今日は友達のと「大奥」を観に行ったのですが、もう夜の上映のみになって
いたので、変更して「東京家族」を観てきました。

最初、妻夫木くんのお母さん役の吉行和子さんを、私の母に置きかえて観て
いました。
この間の土曜日の朝、友達との電話中に母からキャッチが入り「後でかけ直すね」 と言ったきりだったことを思い出し、ドキっ!
私からの電話をずっと待っていただろう母を想像して後悔・・・
たかが電話ですが、私が仕事をするようになってから電話さえも遠慮するように
なった母にはきっと楽しみだったはず。

映画に影響されて、
いざというときには後悔のないようにしたい。
そんなことを改めて考えながら観ていましたが・・・

ちょっと待って!
吉行和子さんは母ではなく、私?   そして妻夫木くんは息子たち・・・

そう置きかえる方が自然なのに、自分が死ぬなんて全く考えもしていなかった
ことが可笑しい。
ほんとに最近は、自分がガンだったことが実はウソだったんじゃないかと思う
くらい他人事です

そして映画を観終わってからと一致した言葉。

やっぱり女は先に逝けないね!

逝けない。 逝けない。
男は弱いから・・・  一人では生きていけないから。

はきっと、私にハッパをかけてもくれたんだろう

映画でいろいろなことを考えさせられ、
美味しいランチをしながらのお喋り。
欲しかった大きめのバッグも買えたし。

ここのところ時間の余裕がない毎日でしたが、リフレッシュできましたー

あ、帰ってから母に電話をして、親孝行?もしましたょ



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです
2013.01.30 Wed (23:59) l 17.日常のいろいろ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sas0037.blog.fc2.com/tb.php/108-fd485226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)