2017/4/7

一昨日は暖かかったですね~
暖冬のわりに3月の低気温が続いたことで開花の遅れていた  
開花前線はもう北陸や東北へ移動しているそうですが、週末のお天気は桜にとって試練の雨風になるらしく、せっかく咲いたのにお気の毒です。



そんな一昨日、早々と七分袖のシャツで友人とランチをしてきました。
中学、高校と一緒だったKちゃんです。

Kちゃんを迎えに行ったら、お庭のソメイヨシノシダレザクラ の大きな木に目を見張りました。
ほぼほぼ満開の桜と、後ろには桃の木もたくさんの花を咲かせていました。
Kちゃん一家、毎日お花見しながらおうちゴハンが食べれるなんて、なんと贅沢なことよ・・・

1704051.jpg
右下の赤い屋根は家の屋根ではなく “長屋門” といわれるものです。
門番のお部屋なんてものも未だに残っていて、Kちゃんが結婚して初めて遊びに行ったときは、ちょっと怖かった思い出も^^;



1704052.jpg
3月の始め頃からこのシダレザクラの天辺に、毎朝ウグイスがやってくるようになったらしいです。
ウグイスなのに最初は鳴くのがヘタッピだったそうで、日に日に上手になってきてるのが可笑しいんだって 



Kちゃんからランチのお誘いのがあったのは、先日の「世界フィギュアスケート選手権」 男子のフリーが終わったときでした。

K 今ね~一人でスケート観てたの
S 私も観てたよ! 結弦くんすごいよねー! 
  ショート5位からの逆転優勝、しかもフリーで世界最高得点出しちゃったよー! 
K ほんと結弦くんすごすぎる! 眩しいわ!


私は去年ステントがきっかけで知り合ったガムザッティさんの影響で何年ぶりかに男子フィギュアに熱くなっているので、この喜びをこの瞬間にKちゃんと分かち合えたことが嬉しくて
興奮冷めやらぬまま、知ったかぶって解説してしまいました~
もちろんこの話題はランチのときにも続きました。




◆◇◆◇◆◇◆◇
ショート5位からの発進となったため、逆転優勝するためには1つのミスも許されない極限状態にありながら、鬼門であり続けた4回転サルコウ-3回転トウループのコンビネーションジャンプの成功を決め、念願のノーミス・パーフェクトの「Hope & Legacy」を私たちに見せてくれた羽生選手。
その瞬間に立ち会えたことに感動し、まさに 「ありがとう」 でした。

その感動の全てが ガムザッティさんのブログ で素敵に描かれています。
ぜひぜひご覧ください

4月19日4月20日~4月23日に、今シーズン最後の大きな大会 「世界フィギュアスケート国別対抗戦2017」 が開催されます。
来年2月に開催されるオリンピックにも団体戦があり、この大会はまさにその前哨戦にあたるものだそうで、羽生選手、そして世界選手権で2位になった宇野選手の出場が決まり、注目度の高い試合になっているそうです。
テレビ朝日で放送があります。 お時間ありましたら一緒に応援しましょう!




さてランチですが、今回はしゃぶしゃぶの食べ放題に
といっても、お肉は1人3皿までの999円コースにしました。
3皿でも豚肩ロース肉が1人に15枚ほどあるので、私たちには十分でした。 
野菜、うどん、中華めんなどの具材の他に、ちらし寿司、カレー、デザートなども食べ放題です。 お野菜、どれだけ食べたかなあ・・・
シアワセ シアワセ

1704055.jpg

二人とも同じように食べてた気がしてたけど、

「前から思ってたんだけどさあ、○○ちゃんって胃下垂?」

って聞かれてしまった
   




1704054.jpg

食べ終わったあとの画像ですみません。
主役は〆の小豆ソフトです。
昔、喫茶店?のようなお店にこれがあって、二人で学校の帰りにしょっちゅう寄り道してました。
これを食べながら男の子の話しばっかりしてたっけ。
懐かしい思い出に浸って、お腹も胸もいっぱいになって帰りましたとさ。




2017.04.07 Fri (14:16) l 17.日常のいろいろ l コメント (6) トラックバック (0) l top
2017/4/11  

2月に受けた、マイクロサテライト不安定性検査の結果を聞いてきました。


1704111.jpg

よくわかりませんが、この5項目で検査をしたところ、結果は陰性でした。

2月の採血から約2ヶ月。
この間に少し環境が変わり、あの頃は漠然と、どちらの結果が出ても良いと思っていましたが、今は陰性という結果に胸をなでおろすことになりました。

ただし、何回も言われていることですが、

1704112.jpg
(T先生が書いてくれたもの)

