また事故の話しから始まりますが・・・

事故の日、通うことを考えて近くの病院に行きました。
個人の整形外科ですが、わりと評判が良く、いつも患者さんがいっぱいです。

事故のあった火曜日の午後は、近隣の大きな病院から I 先生という名医が
いらっしゃる日で、私たちはその I 先生に診察を受けました。


5年くらい前、夫はその大きな病院で、I 先生にひざの手術を受けています。
仕事中の捻挫が原因でしたが、術後は全く支障ないほどに回復しました。

その後はお世話になることはなかったのですが、事故の日に偶然の再会。

術後の説明のときも感じましたが、とても親身になってくれる良い先生です。


今回、私は湿布がなくなったときだけ診察を受けていて、まだ湿布はあった
のですが、今日は火曜日だったので、去年仕事中に痛めたひざを I 先生に
診てもらおうと、一緒に病院に行きました。

去年、最初にかかった病院では、いつまでも湿布とロキソニンで様子を見る
だけの治療だったので、途中から行かなくなってました。
なので治ったわけではなく、痛みは続いていました。


今日もレントゲンを撮りましたが、骨には異常なし。
先生の触診と、去年の夏から痛みがひかないことから、半月板の損傷が
考えられると、新しいことを言われました。

今日、炎症を抑える注射をして、ロキソニンゲルという塗り薬を2週間使って
みて、それでも同じ痛みなら、一度MRIを撮りましょう。 
場合によっては手術になります。


えーーー! なんか大事になってきたぞ?
まさか、ここで手術って言葉を聞くことになるとは。


この注射、デカドロン(私は6.6mg)といって
炎症を抑える最も強力な作用をもつ薬 だそうです。
でも、なにしろ半年も経っているので、どのくらいの効果が出るかは、
先生にもわからないようでした。

血液検査、抗がん剤の点滴、自己血採血時や輸血の時の太い針、
肩の筋肉注射、いろいろしてきましたが、注射は苦手ではない私。

ところがこの注射、とんでもなく痛かったです
しかも、これでもか!ってくらい長かったです 

一番痛いところに打ってるからね・・・^^;

どうりで看護師さん、がっしり押さえつけにきたわけだわ。


ひざ


今日はあまり歩かないように。 シャワーもダメですよ。

などの注意を受けた後、ブーツを履いて診察室を出ようとしたら・・・

ひざにものすごい違和感があって、ちゃんと立てません!
歩こうとすると、激痛ではないものの、崩れそうな痛みです。

先生、歩けません!

歩けます。  局所麻酔も入ってるから、ひざが腫れてるんでしょう。
腫れも痛みも、少ししたら治まりますから。


麻酔が入ってて、あの痛みだったってことは・・・  ゾゾゾ

写真は5時間くらい経って、腫れも注射の痛みも治まった頃です。
こんな傷判1枚の穴なのにシャワーもいけないなんて信じられないです。
元々の痛みが取れているかは、今はまだはっきりわかりません。

でも少し進歩したので、やっぱり I 先生に診てもらってよかったです。
これで治ってくれたらいいんだけど。




↓ これは、病院に行く前に入ったお寿司やさんです。


osusi.jpg


開店寿司のお店なのですが、お得なランチメニューが豊富のお店です。
これで1050円なんですよ
後ろの方はわかりにくいかもしれませんが、ネギトロ丼 ・ 海藻サラダ ・
デザートの杏仁豆腐などです。

好き嫌いの激しい夫は、この中で食べれるのは海老の天ぷらだけなので、
いつも後ろの天丼。


最近は夫が運転できるまでに回復したので、喧嘩になることもないです




そうそう、今日灯油を買いにスタンドにも寄りました。
うちはお風呂も灯油なので、買う時は20リットルのポリを6本。

スタッフが車からポリを出し、満タンになったら大きな袋に入れてくれ、
また車まで持って来てくれる、親切なスタンドです。
なので私たちは車の中で待ってるだけでよいのです。

が・・・

車に積むときの振動があったとき、
事故で最初に追突されたときの恐怖が、突然フラッシュバックしました。
動悸が激しくなり、冷や汗をかき、軽い吐き気も。

車の運転も以前と変わらずにできていたし、スピードもそこそこ出せていた
ので、トラウマとかは無いと思ってました。
なのでちょっとショックでした。

思い出そうとしても思い出せなかったものが、いとも簡単に蘇り・・・
改めて運の強さを感じました。



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!
2014.02.18 Tue (23:26) l 16.外側円盤状半月板 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

