2013/4/3

結論から言うと、今回もスッキリしないグレーでした

検査報告書の方がわかりやすいかも・・・というのと、自分の記録としてそのままの言葉で転記します。 (途中省略してます)


PET所見ならびに関連するCT所見
検査時、血糖値77mg/dl
消化管への生理的集積が目立ちますが、局所再発を示唆するような明らかな異常集積を認めません。
挿入された尿管ステントの先端付近(膀胱内)において、限局性に集積が強い部分がありますが、炎症のようです。
前回検査で指摘されている腹部傍大動脈にmultipleに見られる小さなリンパ節の中で、第二腰椎レベルの大動脈左側に見られるリンパ節には、FDG(薬剤)の淡い集積が見られます。 
サイズは前回検査とほぼ同様ですが、FDG集積がやや強くなっている印象を受けます。 
引き続きフォローをしてください。
その他の部位に転移を示唆するような明らかな所見を認めません。


上記以外の単純CTのみで見られる所見
松果体の生理的石灰化が見られます。
少量の心嚢液貯留が見られますが、貯留に関したFDGの異常集積を認めません。
明らかな肺転移、骨転移、肝転移、副腎転移、骨盤・鼠径リンパ節転移を示唆する所見を認めません。
腹水貯留を認めません。


腫瘍マーカー値
CA125(基準値 <35)   5.2     前回12/5  6.0  
CA19-9(基準値 <30) 13.3    前回12/5  12.3


腫れてるリンパ節は、無くなることなく今回も存在してました。
でも大きさは変わっておらず、所見では「集積が強くなった印象」とありますが、撮影の状況の違いなどもあるので 「これはそんなに気にしなくていい」 そうです。
リンパ節の腫れは、2011年11月から指摘されていますが、転移・再発だったらこんなに1年半も同じ状態ではないし、腫瘍マーカー値も上がってくるそうです。
なので、また4ヶ月後のPET/CT検査まで様子見となりました。


あなたの気持ちはわかるけど、心配しなくても大丈夫だからね。
でも 「フォローしてください」 って、検査の人ズルいよね~ 笑


もぉ・・・ こういうところが可愛いM先生です
ところで、
前回のPETの後、思いついたことがあり、先生に聞いてみたことです ↓


腹腔鏡とか体に負担のかからない方法で、腫れてるリンパ節だけを取ることはできないんでしょうか?

できますよ。 (即答でビックリ!) 
でも傍大動脈リンパ節の廓清は腹腔鏡だと難しいから、やるんなら開腹手術の方がいいです。 実際にリンパ節だけ取る手術した人もいますけど、明らかに転移疑いのあった人でね・・・
あなたの場合は手術のリスクを考えたら、まだそんな段階じゃないと思います。 そうなった時には考えてもいいですけど。



開腹手術はしたくないので却下となりましたが、万が一のときは、そういう処置もあるとわかっただけで、ちょっと安心しました。
転移予防に・・・とも言ってみましたが、今の私は、取ったところでガンは見つからないだろうということです。

でも、M先生も完全に白ではないと思っているわけで・・・
またしてもスッキリしない結果となりましたが、転移・再発と言われなかっただけ良かったと思わなくてはいけませんね



松果体というのは、頭の中にある内分泌器で、石灰化はよくある生理的なもの
らしく、心配はないそうです。
 
心嚢液というのは、心臓の周りを取り囲む袋と心臓の間に溜まる液体だそうで、
これも生理的に存在するらしく、心配いらないそうです。 


知らない間に色々なことが起こっていて、ビックリです。


 
2013.04.03 Wed (20:33) l 6. 子宮体がん l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
はじめまして!
友達と一泊旅行なんて良いですね♪
結婚してからランチで楽しむのみです。
目一杯楽しんできて下さいね!
2013.04.12 Fri (21:16) l かずちゃん. URL l 編集
こんにちは!
コメントありがとうございます!

私たちも今まではランチや映画、ショッピングだけだったんです。
3人とも、なかなか家を空けることができず・・・
それぞれ今ならv-357ということで計画を立てました!
温泉、お料理、お喋り、満喫してきま~すe-266

間違ってたらごめんなさい。 
一昨日のコメントの方ではないでしょうか?
2013.04.13 Sat (10:28) l サザン. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/122-3f807ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)