ちょっと前の11月9日のことです。

記事にしようか迷っていたのですが、
明日今日の病院 (治療方針決定) の前に書いておこうと思い・・・
(これ、昨日アップするつもりだったけど睡魔に襲われました


母は踊りをしていて、その関係の友人に、Kさんという方がいます。

Kさんに霊的な力があるのは、もう大分昔から聞いてました。

最初は、“ご自分やご主人の病気を、大事になる前に食い止めた”
という話しから始まったと思います。
素直?単純?な母は「すごいね~」と、信じ込んでました。

私は、霊的なものを信じないわけではありません。
むしろ、信じるほうかもしれません。
神さまの存在はよくわからないけれど ( 許して下さい!)
霊感のある方とは実際にお会いしたこともあるので、そういう力を持ってる
人がいることは信じてます。

ただ、Kさんの場合は、ご家族のことをご自分でおっしゃってることなので
私は、イマイチ信ぴょう性に欠ける印象を持っていました。

ところが、重い病気をかかえた人や、そのご家族が、藁をもすがる思いで
Kさんに相談に行くようになり・・・  病気が治ったという人が続出

そんなことも時々母から聞いてはいたのですが、子宮がんのときも今回も
何故か私は忘れてました。
やっぱり、どこか信じ難いものがあったんだと思います。

母も子宮がんのときはKさんのことを口にしなかったのですが、
今回の大腸のことで、初めてKさんに私のことを話したそうです。
そしたら、私直筆の “名前” “生年月日” を書いたものが欲しいと言われ
たので、私に無断でKさんに相談したことを謝りながら白状したのです。

母が謝ったように、きっと今までの私なら怒ったと思います。
でもその時は、「ポリープ」から「癌」という呼び方に変わった後でした。
この際病気が治るのなら、どんな方法でもいい。 
神頼みもする!  藁にもすがる!
怪しい壺を買わされるわけでもなく、名前を書いた紙を渡すだけなら・・・
心から信じていないくせに、他力本願なズルい気持ちがありました。


書いたものを玄関先で渡すだけのつもりでしたが、部屋に通され、
普通のマンションの一室のダイニングテーブルに座らされました。

「九星気学」の本を見ながらだったので、霊感とは違うのかな?
と、思っていたら、


あなたはまあ! ストレスがいーっぱいだわね!
それ、口に出さないでしょう。  だーから病気になっちゃうの。
でもあなた自信がストレスをストレスと思ってないからね。  フフフ・・・
(母に)娘さんとは相性がいいようだけど、この人、昔からあまり親を頼らな
かったでしょう。  なーんでも自分で解決してきたみたいね。



と、本には載ってるはずのない私の性格を当てたのです。
そして、私の手を両手で包み込み、しばらくそのまま私の目を見ていました。
私は、心を見透かされそうな気がして、あちこち目が泳いでしまいました
そのあと背中に回り、何カ所か、手をかざしていたようでした。


もう大丈夫よ。 手術して取っちゃえば大丈夫だから。
でも、絶対に今年中(節分まで)には手術してもらってね。
来年(節分以降)は、あなた最悪の年だから。大変なことになっちゃうから。
私にはね、伊勢神宮の神様がついてるの。
今、これだけの人を抱えてるんだけど、みんな大丈夫よ。
あとはこれ(名前を書いた紙)で、神様によ~くお願いしておくからね。
あ、それから手術の日が決まったら教えてね。



Kさんは金銭的な謝礼は受け取りません。
それをやっちゃうと、自分が命を落とすことになるとおっしゃってました。

だからというわけではないけれど・・・
Kさんに会ってからは、少し信じられるようになりました。
なんだか、本当に大丈夫なような気がします。
信じる者は救われる・・・  っていうのとは違って・・・
ああ、うまく言葉にできないんだけど・・・  

そんなことがありました。





それから、これは余談ですが・・・

そのあと調子にのった母から、別の友人から「癌が治るレシピ」を聞いたと
電話がありました。
何かと思って黙って聞いてたら、牛蒡をメインにした野菜スープでした。
これを食べれば癌が治ると、だんだん半分病的な言い方になってきたので、


