今日は結婚記念日です
1979年11月18日の結婚式から34年が経ちました。
喜劇のような、あの頃のことを書こうと思います。


今日はこんなに天気が良くて暖かかだけど、あの日は吹雪の一日でした。
式場に向かう朝、大きな荷物を抱えて駅のホームで寒さに震えてました
新潟から来てる親戚や小学生の弟がいたりで、両親は付き添いに来れず、
一人で行こうとしたら、式場から 「必ず付き添いを」 と言われ。
仕方なく、役に立ちそうもない高校生の妹と二人、電車で
前日も当日の朝もバッタバタで、よくある両親との儀式?なんてもんはなく、
追い出されるように家を出たのでした


おまけに前日から初めての膀胱炎
病院に行く間もなく当日を迎え、式が始まる頃はピークに。
貸衣装の白無垢を汚しちゃいけないと、大きな紙おむつをあてる羽目に。
しかも、今みたいに良いものじゃなくて、歩く度にガサっ、ガサっと音がし
そうな、痛いくらいゴワゴワしたものでした。

式の最中も披露宴の間も、ずーっと漏れそうなおしっこのことしか頭になく、
人生最大のイベントなのに、全く楽しめないどころか、
早く終わってーーー」 と真剣に祈ってました。
なので、どの写真にも笑顔はなく。

さらに夫。
お酒が一滴も飲めないのに、三三九度のお神酒を全部飲んじゃった。
飲み干さなければいけないと思ったんだって。
披露宴の途中から、私の白塗りの顔に負けないくらいの白い顔。

吐きそう・・・
おしっこ漏れそう・・・
もう、最!悪!の結婚式でした

その日はそこに一泊することになっていたので、部屋が用意されてました。
披露宴が終わるまで何とか我慢した夫、部屋に入るなりゲーゲー。
何とか白無垢もドレスも汚さずに済んだ私も、緊張が解けてバタンキュー。
しばらく、ベッドで病人の二人でした。


翌朝、夫、義父、義弟の3人のお弁当を作って送り出した後、泌尿器科へ。
初めての内診台で膀胱洗浄をされました。
その日、真っ青なおしっこに感動!
膀胱炎はくせになるかも、と言われましたがそれっきりでした。


新婚旅行は行ってません。
有休などない自営業(運送)で、その頃収入源のほとんどだった製薬会社の
配送は、一日も欠かせない固定のルートがあったため、休みを取ることが
できなかったのです。
なので、年が明けてからのお正月休みに行く予定でした。


ところが結婚式から3週間が経った12月の初め、夫がトイレで倒れました。
バタンという音で駆け寄ると 「コーラのうんちが出た」 と一言。
救急車を呼び、そのまま入院。
十二指腸からの出血だったための、真っ黒の血便でした。
入院は2~3日だったと思いますが、かなり輸血をした記憶があります。

それよりも、休むことのできない自営業。
一緒に仕事をしてた義父が仲間に協力してもらい、急場を凌ぎました。
突然の十二指腸だったので、夫なりに新婚で同居になった私への気遣いで、
神経をすり減らしていたみたいです。


その入院中に、気持ちが悪くなったので胃の薬を貰おうとしたら・・・
妊娠の可能性は?」 と聞かれ、
無いです! 無いです! 」 と、笑い飛ばした私ですが、
看護師さんに言われるままに、とりあえず産婦人科に行ってみたら、
妊娠2ヶ月でした。  ムカムカはつわりでした。

結婚式の夜、しばらく休んで回復した後、
今日からやっと子どもが作れるね」 と、避妊をしなかったのは確かだけど
その後、何だかんだはそのときだけだったので・・・
ハネムーンベビーならぬ、ブライダルベビーでした。
そんなに簡単にできると思ってなかったので、本当に驚きました。
病院にいなかったら、家の胃腸薬を飲んでいたところでした


