2013/8/28

湿度の高い暑さから解放されて、やっと過ごしやすくなりました。
そんなことを言ってるうちに 「寒い寒い」 と、毛布を出す日もきっとすぐ
四季を楽しめる日本って素敵です。


さて、9月はがん征圧月間だそうで、NHKのハートネットTVという番組で面白そうな特集を見つけました。
テーマは「がんサバイバーの時代

がんサバイバーとは、がんと診断された後、今を自分らしく生きようとする人たちを指す、アメリカ発の考え方だそうです。
最近よく使われる言葉ですが、そんな意味があったようです。

治療や診断技術の進歩と共に、がんの治癒の目安として使われる、
「5年後の生存率」 は1970年代の30%から大きく上昇して50%を超える今、
「生か死か」 だけでなく、治療をしながら働き、生活を送る時代。
がんを抱えながら自分らしくどう生きるか が大きなテーマだそうです。


以下、番組HPより内容を抜粋しました。

第1回 自分らしく今を生きる 《9月2日(月)》
34歳で乳がんと診断された新聞記者の11年の軌跡を通じ、がんサバイバーとは何かを考えていく。

第2回 がんを抱えて働く 《9月3日(火)》
「就労」の問題を考える。
医療の進歩と共に、がんを治療しながらも普通に社会生活を送り、働く意欲も能力もある人が増えています。
しかし、社会の 「がんになったら働けない」 という根強いイメージの中で職を失うなど、就労の問題にぶつかるがんサバイバーが後を絶ちません。
民間団体の調査では、働いていた人の4人に1人が、解雇や依願退職で仕事を失っています。
医療の枠をこえ、がんサバイバーの就労支援のためのワークショップを始めた病院など、最前線の現場を通して、がんになっても安心して働ける社会には何が必要なのか考えていきます。

第3回 人生を生き切るために 《9月4日(水)》  
がんサバイバーの最終ステージとされる 「人生の締めくくりの時」を24時間365日体制で支える医療現場から。
東京 立川市にある在宅ケアクリニックでは、毎年約200人の死を看取ります。 
その6割はがん。
井尾和雄院長は、「納得できる最期」 を迎えるための条件として、“痛みや苦しみを和らげる医療とともに、本人や家族が残された時間を自覚し、覚悟が出来ていること” をあげます。
自分らしい人生を生き切ろうとする人たちを見つめます。


私は、今一番身近な問題の2回目が楽しみです。
興味を持たれた方は、見逃さないようにメモしていってくださいね


放送時間は20時~20時29分。
再放送は翌週の同じ曜日、13時5分~13時35分。
番組のHPです →  NHK Eテレ ハートネットTV



NHK.jpg



--------------------------------------------------------------------


そうそう、先日のコンビニは私の意見がちゃんと反映されてました
陳列棚の照明は点いていましたが、 はひんやりと冷たかったです。
私は照明のせいで温まってたのかと思っていましたが、そこはカン違いでした。
あの電話1本ですぐに対処してくれたことに感激
今日買った舞茸おこわと海老マヨネーズの はグニャっとしてなくて、美味しかったです。


2013.08.28 Wed (16:22) l 6. 子宮体がん l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

No title
サザンさん、こんにちは。
番組、興味深いです。ぜったい見ますね。
私は検診のたびにびびってます。なかなか潔くはなれなくて・・・。
腫瘍マーカー、すごく上がるわけじゃないんだけど、下がるわけでもなし。何なんだろう。
友達がサザンのライブ行ってきて、報告来ました。
桑田さん、みんなの体調をとっても気遣ってくれて、途中にバラードつづけて入れて、「みんな座って休んでね。」って、言ってくれて、けっこう座ってる時間あったそうです。それだったら行ったらよかった~。
立ちっぱなしは体力的に自信がなかったので、パスしたのに。残念です。
2013.08.29 Thu (20:10) l Atsuko. URL l 編集
Atsukoさんへ
4日仕事が続き、やっと明日休みです。 嬉し~!

検診の度にビクビクするのはみんな同じですよ。
私はその時にPETの結果も言われるので、怖さが増しました。
潔くなんて・・・ 私もたぶん一生無理だー (-_-)

桑田さんはいつも客席を気にしてくれます。
「身体に優しいサザンでーす」 とか、
「座れって言ってるのに立っちゃうの? 知らないよ!」 とか(笑)

私が行ったのが初日だったせいか、バラードでも立ってる人が多かったです。
でも、周りが立ってても辛いときは座って足を擦ったりしてました。
私が大丈夫だったんだから、若いAtsukoさんはもっと大丈夫! 
今度はぜひライブに!
そうそう、こんなことも・・・
「俺なんかついコンサートって言っちゃうんだけど、今はライブって言うんだってね」って。 
もう、だから桑田さん好きだわ~!

Atsukoさん、いつもありがとうございます。 嬉しいです(*^_^*)
2013.08.29 Thu (23:10) l サザン. URL l 編集
実は・・・
サザンさ~ん、私、若くないんですぅ。
サザンさんより、月うえか、一つ年上かも・・・・。
子宮体がんていうのも同じで、勝手に親近感感じちゃってます。(ご迷惑かも)
これからも、よろしくお願いします。
2013.08.29 Thu (23:21) l Atsuko. URL l 編集
あら!
私の方こそ勝手な思い込みですみません。
貴重な同年代なんですね!  私も親近感を\(^o^)/
なんか、今メールみたいで楽しいです(笑)
2013.08.29 Thu (23:40) l サザン. URL l 編集
No title
こんにちは。
昨日、この番組偶然見ました。
「がんサバイバー」
10年前は今とくらべると
がん患者にとってよくない世の中だったようです。

私は、幸いなことに仕事に戻れましたけれど
色々大変な状況のようですよね。
そのあたりは今日の放送かな?(^^)

健診ではドキドキしますけど・・・

私、普段、自分ががん患者だってこと
忘れちゃうのですよね。
(もちろんトイレに行くたび思いだしますけど)
(^^)

告知されたときはものすごくショックだったけど
その後、がん患者という自覚がなくて
ただの病気くらいにしか思ってなくて・・・
のほほんとして、ケロっとしてます。

なので、わざわざ
「がんサバイバー」などと名前をつけちゃうのも
私にとっては変な感じがしちゃいます。
私おかしいのかな?
(^^)へへへ
2013.09.03 Tue (14:35) l KERO. URL l 編集
確かに!
・・・ と、うなづいてしまいました。
私も排尿障害やらステントやら今度の大腸検査など、
病院とは離れられませんが、大元のがんとは全く別個の
もののような気がします。
私たち、それだけ回復したという証拠ですよね。
昨日の放送では、やっぱりアメリカ人って根っから陽気で
ダイナミックだなあ・・・と思いましたが、
KEROさんはその上をいくかも (^o^)/
今日はちょっと前に帰って来たので、これから録画したものを観ます。
その前にゴハン!ゴハン!
今日はヒヤヒヤしたことがあったのですが、また後で(ブログで)
KEROさんとこのワンちゃんたちかわいいです!!!
2013.09.03 Tue (22:37) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/162-627c2431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)