2013/6/5

気がついたら仕事に行き始めてから半年が過ぎてました。

時間に追われ、無我夢中で過ごしてきた半年ですが、
振り返れば色々なことがあって、短いようで長い長い半年だったかも・・・
「生活の中心が仕事」 だけは避けたかったのに、
そうなっている現状がもどかしいです

実は4月頃、仕事を辞めるようかと悩んでました。
体力、免疫力の低下をひしひしと実感し始めた頃でした。

力を入れることが多い仕事なので腹圧には気をつけるようにしてましたが、どうしても無理があったようで・・・
幸い疲れを感じることはないのですが、腎臓の辺りが重苦しいような、背中が張ったような不快感を感じることが度々・・・
腎臓に負担をかけちゃいけないことはわかっていたけれど、体力に自信があったから、どうにかなると思ってた。
プラス、気力で頑張れる みたいな。
でもその危険な過信に、最近やっと目が覚めたというか・・・

2月の初めに走ったことで(たぶん)進んだリンパ浮腫も、追い打ちを。
冬の間はしっかり素材の真っ黒の弾性ストッキングを穿いてたお陰で、自己流の適当なマッサージでも翌朝に響くことはなかったのに、今は回復しないうちに朝がきてしまいます。

夏用の弾性ストッキングは、気に入った肌色が見つからず、サポート効果のある普通のストッキングを穿いてたのですが、それがいけなかった
ここのところ、歩く度にリンパ液が下に下に流れてるんじゃないかと思うくらい、ズン・・・ズン・・・と、響く感じです。
まだ膝から下は浮腫んでませんが、ももはかなり浮腫んだままです。
戻らなくなる前に早く夏用を買わなくちゃ。

仕事のことは、弾性ストッキングを穿いてみて、身体と相談しながらもうちょっと考えてみようと思ってます。
居心地が良いので辞めたくなくて、ついつい頑張ってしまいますが、
一番大事なのはサザンの身体だよ 」 と言う、母や友人の言葉は最もで・・・
耳が痛いです

それから、風邪をひきやすくなりました。
仕事が始まり、外に出るようになった去年の11月から、もう5回もひいてます。
以前は7~8年に1回くらいしかひかなかった健康体だったのに。
しかも治るまでに時間がかかります。
ネバネバした透明の痰のようなものが2週間も続くので、治ったと思ったら次の風邪をひいているという・・・

抗がん剤のせいか?ホルモンバランスが崩れたせいか?わかりませんが、色素沈着に加え、張りと潤いのなくなった顔。

回復が止まってしまった排尿障害。
さっきなんてかなり自尿が出たのでこの時間は滅多に測らない残尿ですが、試しに測ってみたらまさかの200・・・

なにもかも地味に辛く、落ち込みます。
落ち込むと、いつの間にかハラハラと涙が出てることもあってビックリです。
生理もないのに blue day

そうそう、そんな落ち込むようなことも以前はなかった。
なんだか今、自分の身体に倦怠期っぽい感じです。
でも、この身体に飽きたと言ったところで、誰がどうこうしてくれるわけでも、自分でどうすることもできないんだけど・・・

これがずっと続くのかと思うと、軽い吐き気を伴う焦燥感。

でも、
ガンがおとなしくしてるからまだいいじゃん
今、辛い治療を強いられてるわけじゃない
このくらいのことでピーピー言ってどうするの
気持ちの浮き沈みは、卵巣がないんだからしょうがない
・・・って思えるポジティブなときもあります。

最近そんな風にポジティブとネガティブの繰り返し。
たぶんこれからも、命がある限りエンドレス・・・
今更だけど、ガンにさえなってなかったら・・・

もう少し自分に自信を持ちたいです



追記
今日は本当のblue day になってしまいました。
最期まで明るくて前向きだった彼女に、今日の私のブログが恥かしい・・・
彼女に負けないように、私ももっと強くなります。
ご冥福をお祈りします。



2013.06.05 Wed (17:03) l 6. 子宮体がん l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/141-6a89a644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)