2014/3/14

こんにちは

昨日はリンパドレナージに行ってきました。

事故と、低気圧の影響と思われる浮腫みの治療のために通っています。
昨日で5回目でした。

そのことはまた書きますが、今日は “内診” のお話しを。



私が通っているリンパ浮腫の治療院のセラピストさんは、現在かかっている大学病院の元看護師さんです。

毎回2時間の治療の合間にいろいろな内容の話をするのですが、昨日は子宮がん検診の話しから内診のときの話しになりました。

私は2人目の出産のあと度々カンジダになり、その度に内診を受けました。

そのときもクスコを使って消毒や薬を塗るなどの処置をしたのですが、毎回膣が張り裂けるような痛みがありました。

“内診は痛い” という先入観を持っている人がたくさんいると思いますが、私もそうでした。

なので、子宮がんでまた婦人科にかかることになったとき、真っ先に頭を過ったのは内診の恐怖でした。

最初に訪れたクリニックの先生も、今の大学病院で一番最初に診察を受けた女医さんも、やはり期待を裏切らず痛かったです
検査の痛みではなく、明らかにクスコの痛みでした。

でも、主治医M先生の内診は今まで一度も痛みを感じたことがありません。

M先生の初めての診察で腫瘍を取られたときは痛かったですが、それは治療の痛みでした。
今は先生のおかげで内診が苦ではありません。
これだけでも定期検診の不安が和らぎます

この話をセラピストさんに話したところ、確かに医師によって違いがあるとのことでした。
雑な医師、クスコを目いっぱいに広げないと診れない医師などの内診は痛みを感じるそうです。

あとは、クスコの種類と大きさ。
〇〇式膣鏡とか、△△式膣鏡といった種類があり、大きさもSSS~Lまで6段階くらいあるそうです。

膣が広い人には大きめのクスコを、膣が狭い人には小さめのクスコを。
出産経験がない若い女性や、閉経した女性には小さいものが使われるそうです。

痛みを感じるときは我慢をしないで、

痛いので小さいサイズに変えてもらっていいですか?

と言えば変えてくださるそうです。

緊張して体に力が入っていたりすると膣の筋肉も緊張して硬くなってしまうので、できるだけ力を抜くことも “痛くない内診” を受けるコツだそうです。



こちらの内診時のエチケットのこともぜひ読んでみてください。



2014.03.14 Fri (09:28) l 6. 子宮体がん l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんばんは。
私も内診=痛いでした。

最初のクリニックでは痛くて痛くて。でも今の主治医になってからは不思議と痛くはないですね。
先生の腕次第なんですかね~

内診のエチケット・・・
気を付けます。私も洗ったりして気を付けています。
でも内診は何度やっても慣れないですね。


2014.03.14 Fri (19:51) l てら. URL l 編集
てらさん
こんばんは。
てらてらてえらさん?ですよね(゜-゜)

やっぱり?
痛い先生と痛くない先生がいますよね。
特に主治医はずーっとお世話にならなきゃいけないので、手腕を問われるところ・・・
痛くないと、労わってくれる感があります♥
この歳になると、できれば暗い部屋でやってほしいです^^;
2014.03.14 Fri (21:54) l サザン. URL l 編集
No title
サザンさん、こんばんは。(*^。^*)
勉強になりましたぁ。クスコ、初めて知りました。
幸い私の主治医も、とってもお上手、痛くないんです。あっ、でも癌発覚前の病院では、とっても痛かった~。その前の定期健診の病院は痛くなかったし、「う~ん、不思議」って、思ってたんだけど、そういうことだったんですね。

内心のエチケット、わかりますぅ。
私も検診に行くときは検診用にしているガーゼのハンカチを持って行って、お手洗いでは、それを使って拭くようにしています。(ビニール袋もねっ(^^ゞ)
やっぱり、この歳になっても、恥ずかしいものは、恥ずかしい(~_~)、ティッシュがついてたりしたら、もっと、恥ずかしい~(ーー;)。
まだまだ、乙女な私達ですもんね!
2014.03.14 Fri (23:08) l Atsuko. URL l 編集
おはよーございます(^^)

内診は何度してもイヤですよね~

先生によって痛みがそんなに違うなんて・・・幸い私の主治医も上手な方かも・・・です。

私としては、この病気がわかるまでに受けた「膀胱鏡」の検査が痛かった~(>_<)
検査は覚悟していったのでなんとか無事終わりましたが、その後のトイレであまりの痛みに叫びそうになりました(ノ_・。)

病名がわかるまでの検査で余計に体が参っちゃいます~・・・

何にも知らずに病院に行くのはめちゃくちゃ怖いので、みなさんのブログでいろいろ勉強させてもらいました。
サザンさんは特に詳しいので・・・
これからもいっぱい教えて下さい。

よろしくお願いしますm(_ _)m
2014.03.15 Sat (08:55) l チエミ. URL l 編集
Atsukoさん
こんにちは。

Atsukoさんも上手な主治医で良かったですね。
M先生はクスコを入れるとき「はい、ごめんなさいね~」って言うんですよ(^^)
そして必ず「痛くない?」って聞いてくれます。
ベテランな医師だけに、患者の側になってそんな言葉をかけてくれることに人柄を感じます。

若い人だったら許されることでも、この歳だからNGなことってありますよね。
いろいろな面で、だらしなく見えないように意識して心がけなければと思います。
2014.03.15 Sat (12:19) l サザン. URL l 編集
チエミさん
こんにちは。

チエミさんも主治医に恵まれたようで良かったですね。

私はステント交換のたびに膀胱鏡を入れられるので、かなりの回数を経験してますが、それが痛かったことは1度もないです。
あ、でも1回だけ研修医みたいな先生のときに悶絶したことがあったんだった!
泌尿器科の主治医曰く、「挿入するとき、膀胱鏡に麻酔の入ったゼリーを付けるから痛くないはずなんだけどなー?」でした。
でも、そういうことがありました(T_T)
医師によって違うなんて・・・ あってはいけないですよね。

私、詳しいんですか?
ひゃー! 初耳でビックリしました^^;
2014.03.15 Sat (12:38) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/236-f74254d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)