの手術をされてから半年経つんですね、検査と経過観察で病院行くのは、まだドキドキですよね。
私はもうすぐ術後5ヶ月ですが、行く度にブルブルです。

私の病院も全ての科がパソコンで繋がっていて、私の様子も(気になるなら)全て主治医のパソコンに送られるようになっています。

先月の採血の時、妙に痛くて、「痛い、痛い、」と言ってたら「一度抜きましょ

うか?また刺す事になりますが。」と聞かれたので、「いえ、我慢します。」と

答えて、じっと耐えました。

終わってからは、しばらく動けず、テーブルに顏を伏せたまま

「痛いわね~!あーた、下手くそなんじゃありません?」←デ○夫人的ね、、、。
あっ、またやっちまったか~!と思っていたら、

さ、さようでございますか、、。申し訳ありませんでした。T先生に伝えておき

ます。」←採血BOY

ドキッ!「何をです?」

「ご様子をです。」

痛がってた事を、ですね。(下手と言った事じゃないわよね、、。)
採血BOYが悪いのではなくて、私の体調が悪かったんだと思います。
今度から病院に行く時は、ホチキスで口を5ヶ所位、止めなくちゃ、、。
ヤバヤバです、、、。(採血BOY君すまん。)

12年前は二男がお腹にいて、この病院の産科の待合室で幸福に浸っていたのに、今はがん治療で婦人科の待合室で緊張して待つ自分、、。
でも不幸だとは思わないし、腕のいい優秀な主治医に出会えて幸福かな、と。
今は、また病院を信頼していますよ。
サザンさん、長い闘い、頑張りましょうね。
2014.06.30 Mon (19:02) l emiko. URL l 編集
emikoさんへ
おはようございます。
返事遅くなってごめんなさい。
昨日は一つのキャンペーンが最終日ということもあって、1時間休憩以外の7時間、ほとんど電話を受けていました。
口が疲れたよーーー(>_<)

ほんとに同じ手術でも同じステージでも十人十色ですね。
何もかも全く一緒という人に巡り合ったことないもの^^;
違うところは、自分は自分と思わないといけませんね。

そうなんです。 大腸の手術からもう半年です。
emikoさんもそろそろ術後半年になるんですね。
結果は怖いけど、検査しないのはもっと怖いから仕方ないですね^^;
メンテナンス大事です!

>今度から病院に行く時は、ホチキスで口を5ヶ所位・・・
ゴメンナサイ、笑ってしまいました(>_<)
でもemikoさんも信頼のおける主治医に巡り合えて良かったです。
“長い闘い”のためにも、それは一番重要なことかもしれません。

“長い闘い”・・・ズシっときました! ありがとう! 頑張ろうね!
2014.07.01 Tue (10:08) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/263-8afaa43e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)