2013/11/12

今日は急に寒くなったので、我が家も冬支度

シーツをボアシーツに。
布団カバーも片面にボアが付いたものに替えました。
肌に触れる面がボアになっているカバーなので、まだ毛布を出すにはちょっと早いかな?っていう時期に重宝します。
よしっ  これで準備万端。

そして、こたつを出しました。
こたつ最高~   こたつって見てるだけで幸せな気分になりません
でも長くベターっと座ってると、何故か足が浮腫むので要注意です。
そうなるとPC持ってダイニングテーブルの方に移動したり・・・
動けーってことかな


                                   
和風玉



先日新聞で知ったのですが、

ピンクリボンのお宿ネットワーク」 という民間団体があるそうです。
乳ガンを患い手術を受けて回復の道を歩みながらも、手術痕を気にして旅をあきらめてしまう女性の方たちに、もう一度、誰の目も気にせず旅に出かけてもらい、心ゆくまで旅館・ホテルでの入浴などを楽しんでいただきたいという目的で、2012年7月に全国の旅館の女将などにより設立されたそうです。


ピンクリボン宿  加盟するお宿情報をまとめた冊子「ピンクリボンの
  お宿<2014年版>」 
  誌面では加盟するお宿の温泉・お風呂情報を中心
  に、「洗い場の仕切りがある」 「脱衣所での配慮」
  「入浴着着用の有無」 「貸切り風呂対応」 などを
  ご紹介。 
  さらに、宿泊プランや宿泊特典、お宿からのメッセ
  ージや “温泉宿の楽しみ方” コラムなども掲載。
  巻末にはお得なクーポンも付いているそうです。


中には、乳がんの手術を受けた人や治療中の人だけを対象にした「全館貸し切りピンクリボンデー」 を実施する旅館や、健康に配慮した食事を出す旅館、講演会などを企画している旅館などもあるそうです。


私の身近にも何人か乳がんを経験した人がいます。
お腹に1本のスジだけの私には、彼女たちの傷痕に対する思いを知ることはできません。
想像はできても、それを超える計り知れない絶望感もあったと思います。


比べ物になりませんが、抗がん剤で髪が抜け、生え初めに温泉に行ったとき、隣にいたお婆ちゃんが私を凝視した後、籠ごと移動したときの哀しさ。
温泉に行ったからには、やっぱり大きいお風呂に入りたかったので覚悟はしていたのですが、あれはかなりショックでした
時が経てば元に戻る髪ですら、それでした。


だからこれを知ったとき嬉しくて、日本の素敵な女将さんたちに思わず拍手

日本LOVE 
温泉LOVE


2013.11.12 Tue (21:05) l 17.日常のいろいろ l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

傷跡
先日、食事前にインスリンの注射をしたら、
隣で食事をしていた人が、いきなりトレーを持って
どこかに移動してしまったって話を聞いて、
悔しいな~って思っていました。

私の胸は、小さくなって残ってはいるものの、けっこう傷跡が大きくて
周りの人はひくだろうな~って思って、温泉には行ってません。
てか、腹にも傷があるし、温泉どころじゃなかったんですけどね(^_^;)

地元の有名な旅館もピンクリボンのお宿なんです。
今度戻ることがあったら、ぜひ行ってみたいと思っています。
2013.11.12 Tue (21:27) l 桃杏. URL l 編集
誰にも優しい『お宿』
はじめまして。

先月、自身の体調に心配な部分が有り…
Blogをいろいろ訪問している時に此方へ辿り着きました。

私の亡き母も、生前…大病を患い、
大きな手術根が腹部に幾つもありました。
そして、術後は旅行へ出掛ける事がめっきり減りました。
母は完治することの無い病気でしたが、
『祖母と、私と…孫娘と、親子四代で温泉へ行きたい。。。』と、
話して居たことを思い出します。。。

当時、叶わなかった『温泉旅行』ですが、
この様に『誰にでも優しいお宿。。。』とても素敵なお話しですね♪
今年のカレンダーも残り少なくなり、何かと忙しなくなる時期ですが、
大変心が温かく。。。日本のお宿の素敵な部分を知りました。
とても有意義な記事を、ありがとうございます。

これからも拝読させて頂きます。
2013.11.12 Tue (21:54) l グース. URL l 編集
桃杏さん
桃杏さんはもちろんご存じですよね。
でもコメント読んで辛くなりました。
やっぱりそんな風に思ってしまうんですね。
改めてこの団体を設立した女将さんたちに感謝の気持ちがおきました。
その温泉で、桃杏さんが心から楽しんで来られますように。
2013.11.12 Tue (22:00) l サザン. URL l 編集
グースさん
はじめまして。 コメントありがとうございます。
病気になると身体だけではなく、心も弱くなります。
出かけることにも消極的になりがちになってしまいますが、
心を許せる家族やお友達のサポートで楽しみも増えると思います。
そして温かく支援してくださる方たち。
私もこの記事を読んだとき、心が温かくなりました。
同じように感じていただいて嬉しいです。
2013.11.12 Tue (22:29) l サザン. URL l 編集
バンドエイドもいいですよ
私はよく日帰りの星野温泉トンボの湯に行くのですが
手術の傷跡に厚めのバンドエイドを貼っています。
肌に近い色の丈夫なものを選ぶと、ほとんどわからないので気にしないで入れます。
透明感のないものが良く、気に入ったバンドエイドが見つかると、ちょっとうれしいです。
2年前の傷跡は、まだ赤く目立ちますが、若いころの傷跡は探しても見つかりません。
だんだんわからなくなりますよ。





2013.11.12 Tue (23:34) l るるこ. URL l 編集
るるこさん
私はもう目立たなくなりましたが、お腹の傷が目立つうちはバンドエイドもいいですね。
でも、たとえ目立っても幸せな悩みかもしれませんね。
2013.11.13 Wed (00:09) l サザン. URL l 編集
もうちょっとしたら
とってもやさしい心遣いのお宿があるんですね。
こころがほっこりして、うれしくなっちゃいました。
私の傷は太いミミズのようで、まだまだ赤くって目立ってます。
でも、もうちょっとしたら、温泉に挑戦してみたいな。
まずは、健康ランドで、ウォーミングアップかな!
2013.11.13 Wed (21:54) l Atsuko. URL l 編集
Atsukoさん
ほんとに嬉しいですよね。
なんか、日本人で良かったな~と思えるくらい。

Atsukoさん、まだ半年だと傷も生々しいかもしれませんね。
でも、私たちの傷は日にちが治してくれるものだから・・・
がんの場所によって悩みもいろいろですね。


2013.11.13 Wed (22:56) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/188-df72a842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)