2011/2/20

朝食後に体重を測ったら、入院時より4キロも増えていました
手術でいろいろといっぱい取ったし、病院食なので痩せてあたりまえなのに逆に太ってしまった!
というより、浮腫んでいるので、やっぱりリンパ液のせい
お腹は相変わらず苦しいです。
でも今日はやっとおしっこの色が普通の色に近くなりました。


午後から、退院後の生活について看護師さんから指導を受けました。
明日、採血・膀胱・腎臓の検査をして問題がなければ退院できるそうです。 
M先生が言っていた通り、ほんとうに1週間で退院できそうです!
常に満床状態の大学病院なのでスパルタです!
まだ漏れが続いているリンパ液が心配ですが、自分でガーゼを取り替えればいいだけなので、確かに入院してる意味はないのかもしれません。


夕方次男が一人で来ました。
頼んだ洗剤を持ってきてくれたので、すぐに洗濯機に
そして次男が昨日の長男のことを話し始めました。

昨日、ラウンジで私からU先生の報告を聞いたあと、なんと今度は長男がU先生のところへ行ったそうで・・・

「母に言ったことが全てなのか?何かほかにあるのなら教えてほしい」

と、お願いしたそうです。
U先生は私に話したことと同じこと、他には何もないことをきちんと長男にも説明してくださったそうです。

私のことを心配してくれてのことでしたが、忙しい先生のことを考えると申し訳ないやら恥ずかしいやら。
早くU先生にお詫びがしたい!


母にそのことを言うと、私と息子たちの関係に今更ながら驚いて感心してました。 
昔から男の子のわりには会話が多い方でしたが、今回の私の病気で更に優しさが見えたようです。 

私には弟もいますが、関西の大学に進学したときに家を出たのを境に就職もそちらで、結婚もそちらで。
今はマスオさん状態でお嫁さんのお家で暮らしています。

父が亡くなってから18年も一人で暮らしている母を気遣うこともなく、顔を見せるのは父の法事の時だけです。
弟の一人娘は母の孫であり私の姪ですが、今までに3回しか会ったことがなく、何だか他人のようです。

私も妹も近くにいるし、長男だからどったらこったら言う気は更々ありませんが、少しは気にならないのかなぁ・・・という憤りはあります。

そんな弟なので母の淋しさもわからないわけではありませんが、親に迷惑をかけずに家族円満に幸せに暮らしてるだけでいいじゃん
と、母をなだめながら自分にも言い聞かせてます。



2011.02.20 Sun (00:00) l 4. 手術 ・ 入院 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/21-56385abb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)