ある経営コンサルティング会社から、

【 在宅における排尿障害のケアをとりまく治療環境についての調査 】

という内容でインタビューを受けました。


医薬品、医療機器メーカー、医療機関、各種業界団体、厚生労働省など
顧客企業・団体が抱える様々な経営上の課題を解決する支援をしている
会社だそうです。


自己導尿カテーテルを実際に使用している患者の立場として、

  1. 在宅ケア分野における排尿障害患者の診断及び治療の流れ

  2. 自己導尿カテーテルの製品選択の基準

  3. 在宅自己導尿における満たされていないニーズ (製品の性能面
    または価格などで)

などを聞かれました。


特に3番目の中では、以前の記事にも書きましたが
『 在宅自己導尿指導管理料 』 のことを聞いてもらいました。

去年の6月に書いたものですが、今でも訴えたいことです。


インタビューが終わって、

この調査を通じて、在宅における排尿障害ケアの治療環境を的確に理解し
今後の当分野の発展及び患者のQOL向上に、少しでも貢献できればと
考えております。


という言葉をいただきました。


私の排尿障害や、自己導尿関係の記事を目に留めていただいたようですが
こんな拙いブログでも、少しでも今後の治療環境の向上に繋がるのなら、
こんなに嬉しいことはありません



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!
2014.02.20 Thu (23:03) l 7. 尿管狭窄 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
サザンさん、こんにちは。
ブログ二つアップしてたんだね。気がつかなかった~(~o~)。
サザンさん、インタビューの件、すごいことだね。感激しちゃった。そして、とっても嬉しいです。
いろいろな問題は、患者の意見や力で、変えていかなきゃならないことが、いっぱい。
もちろん、先生や看護師さん、その他私たちの治療にかかわった人たちには、深く感謝してるし、ありがたいと思ってるんだけど、その一方では、医療システムに関して、腑に落ちない点や、改善してほしいところはあるけど、なかなか発言する場がないのが実情で・・・。
今回のサザンさんの件は、私たちにとっても、とっても嬉しい事です。これもひとえにサザンさんのお人柄の賜物。ほんとうに、嬉しいです。(*^。^*)
応援してるね。そんでもって、いつも、ありがとうね☆☆<(_ _)>☆☆
2014.02.21 Fri (09:27) l Atsuko. URL l 編集
No title
サザンさんのブログは、ほんとに勉強になります(^_^)
いろいろな改善や、今ある問題が皆さんに伝わらなければ、解決や前進する事は難しいのでは?と思います。
何かのきっかけで、良い方向に向かっていく事もあると思います。
発信できる場が増えるといいですね^^*

私も、がん、という病気になり、いろいろな事が,今も、これからも続きますが、何かの形で、検診の大切さや、同じ病気で悩んでいる方に、何か伝える事が出来ればいいな!という思いはあります。

サザンさんの文章力は、ブログから気持ちが伝わってくるので、お会いしたことはないのに、とても身近に感じます(*^。^*)

サザンさんのように、いろいろ、勉強しなくては!
2014.02.21 Fri (09:35) l アプローズ. URL l 編集
Atsukoさん
こんにちは。

今度は女子のフィギュアで遅寝遅起きの2日間でした。
真央ちゃん、メダルは取れなかったけど、素晴らしい演技を見せてくれて嬉しかったです!

依頼のメールがきたときはビックリというより、真偽的な気持ちがあったので、今となっては、何て失礼なことを考えてしまったんだろうという思いです^^;

こんな微力な言葉でも塵も積もればで、いつかはどこかに届くと嬉しいのですが(*^^)v
2014.02.21 Fri (12:57) l サザン. URL l 編集
アプローズさん
こうして発信できる場があるのは私にとってもありがたいことなのですが、正確な情報、言葉など、慎重にならないといけないので怖い面もあります。
でもアプローズさんの言うように、自分の勉強にもなりますね。

同じ病気でも、症状・治療・経過など、人それぞれ異なるので、運悪く罹患されてしまった方の参考にしてもらえたら嬉しいです。

これからもお互いに助け合ってがんばりましょうね(^^)/
2014.02.21 Fri (13:50) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/229-642af298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)