精密で…不思議なカラダ。。。
サザンさん、おはようございますo(^-^)

膝への痛い注射…
とても痛かった事と思います。。。(>o<)

私も、事故通院中に首&肩に数回打ちました、、、
飲み薬やロキソニン、モーラステープetc…
使い続けていても引かない痛みの時。。。麻酔も含まれているせいか?
クラクラと意識自体が少しマヒして。。。痛みの感覚が和らぎました。

そして、突然蘇った『事故当時の恐怖感…』。。。
これも、とても良く解ります。。。
時間の経過と共に、だんだん薄らぐ記憶や…
自分では良くなっていると感じている身体の痛みで在るはずが・・・
【記憶】とは違った部分で、身体のどこかが忘れていない【状態】…
まるで『第三者』に、思い出す事を導かれている様な感覚ですね。
それを『トラウマ』と言うのかは分かりませんが、
それだけ衝撃は強かったと言う事だと思います。。。

無理に意識を書き替え様とすると、逆に頭から離れなくなったりしますので、、、
思い出してしまった時は、そのままゆっくりと。。。
時系列を整理したり、『今』が無事で有る事を良かったと感じて♪
記憶上の負担を労って下さいネン。。。('-'*)

『事故』による傷は身体だけでは無く…
『記憶』する部分にも傷を残しますが…
それを、『精神的苦痛』とも呼ばれます。。。
本来は、『担保される』モノですのです。。。
負担が大きいと感じられましたら、保険担当者の方へもお話しになり、
今の状況を理解して頂きますと宜しいかも知れません。。。

どうぞ、お大事に。。。
身体と共に、心も休めて。。。穏やかで有ります様に♪


2014.02.21 Fri (07:50) l グース. URL l 編集
No title
グースさん、おはようございます。

グースさんの事故は、衝撃、身体のダメージ共に本当に大きかったんですね。
それでも今、お元気で活き活きと毎日を過ごされていることに励まされます。

20年くらい前にも、信号無視で突進してきた車にぶつけられ、国道の真ん中でスピンして電信柱に激突した事故に遭ったことがあります。
その時、「同じような状況で、死亡事故があったばかり。 あんた、運が良かったねー。」と警察の方に言われました。
あのときは、体の左側を強打しましたが、むち打ちも精神的なダメージもさほどありませんでした。
相手の方は幼稚園の先生で、私の顔をみることもなく、救急車を呼んでさっさと消えてしまいました。
人としての常識とか、モラルとか、そっちの方でショックを受けた苦い思い出があります。
何があっても、そんな人間にだけはなりたくないと学習しました。

話しが反れましたが、自分が体験してみないとわからない未知の世界がたくさんあります。
今回のフラッシュバックもまさかの体験で、自分でも驚きました。
ほんとうに、人間って精密で不思議ですね。

グースさんの経験されたお話しが参考になります。
親身に心配していただいて、ありがとうございますm(__)m
2014.02.21 Fri (12:18) l サザン. URL l 編集
うちの娘も
こんばんは!
膝大丈夫ですか?
うちの娘も先々週、半月板損傷で入院、手術しました>_<
まだ松葉杖で、学校行くのも帰るのも大変です。
生まれつき半月板が大きかったそうで、6割削りましたよー。
膝で体重ささえてますからね。
先生は簡単な手術といったけど、終わってみると、痛いし浮腫むし、結構大変です。
お大事になさってくださいね。
2014.02.23 Sun (01:25) l mama311. URL l 編集
No title
こんにちは。
心配してくださってありがとうございます!
おかげさまで、まだ完全にではありませんが、半年以上変わることのなかった痛みが軽くなりました。
このまま治ってくれたらいいのですが・・・

娘さんは手術になったんですね。 そんなこともあるのかと驚きました。
若いだけにかわいそうだけど、きっと順応性があるからこれからは回復も早いのではないでしょうか。
お大事になさってくださいね。
それにしても重なる偶然に、何か繋がりを感じずにはいられません(●^o^●)
2014.02.23 Sun (13:21) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/228-7b34ebc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)