2011/3/9

膣とおしりの奥の痛みはあれから相変わらずです。
うんちもスッキリ出ていません。
今月に入ってから尿のバッグの中に、雲みたいな白いフワフワしたものや、小さい血の塊などが混ざるようになりました。 
嫌でもバッグの中が見えてしまうので 「気持ち悪っ!」 と思いながらも、じっくり観察してしまいます

7日は私の誕生日でしたが、よりによってこの日から原因不明の熱が出はじめました。
喉が痛いので風邪のような気もするし、おしっこの浮遊物から膀胱炎?のような気もします。
とりあえず退院時にもらったロキソニンで熱を下げ、退院後の診察が近いので、様子をみることにしました。

体調は最悪の誕生日だったけど、友達やその娘たち、息子の友達からもお祝いのがたくさん届き、幸せな1日でした。
今年はみんな優しい~ 笑

夜には長男と I ちゃんがケーキを持って来てくれました
結婚と赤ちゃんの順番が逆になってしまいましたが、二人は3日の雛祭りの日に入籍し、長男は I ちゃんのアパートに越して行ったばかりでした。
短い時間でしたが、平日なのにわざわざ来てくれたことが嬉しかったです。 
朝早く仕事に出る夫はとっくに寝ていたので、3人でのお祝いでした。


----------------------------------------------------------------------


そして本日9日は、退院後初めてのM先生の診察の日でした
手術の詳細は退院の前日にU先生から聞かされたこととほとんど同じ内容でしたが、やっとM先生の口から聞けるので耳をダンボにし、聞き逃さないように必死でした。

電子カルテからプリントアウトしたものを見せられました。
“病理組織検査報告書” と “細胞診断報告書”
それと摘出した子宮、卵巣、卵管、大網の写真でした。

子宮は広げられ、昆虫の標本のように何本かのピンで留めてありました。 
その状態で約7cmの、イメージよりも小さな子宮でした。

腫瘍はM先生の最初の診察のときに取っていたので、子宮の中にはありませんでしたが、腫瘍があった場所は潰瘍のようにただれて写っていました。
写真はモノクロだったけど生々しかったです。

術後に実物を見せられた息子たちと妹はどんな気持ちだったのか。
次男が「なんかムニュムニュしたのがあった 
と言っていたのは大網だったようです。 

この病理組織検査報告書の所見によると、

 ・組織型は類内膜腺がんの線扁平上皮癌
 ・組織分化度(顔つき)は高分化のグレード1
 ・筋層浸潤(くい込み度)は一番浅いaランク
 ・血管・リンパ管への脈管侵襲なし
 ・両側卵巣・卵管・大網・リンパ節に悪性像は認められない
 ・腫瘍の大きさ32mm


以上から、子宮体癌Ib2期 という臨床診断がでました。
腫瘍があった場所が頸部に近かったため、最初は頸がんという診断でしたが、組織型から体癌になるそうです。

正直なところ、頸がんだろうが体癌だろうが、もう手術も終わっているのでどちらでもよかったです。
もしかしたら予後に違いがあるのかもしれませんが、特に調べることはしませんでした。

そしてもうひとつの細胞診断報告書。
ダグラス窩腹水、クラスVの陽性 という診断。

このため、現在のガイドラインではステージはⅢa期 になります。
なので化学療法の追加治療を受けることになったわけですが、私のように他に転移がなく腹水のみ陽性だった場合は予後が良く、ガイドラインの見直しが検討されているとのことです。

M先生から 「このステージは気にしなくていい」 と言われました。
そしてU先生と同じく、良い結果だったことを伝えられました

ネットで検索したら確かにそのような文献があり、少し安心しました。

本来なら診察の後、化学療法の日程を決めてCTを撮って帰るはずだったのですが、熱が続いていることを言うと、CTの前に採血をして、全部終わったらもう1度診察室に来るようにと言われました。
まだ少し溜まっているリンパ液や、尿道カテーテルの細菌感染からの熱が疑われたようです。

今日の血液検査の結果 ( )は基準値
白血球 10.2(4.0~8.0)  CRP 6.84(0.3以下) という数値から、風邪も考えられると言われました。 
どちらにしても炎症反応が高いので、この後抗生剤の点滴を受け、1週間分の内服薬をもらって帰ってきました。 
しっかり1週間服用して、また来週の診察となりました。

当然、化学療法の開始も1週間先に延びるわけで・・・ 
とっとと終わらせたかったので、この熱がもどかしかったです。


2011.03.09 Wed (00:00) l 6. 子宮体がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/25-a471f6cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)