なんだかもっと経ったような気がするけど、まだ1週間でした。

いろいろな方からのアドバイス通り、注意して経過を観察しています。

左側の腰と背中の鈍痛は和らいだものの、なかなか取れません。
これはどんな痛みかというと・・・
うーん、表現しにくい。 
生理痛がなかったので、それとは比較できないのですが、
陣痛の弱い感じに似てる気がします。
気がつくと擦っているという。

そして、頭と首は大丈夫と安心していたら、3日目くらいから右を向いた時に
右側の首と肩に痛みが出るようになってしまいました。
最初は左側だったのに、とても不思議です。

やっぱり後から出るってホントだったんですね。

あと、これは事故とは関係ないと思うんだけど、
でも偶然にもその日以降なんだけど、左足の腿がかなり浮腫んでます。
今、あまり動かないからでしょうか。


私はそんなかんじですが、問題は夫。

昔、信号待ちをしてるときに追突された古傷(第4頸椎骨折)に追い打ちを
かけられ、かなり痛みがあるようです。
寝るときもコルセットを外さないくらいだから相当?
車の運転もできないようなので、病院に行くときは、私がします。


その運転ですが・・・

毎回運転にケチをつけられ喧嘩です。
私だって、そんな夫を乗せてるんだから、今まで以上に 「超安全運転」 を
心がけてるのに、文句ばーっかり

喧嘩なんかしてる場合じゃないのに、
このもどかしい毎日に、お互い知らないうちにイライラしてるのかも・・・




昨日、息子が仕事帰りに寄ったとき、ちょうど夫が2階で仕事関係の人と
電話をしてたので、息子に愚痴をこぼしてしまいました。

そしたら・・・

その言い方はオヤジが悪いかもしれないけど・・・
これ、絶対にナイショだよ?
オヤジ、事故の時、せめておかんにダメージがいかないようにって回避した
らしいよ。
一瞬だったから、あれが精一杯だったって。
だからオヤジの方があんなに重症だし、運転にもキツくなるんだよ。
わかってあげて。



知らなかった!
そういえば、警察の人が来たときの第一声が

参ったなー。 カミさん、手術して退院したばっかりなんだよねー。  で、

それが事故と何の関係が? ってビックリしたっけ

私から言わせれば、一家の大黒柱の身体の方がよっぽど大事なのに!
いや、愛とかじゃなくって 本当に切実問題。 
今は休業補償が下りるけど、この先どうなることやら・・・
体が資本の自営業の弱いところです。

夫との愛の温度差に、まーだ素直になれない悪い妻です



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!
2014.02.11 Tue (15:45) l 17.日常のいろいろ l コメント (9) トラックバック (0) l top

コメント

No title
サザンさん、身体の痛みが、出てきたんですね!
寒さも続いているので、身体に応えますね。
ご主人、サザンさんの事、一番に考えて、やさしいですね^^*
実は、私も、病気になって、主人にいろいろ迷惑かけているのに、素直にありがとう、って言えないのです。
これじゃ、ダメですね(--)
2014.02.11 Tue (23:30) l アプローズ. URL l 編集
No title
コメントした後、なかなか寝られなくて・・・
色々な事が、頭をよぎります。

そう!一家の大黒柱が倒れたら大変!!
うちも、主人は、すでに、がん経験者。
結婚して1年、長男が生まれる1ヶ月前
癌と診断され、即入院、即手術!!
もう実家に帰る予定だったのに、お腹を抱えて
病院通いました。
生まれてくる子は、父親がいなくなるのか?と
不安でいっぱいでしたね。
その後、放射線治療を受け、十何年、元気です。
でも、主人は癌家系・・・
主人の事ばかり心配していたのに、癌とは無縁と思っていた私ががんになってしまって・・・
主人は、これからが、心配です。
元気でいてもらわないと困ります!

