2013/10/22

明日はいよいよ大腸内視鏡の再検査です。
今日の夕飯は看護師さんに言われた通り素うどんにする予定なので、昨日は食べ納めに、鶏肉をたっくさん入れた鍋にしました!
今のところ3日くらい食べなくても平気なくらい満足のお腹です。

今度は、前回使わなかった鎮痛剤を使ってくれる予定なので、痛みが軽いことを期待します。
でも、この間のカメラよりも太いって・・・ どのくらいだろ   ゾッ・・・


何だか最近 “痛い” “怖い” を連呼してる私ですが、子宮がんの手術をするまで・・・ いや、抗がん剤の筋肉痛が出るまでは痛みに強い方だったと思います。
術後は硬膜外麻酔のボトルが空になっても痛みを感じず、出された内服薬も飲まずにすんだほど。


もっと遡ると、そそっかしいので?青あざが絶えず、怪我もしょっちゅう。
の駐車場の車止めにつまずいて前歯を1本折ったり。
(痛かったけど、照れ笑いしながらお店に入って食パン買った!)
職場のロッカーの扉を閉める時に右目の下を3cm切ったり。
長ネギを左手に持ったまま、一緒に人差し指の半分まで切り、3針。
お皿を洗ってる時に力が余って親指の付け根をえぐるように切り、15針。
この時は骨も見えて息子たちオエオエ(笑)
夫にお財布と保険証を脇に挟んでもらって歩いて病院へ。
傷口に麻酔の注射を打たれたときは激痛だったけど、縫う作業は見ていて面白かったです
どんな時も、騒がず痛がらず冷静だった私。


更にもっと遡って長男を産んだとき・・・
陣痛がくる前に破水をしてしまったので陣痛促進剤を使ったけど、それでも子宮口がちゃんと開くまで8時間。
その8時間、羊水が流れ出ないように膝を立てて仰向けに寝てるだけ。 
陣痛が強くなってきてもその体制を崩させてもらえず、ひたすら我慢

そのとき隣の分娩台の人が
痛い!痛い!我慢できない。もういらないから止めて!」 と大騒ぎ。
看護師さんに 「あなた34歳で3人目でしょ! 隣はね、ハタチで初産なのよ! そんなこと言って恥かしくないの!」 ってすごく怒られてた。
私には 「サザンさん!今陣痛MAXでしょ! 痛かったら痛いって言っていいのよ。」 と優しい(笑)
私は 「痛いって言って産まれるなら言いますけど・・・」 みたいな冷静な返事をしたのを覚えてます。

そして、いきみ始めて4時間後。 
胎児の心音が聞こえなくなり、先生が慌てて頭を掴んで引っ張り出したようなお産でした。
長男はへその緒が首に二重に巻かれ、更に胎盤との間にこぶ結びがあったために出れなかったようでした。
分娩台の上に12時間もいたのに、静かなお産だったと褒められました。
もともとは私は痛みに強かった・・・ というか我慢強かったと思います。
無知だったのが大きいかな?


ところが・・・
痛みだけではなく、昔は遊園地の絶叫マシーンも大好きだったけど、事故で亡くなった人のニュースを見てからは全く乗れなくなってしまいました。
虫も触れなくなってしまったし。
この間、うどんが喉につまっただけでパニックに。
POCOちゃんが水を飲んで咽ただけでも怖くてバッタバタ!


いつからこんなに臆病になってしまったんだろ・・・
これからもっとエスカレートしたらどうしよう・・・
この先、まだまだ怖い治療や痛いことがあるかもしれないから、
昔のように怖いもの知らずだった私に戻ってほしいなあ


--------------------------------------------------------------------



1021.jpg
  昨日は最後の勤務でした。
  
  みんなからこのお花を頂いて見送
  られたとき、危うく涙が出そうに
  なってしまいました。
  やっぱり申し訳ない気持ちしかな
  いので、私が泣くのは筋違いだろ
  うとがんばった。

  一番古い人が 「このメンバーが私
  には最高だったよ」 って・・・
  同い年なのにお姉さんのように優
  しかった人。

  辛かったー。
  
  この苦い経験、忘れません。
    
  
  