陰性の結果が出た人の中に、5~10%の“偽陰性”の人がいること。

マイクロサテライト不安定性(MSI)は、リンチ症候群の95%以上で認めれるが、
遺伝とは関係ない散発性大腸がんでも10-20%程度に認められること。


以上のことから 「これは私の個人的な意見ですが」 という前置きのあと、
結果は陰性でもに基づいて検査を受けてほしいと、T先生に言われました。

201701135.jpg

私のことを思っての温かさが嬉しかったです。
私も今までのカウンセリングの雰囲気から、それはしっかりインプットされていたので、最低でもこれらの検査は受けようと思っていました。

2月にピロリ菌の検査と胃カメラを受けたのも、これを意識してのことでした。

尿路系は、ステント交換のついでにエコー検査をしてもらうよう泌尿器科の主治医にお願いし、予約済みです。

膵臓・胆管は、大腸内視鏡検査を受けている消化器内科の主治医に相談することになりました。

結果は陰性でしたが、今後もこのようにきちんと検査を受けていこうと思います。
私の意識を高めてくださった方々や、数回のおつき合いでしたが親身になってくださった遺伝外来の先生方に、心から感謝しています。



2017.04.11 Tue (23:57) l 15.リンチ症候群 l コメント (6) トラックバック (0) l top

2017/4/15

友人MとCとは女同士でときどきランチなどします。
が、ダンナたちも一緒となると、それぞれの仕事の関係で、たかがゴハンでさえも調整が難しいのですが、先日やっと6人の都合が合って久しぶりに集まりました。


そんなわけで記念写真^^;
たまたま近くで飲んでいた子どもも数名合流~


1704151.jpg


ここは居酒屋さんですが、鍋料理もあって家庭的な雰囲気で落ち着きます。
お勧めの自然薯のコロッケ、自然薯の磯辺揚げが美味しかったです。
サービスで出してくれた、お豆腐で作ったレアチーズケーキも美味!
そんなものを作りそうもない店長のビジュアルにギャップ萌え~


お酒は迷いましたが、また変になりそうな予感がしたのでやめときました。
でも、Mにちょっともらった生ビールはすごく美味しかった!
ハイボールと久保田とレモンサワーもちょっとずつ飲ませてもらいました。
いちお、ちゃんぽん 


何度となく書いてますが、私たち6人は高校の同級生。
昔を懐かしんでバカ話しに花が咲いても、
誰一人過去に執着しないのは今が充実しているから。 
みんな前を向いて一生懸命がんばってます。


そんな自慢の仲間が40年経っても(ひぇ---
変わらずにそこにあることの尊さ。
確かなものはなくならない。


素敵な縁(えにし)に乾杯~の、楽しい楽しい夜でした




2017.04.15 Sat (17:10) l 17.日常のいろいろ l コメント (8) トラックバック (0) l top
♥ 骨粗しょう症についての今までの流れ (赤い数字押すと記事に)
   2015/11/12  市の骨量測定を受ける
   2016/1/7    ↑酷い結果だったため腎代謝内科で相談
   2016/6/15   DXA(デキサ)法レントゲン検査を受ける
   2016/6/30   ↑結果



2017/6/7
前回のDXA(デキサ)法検査から1年後、同じ検査受診。

《去年の画像》
201707171.jpg
同じ年齢の平均骨密度と比較して99%に相当。
若年成人の平均骨密度と比較して85%に相当。


《今年の画像》
201707172.jpg
同じ年齢の平均骨密度と比較して99%に相当。
若年成人の平均骨密度と比較して84%に相当。
去年の骨量とほとんど変わらず。
今年も 「年齢・卵巣を取って6年経っているのに良い状態」 と言われた。
特にカルシウム摂取を心がけてなくてのこの結果に、とても安心。
それより、背骨曲がってるけどいいの?


2017.04.17 Mon (00:00) l 13.骨粗しょう症 l top
2017/6/9

今までの主治医が異動になり、今回から新しい先生に。
1時間待ってやっと順番がきたが、前主治医の採血・採尿オーダー漏れのため、採血室から出直し。
それがないと判断する材料がないことくらいわかるだろう!と、疑問に思いながらもボ-っと待っていた自分にも呆れた。
結果は、腎機能をみる数値eGFRは46%とほんの少し上がってはいたが横ばい。
クレアチニンは0.97(基準値0.80以下)と、ちょっと高めでいつもと変わらず。
でも、いつも+/-だった尿蛋白が初めて- だった!
そして、尿Creaがこの1年半で4回受けた尿検査のたびに下がっていることを指摘され、新しい先生はそこをとても評価していた。
前主治医と同じく、現状維持でOK。 この先突発的な問題がない限り自分の腎臓でやっていけると言われた。
二人の先生に同じことを言われると信憑性が増してくる。 嬉しかった。


2017.04.18 Tue (00:00) l 8. 腎機能 l top