今日は、4クール目、入院です。
主人がいつも半休をとって、連れて行って、退院も迎えに来てくれます。
感謝です!
2014.02.12 Wed (07:01) l アプローズ. URL l 編集
経過観察…
サザンさん、おはようございます♪

事故後、時間と共に…症状が出てしまわれているご様子。。。
『追突事故』による典型的なダメージですね…
私も、約10ヶ月…通院が続きました。。。

サザンさんの症状と同様に、
昨日痛くなかった部位が、今日になって痛み出したり…
鈍痛、激痛を繰り返し、、、専門医への検査通院など、
精神的にもストレスやイライラが溜まっていった事を覚えています。

ご主人は自営業者さんなのですね。
確かに、一家の大黒柱に何か有ると大変ですね…
既にご存じの事とは思いますが、
事故による通院は『自動車保険』だけで無く、
『生命保険』等に、お見舞金などが付帯されている場合が多いですので。。。
もし、ご加入の保険などで該当のものが有りましたら、
ご連絡をされると宜しいかと思います。

大切なお車が壊れてしまった事も悲しいですが、
何より、ご主人とサザンさんのお身体や、毎日の生活が大切です。

幸い、同乗されていなかった息子さん、
とてもお優しく。。。お二人の事を気遣われて♪
本当に嬉しい言葉でしたね('-'*)

第三者からの不本意なアクシデントで、
気持ちが乱れてきますと…お身体にも良い事が有りませんから。。。
今は、心も身体も。。。ゆっくりと経過観察をされて下さいね。

本当にお大事になさって下さい。
2014.02.12 Wed (09:06) l グース. URL l 編集
アプローズさん
結婚してすぐに、しかも妊娠中にそんなことがあったんですか。
それはとっても不安でしたね。
その頃のアプローズさんの精神的負担を想像すると・・・
なんて、想像できるようなものではありませんね。
ご主人は自分のことがあるから、尚更アプローズさんのことが心配になるのでしょうね。
でも、今ご主人がお元気なことは、私たちの励みにもなります。
こうやって書いてると、私も素直に感謝の気持ちが溢れてくるんですけどね ^^;
やっぱり思いやりの心や言葉は大切ですね。

今回の治療も無事に終わりますように。
副作用も軽くすみますように(*^^)v
2014.02.12 Wed (09:21) l サザン. URL l 編集
No title
サザンさん、身体の痛み、脚のむくみ。おつらいですね。私は二度、原付の事故で、そのときは何の痛みも感じなかったんだけど、やっぱり後日、いろいろ支障がでてきました。主人に原付で走るのは、近所一キロ以内という制約をうけていたにもかかわらず、一度は前のタクシーの急な車線変更、もう一回は車の飛び出し。もうこわくなって、今は乗ってません。(~o~)
ご主人、素敵です。息子さんもすてき。
私も病気になって、あらためて、主人のありがたさを感じ、それに慣れてしまってた自分を反省しました。
いろいろな病気やアクシデントは無いにこしたことは無いけれど、その度に、いろいろなことを考えたり、気づいたりできるんだなって思います。
サザンさんとご主人の痛みや支障が、少しでも早くよくなるよう願っています。
うちも自営なので、サザンさんの不安、わかります。でも、今は身体を一番に考えて、無理なさらないようにね。(*^_^*)
2014.02.12 Wed (09:39) l Atsuko. URL l 編集
グースさん
ありがとうございます。

グースさんも同じような経験をされてるので、とっても参考になります。
10か月も通院されたんですね((+_+))

むち打ちの辛さはなってみないとわからないと言いますが、私も今まで無縁だったのでわからなかったのですが、これかー!という思いです。
これが続いたら鬱陶しい痛みですね。
最初は甘くみてましたが、早く治したいのでだんだん慎重になってきました ^^;

保険会社の対応は全て主人に任せていますが、生命保険の件は知らなかったです。
さっそく担当の方・・・といっても、主人の友達なのですが、聞いてみます!
いろいろとありがとうございます(#^.^#)

ほんとうに、ついつい今なにが一番大切なことかわからなくなるくらい気持ちが乱れてしまいます。
息子や友人のワンクッションが、情けないけど有りがたいです。
反省することだらけです(>_<)
2014.02.12 Wed (09:50) l サザン. URL l 編集
Atsukoさん
そうなんです。  優しさに慣れて甘えて、麻痺してしまいがちです。
子どもに言われてはっとするようじゃダメですね(=_=)
そして、普通の日常がどんなに尊いことか身に沁みます。
この非日常から脱出したくて焦ってしまうのがいけないんですね。

私も若い頃は便利な原付に乗ってましたが、やっぱり今ではあの無防備さが怖いです。
Atsukoさんが今も乗ってたら、絶対反対するところでした(`´)
ご主人も今は安心されてますね!
自営仲間がいて心強いです(@^^)/
2014.02.12 Wed (10:37) l サザン. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.02.12 Wed (15:23) l . l 編集
No title
私もありました。
寒いので、お大事になさってくださいね(゜-゜)
2014.02.12 Wed (18:03) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/224-64493d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)