成人式は、結婚したので振袖が着れず、地味~な附下になりましたが、
お腹の赤ちゃんと一緒の、特別な成人式になりました


そうそう、なのでお正月も新婚旅行どころではなくなり・・・
とうとう行かれないうちに今日まできてしまいました。


なんだか、いつもバタバタでコメディーチックだった私たち。
夫の師匠が植木等だから?   
夫も私もO型だから?   あーそれは関係ない?
たぶん、私たちはきっとこれからもこんななんだろうなーと思います。
シリアスな場面でも笑いで終わりそう    でもそれは理想かも



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!
2013.11.18 Mon (14:25) l 17.日常のいろいろ l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

No title
34周年、おめでとうございます!!!
(^^)v-238v-238v-308

とても大変な出来事だったのに
読んでいて、面白くて笑ってしまいました。
(ごめんなさい)v-410

O型の方たちは、皆さん陽気で楽しいと思います。
v-411

きっと、どんな困難にも負けない
楽しいご家族なのだと思います。
サザンさん、うらやましいです~~~~
v-238v-535
2013.11.18 Mon (21:20) l KERO. URL l 編集
Anniversary~( ^_^)/□☆□\(^_^ )
34回目の結婚記念日。。。おめでとうございます♪

当時のご本人にとっては、さぞ大変な事だったと思いますが、、、
今になって、こうしてお話を伺っていると。。。
とても心に残る、掛け替えの無い素敵な思い出ですね('-'*)

どんな時も。。。何があっても。。。
いつまでも変わらない強い結び付き。。。
素晴らしい御夫婦、ご家族だなぁ~と、微笑ましくなりました(*´▽`*)
2013.11.18 Mon (23:11) l グース. URL l 編集
KEROさん
ありがとうございます。
笑ってもらいたくて書いたので、笑ってください\(^o^)/

困難にも負けない・・・と言えば聞こえがいいかな?
な~んかいつも緊迫感がないというか・・・(夫だけ・笑)
やっぱりO型関係あるのかしら?
2013.11.18 Mon (23:20) l サザン. URL l 編集
グースさん
ありがとうございます。
ほんとは来年が節目の“珊瑚婚”なんですけどね ^^;
34年目ってなんにもなくてビックリです。

昔、大変だったこと、苦労したことも、今となってはいい思いでです。
みなさんも同じですよね(゜-゜)
でも、結婚式はもう一度やり直したかったです(笑)
2013.11.18 Mon (23:31) l サザン. URL l 編集
おめでとうございます☆
サザンさん、おめでとうございます。\(・0・)/
うちは31年目なので、サザンさんのほうが先輩!
あやかりたいです。
結婚式、たいへんだったんですね、でも、最高です!
だって、きっとめちゃくちゃ印象に残ってるんですもんね。この歳になると、そろそろいろんなことがぼやけてきてる(わたしだけっ?)はずだから、印象に残るのが一番。
サザンさんのお話を読んで、自分の結婚式を振り返ってみたら、親戚のおじさんが、よっぱらっちゃって、コミカルな動きでひとり踊ってたのが、めちゃくちゃおもしろくって、一番記憶に残ってました。
40年、50年、いやいや、70年めざして、お互いがんばろうね。
サザンさんとサザンさんの素敵なご主人にかんぱ~い!
2013.11.19 Tue (10:19) l Atsuko. URL l 編集
Atsukoさん
ありがとうございます。
Atsukoさんのところとうちは、結婚したのも子どもの年齢も、
ほとんど同じなんですね。
私、歳と関係なく、昔のことってあまり覚えてないんです。
歳を重ねてからは更にだけど(T_T)
妹はよ~く覚えていて、自分のことでも未だに初耳の出来事がいっぱいです!
記憶力がいい人って、たくさん思い出があるからすごく羨ましいです。
結婚式は印象に残ったから、良しとするか(^^)/
50年目は金婚式ですって!   “金”なのに近いね!
2013.11.19 Tue (15:49) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/190-6589bb2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)