お母さん、それは身体にいいだろうし、癌の予防にはなるかもしれない。
でも、そんなもので癌が治るなら、とっくに公表されてるでしょ。
みーんな治って、誰一人泣かずにすむじゃん! 
私だって手術しなくてすむ・・・



自分で書いた大腸のあの青い部分が浮かび、一瞬言葉に詰まってしまい
ました。  手術が大変なことを実感してしまったような・・・
それでも私が黙った隙に、まだ言い張る母。


お母さんしっかりして!  もっとでーんとしてて!
そんなにオロオロするんなら、これからはもう何も言えなくなる。
冷静になって!  そんなもので癌は治らないの!



急におとなしくなった母に、嫌ーな後味が残ったまま電話を切りました。
情けないけど、可哀そうにもなり。
親子なのですぐに仲直りしましたが、なんだか複雑です。



長くなりました。
では、病院に行ってきます



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!
2013.11.28 Thu (10:11) l 17.日常のいろいろ l コメント (10) トラックバック (0) l top

コメント

No title
サザンさん、初めまして。こんにちわ。以前から、時々、ブログを拝見させてもらっていましたが、コメントは、初めてさせて頂きます。お母さんに、対する複雑な気持ち、良くわかる気がします。私の母と重なりました^^; ところで、そのお母さんのお友達の方と、このタイミングで会った事は、とても良かったのではないでしょうか。その方、神様、そして、大丈夫だと思った自分自身を、信じてみてください^^  手術がうまくいく事を祈っています。
2013.11.28 Thu (10:41) l バジル. URL l 編集
バジルさん、初めまして
コメントありがとうございました 。 私も拝見させていただいてます。 
バジルさんのお母さまも同じようですか・・・(笑)
子どもを心配する親の気持ちはわかるけど、あまりにもズレたことを言うと、怒りにも似た感情になります(>_<)

バジルさんがおっしゃるように、このタイミングでKさんに会ったことは意味があったのかもしれません。
今、病院から帰ってきたところで、これから今日のことを書きますので、楽しみに?しててください(^^)/

バジルさんもいろいろ大変なときでしょうけれど、頑張ってくださいね!
何にもいい情報がなくてごめんなさい。
2013.11.28 Thu (17:16) l サザン. URL l 編集
No title
Kさんのはじめの言葉
「あなたはまあ! ストレスがいーっぱいだわね!
それ、口に出さないでしょう。  だーから病気になっちゃうの。・・・・・・・・・」

これ、私に言われたみたい。・・・・・
私もサザンさんと同じです。(^^;)

大腸も、とってしまえば大丈夫!
信じましょう。v-238

2013.11.28 Thu (21:34) l KERO. URL l 編集
KEROさん
KEROさんもなんだぁ!
でも、そんなこと言われてもねぇ・・・
急にワーワー言うキャラにはなれないですよね ^^;
困りましたね(笑)
2013.11.28 Thu (22:31) l サザン. URL l 編集
霊力
はじめまして!妻が末期癌で闘病中です。
つい先日、私たちも霊能力者に会いに行ってきました。
霊的治療(ヒーリング)も受けました。僕は霊力を感じなかったんですが、妻はかなり感じたようです。どうやら信じる力の強さに比例するみたいですね。面白い体験でした。

時々、ブログを拝見させていただいています。
闘病頑張ってください。
2013.11.29 Fri (02:20) l タカポン. URL l 編集
タカポンさん
はじめまして、コメントをありがとうございます。

私もブログを拝見させていただいてます。
私も勝手に、最初の医師の判断に憤りを感じてました。
ほんとうに、スタートが違ってたら・・・と悔やまれますね。
でも、献身的で愛情いっぱいのタカポンさんがいつも傍にいられて、奥さまはとても頼もしいことでしょうね。

