残暑お見舞い申し上げます 


昨日は術後6回目のステント交換に行ってきました。
前回から4か月・・・  またまたあっという間の4か月でした。
3回やると一つ歳をとります・・・
そして、6回目なのに未だにちっとも慣れてません。

最近、導尿に使うカテーテルの入りが悪いことがあり、尿道も老化したり、
導尿を繰り返していると尿道が固くなったりするようなことを小耳に挟んだので
交換前にT先生に報告して、ついでに診てもらいました。

今、どう?

え? 何か入ってるんですか?

うん、ステントを掴むものが入ってるんだよ。

全く痛くないです

と、偉そうに言った直後、膀胱の内側をつねられたような痛み

いっ、痛っ!

はい、今これが入ってたんだけどね。  これが入って痛くないってことは
尿道は大丈夫だよ。 ステントの端を掴むのにこれの先を広げたんだけど、
その時が痛かったみたいだね。


と言っておもむろに見せたのは、シャキーーーン っと長いはさみ

えーーーーっ  そんな普通のはさみみたいなのが尿道にぃぃぃ
(声にならず絶句・・・)

カメラはこれよりも少し細いから大丈夫だよ

はさみを見てしまったショックからか、その後の膀胱鏡もステントが尿管を通る
時の痛みも、今回は感じませんでした。
が、最後にショックから覚めるような痛みがあった時、

どこが痛いの? 腎臓? 膀胱? 尿道?

答えようと、真剣にどこだろう と考えていたら終わってました。
たった15分くらいですが、今回も疲れてグッタリです。
でも、これでまた12月までは無事に過ごせるのです。  穴一つクリア~




昨日はこの後、この間のリンパ浮腫の治療院へ
病院を出てそのまま治療院へ向かい、着いたのは予約時間10分前。
な~んてムダのない、すばらしい読み     アブナイ! アブナイ!

前回から約10日。
 
自分でやってみると、たぶん記憶があやふやなところが出てくるから、
その時は確認するためにも間を空けずに来てほしい。


と言われていた通り、覚えているようで忘れていたことが幾つかあったので
行って来たのです。
また、うっとりのリンパドレナージを全身たっぷりやってもらいながら確認し、
昨日は完璧にマスターしてきました
今後は半年に1回でも、1年に1回でも、もちろん毎月でも、
自分がやってもらいたいと思った時に行けばいいそうです。

そして

聞きたいことが電話ですむことなら、いつでもどうぞ。
何か困ったことや相談があれば、閉店後なら長電話もかまわないので。
リンパ浮腫のこと以外の、今後の治療のことでも何でも、私がお答えできる
ことなら相談にのりますからね。


と、おっしゃってくださいました。
その頼もしさは前回の問診の時によ~くわかっているので心強いです。
とても良心的なセラピストさんに巡り合えてよかったです




長くなりますが、もう一つ。
20日はお盆休みが終わってから初めての仕事の日だったのですが、
朝、コンビニで買ったが傷んでいたらしく、食中毒になってしまいました。
仕事中は大したことなく済んだのですが、夕方から夜の10時頃まで、
上から下から大変なことに
幸い、ノロの時のが残っていたので次の日は何とか仕事に行けました。

そのコンビニのの陳列棚は各段に照明が付いていて、棚から取った時
あまりの温かさに不安が過ったのですが、カリカリ梅のだし、レジを通過
したので安心してしまったのです。
買ってから30分もしないうちに食べたのですが、グニャ~という食感を
感じながらも、全部食べてしまったことが後になって悔やまれました。

その日はそのしか食べてないので間違いはないと思い・・・
翌日、そのコンビニに一応報告の電話をしました。
定かではないので、苦情にならないように言葉に気をつけて、一通り説明を
したら、マニュアルで18~22度に温度設定をしているとのこと。

でも、そういうことがあったのなら今後検討します 

と、とても気持ちよく対応していただけました。

私の体調や免疫力の低下にも原因があるのかもしれませんが、やっぱり
あの温かさはちょっと危険だと思います。
お年寄りや子供だって口にするものですしね。
「お詫びに」 と名前を聞かれましたが、クレーマーと思われたくない小心者
なので控えさせていただきました


そして昨日、確かめるためにへ行ってみました。
私の記憶通り、ここは照明がなくエアコンの効いた店内の温度と一緒なので
も適度にひんやり。


術後間もない方、抗がん剤などで体力が弱ってる方もいらっしゃると思います。
私のような惨事にならないように十分気をつけてくださいね



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!

2013.08.23 Fri (09:02) l 7. 尿管狭窄 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/161-4baaa342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)