整形外科で出された薬を飲んで約1週間。
薬は単なる痛め止めだったのですが、炎症を抑える成分も入ってると言われ
ちょっと期待を・・・

してたのですが、全く変わらず。

次に出されたのはロキソニン。
これ、抗がん剤の5か月間、筋肉痛と発熱でほとんど毎日おやつのように
食べてた・・・  いや服用してたよ
やっぱり捻挫に効く内服薬なんてないんでしょうね。



で、またベッドに寝かされ膝を中心にいろいろな角度に曲げられ・・・


これは?


大丈夫です。


これは?


大丈夫です。


これは?


△※■☓! いーーーっ! △※■☓!



あー靭帯だね。 でも軽いから安静にしてればそのうち治るでしょう。


おじいちゃん先生にそう言われました。
安静にできるのはまだちょっと先ですが、治ると言われたので安心しました。
とりあえず過保護にしてます





       abc.jpg
       
          昨日誰もいなかったから記念に?撮っちゃった。
         鏡、上下じゃなくて横に拭けば良かったのかなぁ?
             床に敷いてあるマットが1枚約20キロ。
   一人でバーの設置からマットを敷いてガムテープで留めるまで25分。
         20分の壁を越えたかったけど、記録更新ならず

       

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!
2013.10.08 Tue (13:57) l 17.日常のいろいろ l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

良かったね。
良かったね、治るんだね。ほんっと、良かった。
焦らず、がんばってね。ぜったい、大丈夫!
私の脊椎管狭窄症は、もう五年以上前からでした。もともと腰痛があったんだけど、母の介護で、ついつい無理しちゃったら、ガクンときちゃいました。
寝てるときも、ずっと痛みと痺れがあって、もう一生つきあう覚悟をしてました。おまけに狭窄症の特徴で、15分以上連続しては歩けなくって、階段もつらくって、四年間は足をひきずってました。
子供たちを育てた思い出の家も、階段がたいへんで、主人が私の様子を見かねて、駅近のマンション探してきたので、思いきってリハウス。
整形外科に通ったんだけど、私の場合は痛み止めだされるだけで、なかなか根本的治療は無理みたいでした。がまんできなくなった時点で手術を提案されてたので、痛みと脚のしびれは、治ることはないんだって、完全にあきらめモード。
でも、ある日、同窓会で久しぶりにあった友達が針灸院開業してて、「ぜったいに治してあげるから、おいでよ。」っていう嬉しいお言葉をいただいちゃいました。すがるような思いで通った結果、なっ、なんと、一年かけて治りました~~!
主に指圧をうけてたんだけど、ほんと薄紙をはぐように楽になって、気がつけば、ほとんど痛みもなくなって、普通に歩けるようになりました(喜)。奇跡だ~~~、嬉しかったよ~、だって本当にあきらめきってたんだもん。
でも、その後、ガンになっちゃったんだけどね(悲)。
でも考えてみたら狭窄症がひどいまま、手術になってたら、おそろしいことになっていたような・・・。だから、やっぱり、感謝、感謝です。
私のような例もあるので、サザンさんもぜったい大丈夫。って、私のようなひどい例と、一緒にされちゃ、たまんないよね。ごめん、ごめん。
治療法はいろいろあるだろうけど、私のような例もあるので、あせらず、あきらめず、自分に合った方法をゆっくり探してね。きっと、大丈夫。
ところで、サザンさん、すごい仕事師だねぇ。びっくりしちゃった。ついつい頑張ってしまうお方とお見受けしました。でも、これからは無理しないで、安静にしてね。\(^ⅴ^)/
2013.10.08 Tue (22:18) l Atsuko. URL l 編集
Atsukoさん・・・
もう言葉を失うくらいの、壮絶な体験をされてきたんですね。
簡単にわかるなんて言ってはいけないと思いますが、
どんなに辛かったか・・・ 大変だったか・・・
Atsukoさんのご苦労がひしひしと伝わってきました。
でも治って良かった! お友達の熱い思いがすごいです!
私からも「ありがとう!」と言いたいくらいです。
そして本当に、治ってからの手術で良かったですね。
Atsukoさんが前向きに努力されたから最悪の事態を免れたんですね。

私はAtsukoさんの言うように、ついつい頑張りすぎてしまうくらい
足腰や腕力に自信がありました。
ガンも怖いけど、歩けなくなくなることが怖いことも知ったので、
これからは無理をしないで上手に頑張ろうと思います。
Atsukoさんも、どうかこのまま現状維持が続きますように!
2013.10.09 Wed (01:58) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/174-b38346e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)