この先、ヒーリングの効果が良い結果となることをお祈りします。
私も、見えない不思議な力があると信じ、その力に助けてもらおうと思います。

抗がん剤の延期はもどかしいかもしれませんが、万全な体調でないと、とても副作用に耐えられません。 私は好中球が234まで落ちましたが、その時は3メートル歩くのもやっとでした。
奥さまもお辛いときだと思います。
少しずつでも回復していくので、ベストのタイミングを待ちましょうね。
タカポンさんもお辛いでしょうが、どうか頑張ってください!
2013.11.29 Fri (09:56) l サザン. URL l 編集
No title
サザンさん、私はKさんのような霊的な力をお持ちのかたを、今までに何人も知っています。
若いときには色々と人生を見ていただいたこともあります。当時は専業主婦だった私なのに、いずれ今のような仕事をするだろうというようなことを言われました。( ^-^)
腰部の不調に気を付けるようにも言われていたので、毎年の検診をしていました。
実印は名字を入れずに名前だけにしなさいとも言われました。
自宅の敷地にグミの木を植えないようにとか、言われた細かいことをすべて守ってきて今の私があるように思います。
Kさんの力は本物だと思います。
サザンさん、結果が良くて本当に良かったですね。
(^^;/★*☆♪( ☆∀☆)ノ∠※。.:*:・'°☆/★*☆♪
2013.11.29 Fri (14:41) l るるこ. URL l 編集
No title
母親って、いつまで経っても子供の事は心配ですよねe-441

私は、癌になった事は母には言っていません。
今、一人暮らしです。
6年前、父親が突然亡くなり、3~4年は何もする気がおきなかった、と言っていました。
でも、気持ちを切り替え、野菜作りに精を出し、朝市に出したりして、友達もたくさんでき、今は、楽しいと言っています。
やっと、元気になった母に、私の病気の事は言えません。
それにとても、心配性なので、言ったらどうなるか、想像がつきます。

妹だけには話してますが、妹も、絶対、言わない方がいいと、同じ気持ちです。
でも、いつまで隠しとおせるか・・e-444
2013.11.29 Fri (16:38) l アプローズ. URL l 編集
るるこさん
私の方にも一人いらして、その方はKさんと違って、過去のことから近い未来のことまで見える能力を持ってるんです。
未来が悪いときは、回避するためのアドバイスをしてくれるので、定期的に見てもらってる人がたくさんいます。(半年待ちの予約です)
私も以前2回ほどお願いしたことがありますが、その方が知るはずのないことを次々に挙げられ、鳥肌が立ったくらいです。
でも、それが続く限り、その方のアドバイス通りの人生になりそうで、怖くなって止めました。
悪いことが起きても、それを運命と思って受け入れるのが自然かな?と思うことにしました。
難しい選択だったけど・・・

Kさんは、どう言ったらいいのか・・・ 「神さま、お願い!」 的な存在でしょうか。
あとは、気持ちをしっかり持って立ち向かっていこうと思ってます。
2013.11.29 Fri (18:31) l サザン. URL l 編集
アプローズさん
うちの母は私と同じで、聞いたらどんなにショックを受けることでも知りたい性格です。 隠し事が嫌いなところも同じです。
なので、何でも正直に言ってきました。
でも歳のせいか、だんだん気弱になってきてるようです。
これからは、少しオブラートに包んで言わないといけないのかも^_^;

お母さまに隠せなくなった日がきたら、アプローズさんが話すよりは妹さんにお願いする方がいいのでは?
「お姉ちゃん頑張ってるんだから、お母さん支えてあげてね」 みたいに。
お母さま、私が凹んでられない!と強くならないでしょうかね?

母も一人暮らしで、踊りの他に、友だちと体操教室や絵手紙教室、日帰り温泉などに行くので、カレンダーは私より予定がびっしりです。
元気なうちは一人で暮らしたいと、同居も断られました。

アプローズさんのお母さまも、哀しみを乗り越えてお一人で元気に過ごされるまでになられたんですね。
子どもからしたら、親が元気でいてくれることだけで十分ですよね。
いつか子どもの世話になるまでは、活き活きと楽しく人生を謳歌してくれたらと願ってしまいます。
2013.11.29 Fri (19:12) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/194-35d91566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)