 
2013.10.22 Tue (08:45) l 9. 大腸がん l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

おつかれさまでした。
サザンさん、おつかれさまでした。
とっても、あたたかい職場だったんですね。素敵な方たちに囲まれてお仕事なさってた様子、伝わってきました。退職されるのは、ほんとうに残念だけど、きっと素敵な関係は、形を変えて力になっていくんだと思います。

いろんなことに臆病になるの、とってもわかります。
私も術後は自分でも、なさけないくらいに臆病になって・・・。
サザンさんと同じで、痛みには強いタイプと自負してました。あっ、ただ、サザンさんの戦歴(けがの)には、たちうちできませんが(笑)。
それが今じゃ、自分でも情けないくらの小心者、いったいどうしちゃったんだろうと思います。
なんか、病気したことで、自分に自信がなくなっちゃのかなぁ。怪我や出産は、先がみえてることだけど、得たいの知れない不安に伴う痛みは、こころにまできてしまうのかも。
映画なんかでも、前は残酷なシーンがあっても、自分とは関係ない感覚でみてたけど、今はとってもこわい。思わず目を覆ってしまいます。
病気になってからは、自分に何が起こってもおかしくないんだっていう思いが染みついちゃったのかな。
私も、このままエスカレートしたらどうしようって、思ってました。でも、サザンさんのお話を聞いて、自分だけじゃなかったんだって思って、ちょっと安心。
サザンさんがおっしゃるように、私達は、まだまだいろんなことに立ち向かっていかなきゃなんないかも、でも、ちからづよい味方のみんながいるから、きっと大丈夫。きっとがんばれる。
検査、きっと痛くないよ。今はどんどん改良されてよくなってるから、きっと大丈夫!
私も検査の前の日は、素うどんで、しのいでました。
ただ、ねぎもない素うどんは、ちょっと悲しい。
終わったら、ごちそう食べてね\(・<>・)/。
2013.10.22 Tue (18:34) l Atsuko. URL l 編集
Atsukoさんも?
同じように感じていられたんですね。
自分だけじゃないとわかってホッとしました。
Atsukoさんの言うように、目に見えるものはどんなに痛くても血が出ても、時間が経てば治るとわかってるから大丈夫。
でも、何が起こってるのかわからない体の中のことは、見えないだけに不安なんですよね。
外科病棟と内科病棟の雰囲気が違うってことと同じなのかな?
怖いものは怖い、痛いものは痛いはしょうがないってことで!

素敵な関係は形を変えて力になっていく・・・
ジーーーーン。  素敵な言葉をありがとうございます。
2013.10.22 Tue (21:40) l サザン. URL l 編集
No title
大腸検査、痛み止めが効きますようにv-237
無事を祈ってますv-238

私も、出産のとき、耐えていたほうです。叫ぶ人がいるのを信じられませんでした。
(^^)
今回の術後、麻酔から覚めたときの寒気がひどくて(出産のときも寒気がひどかったでした)
ものすごい寒気で、
「寒いから泣いていい?」って言って
泣いちゃいました(基本泣いてはいけないと思っていて、許可とりました)(^^)
南極で凍え死ぬときはこんな風なのかなって思ってしまいました。v-40

痛くて泣いたことはないです(^^)v

日々、下痢したり体調くずすと、再発を心配することもあるけど、e-263
仕事で忙しかったりすると、病気のことは忘れちゃいますね~。v-222

サザンさんも大丈夫ですよ~~~v-91
e-68e-68e-68e-68







2013.10.22 Tue (22:19) l KERO. URL l 編集
No title
麻酔から覚めたとき寒かったよね~!
熱がどんどん上がってる時だったからね。 電気毛布を2枚かけてもらったけど寒かった~。 上がりきると今度は暑くて暑くて。
でも、泣いていいか確認とったの? 可愛い(#^.^#)

私は抗がん剤の筋肉痛でほんとーに泣きました。
ロキソニン飲んでもたいして効かなくて、気が狂うかと思ったほど。 
夫がビックリしてた(笑)

検査2時からなので一緒に祈っててください(^^)/~~~
2013.10.23 Wed (09:41) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/178-bd2796a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)