腎機能経過観察のための、半年に1回の定期検診に行ってきました。

腎機能をみる数値eGFRは42%で、ここのところ微妙に下がり続けているのが気になりますが、主治医は今回も 「問題ないよ」 でした。
このまま食事に気をつけ、血圧を維持できれば大丈夫だそうです。

血圧は今年の春~夏にかけて、ちょっと高い時期(120/80くらい)が続いたので、腎機能の低下からいよいよ高めになってきたのかと軽く凹んでいたのですが、今はまた110/70くらいに下がったまま維持できています。
これは何だったのか全くわかりません。

食事は、正直そんなに意識していません。
塩分の濃いものを摂らないように、とか、そんな普通のことだけです。
それでも先日、お寿司を食べた後に身体全体が浮腫んでしまいました。
お醤油は極力少な目に付けますが、食後30分で浮腫むので、塩分が原因であることがハッキリわかります。

先日書いたようにリンパ浮腫は軽くなったまま継続していますが、この浮腫みのときはやっぱり左足が特に浮腫むので、治っていないことを実感します。
こんなことも引き金になるかもしれないので、寝た子を起こさないようにしなければ・・・です!

腎代謝内科は半年に1回の受診なので、次回の6月の予約と一緒に、今年の6月に受けた骨密度の検査【DXA法】の予約もお願いしてきました。

入力に時間がかかり(いつも)や-っと予約が完了したと思ったら・・・

6月はもう僕ここにいないんだけどさあ、代わりにくるハーバード出た優秀な先生に引き継きお願いしておくから心配しないでね。

と、いつものお姉言葉で 突然のお別れを告げられました

もう一つの方の病院に専属で行かれるそうです。

このあとステント交換の予約も入っており、そちらの予約時間が迫っていたのでハラハラしていたのですが、途中で看護師さんが、

サザンさん、ここが終わったら泌尿器科の方ではなく、直接処置室の方に行ってくださいとのことです

と、伝言を伝えに来られたので更にハラハラ。

もうT先生待ってるんでしょうか?

ううん、もうそろそろ外来が終わりそうなので、ってことらしいので、慌てないで行ってくださいね

なに?僕の診察が遅いっていうの?

いえ、決してそのようなことは言ってません  びしっ!   

おもしろい看護師さんと目で笑い合ってしまいました~




というわけで、腎代謝内科の可愛い主治医とはこれが最後になりました。
外見とは裏腹に、腎機能のことでは私に自信を与えてくださった頼もしい先生でした。
2年半ありがとうございました



2016.12.09 Fri (23:35) l 8. 腎機能 l コメント (2) トラックバック (0) l top
2016/12/9

前記事の、腎代謝内科の診察が終わって急いでレントゲンテレビ室に。

もうT先生が待機してるのかと思いきや、先生はまだ外来が終わらずに、みえてはいませんでした。
ここに来てすぐに着替えて処置台に・・・ は、あまりにも酷なのでホッと一安心。
腎代謝内科が混んでいてハラハラしたけれど、T先生が降りてくる時間も大幅に遅れたため、先生を待たせずに良かったです。
やっぱり師走の病院は毎年どの科も混むようです。

さらに私の前にもうお一方、同じT先生の患者さんが待っていられたので、心の準備をする時間は十分にありました。
年配の女性で、優しそうなご主人が付き添われていました。
この方はどうやら腎瘻カテーテルの交換処置だったようで、少しお時間がかかっていました。

今回は病院の混み具合を計算できずに腎代謝内科の診察前に座薬を入れた為、交換の処置までに2時間半も経ってしまいました。
座薬の効力切れの不安がありましたが問題なく、痛みは殆どありませんでした。
しかも、看護師さんの消毒などの前処置を入れないと、交換自体は3分かかったかどうか?という神技的な速さでした。
これなら安易に麻酔をしないのも頷けます。

それでもいつくるかわからない痛みへの緊張はあり、終わった直後は放心状態。
若い看護師さんに背中をトントンされて解けました。
あれで赤ちゃんが泣きやむの、わかった気分です
でも、ステント交換への恐怖心は確実に薄らいできています。
私の交換が続く間は、どうか先生の異動がありませんように

次回の3月の交換の予約表と、いつもの3日分の抗生剤をもらって病院を出たら、終わったのが17時という今までで一番遅い時間だったので、外の暗さに驚きました。
車のライトを点けて帰ったのは初めてのような気がします。



«««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««««



今日からフィギュアスケート“グランプリファイナル”が始まり、羽生結弦選手の大会 2連覇 4連覇(訂正ですm(__)m)が注目されています。
先日の札幌でのNHK杯では優勝を飾りましたが、その大会を観戦されてきた、ガムザッティさんというブロ友さんがいます。

ガムザッティさんは昨年9月、右腎臓の腎盂腎炎がきっかけで左腎臓のがんが発覚しました。
『左腎を全摘し、その後は人工透析』 というショックな告知を受け、それに納得できずにご自分で色々な病院を廻り、『分子標的薬治療後、腫瘍のみ部分切除でOK』 と言ってくださる先生に巡り会うことができました。
今年の8月にその手術が無事に終わり、先日のNHK杯を全日程観戦されるまでにお身体を回復させた頑張り屋さんです。
尿管ステント繋がりでお付き合いが始まったのですが、共通の腎機能の悩みや不安など、いろいろと参考にさせて頂いてます。
そんなガムザッティさんは、羽生選手の応援ブログを書かれています。
羽生選手や試合の情報はもちろん、綺麗なお写真がたくさんあり、まるで画廊にお邪魔したかのような素敵なブログです。
テレビでは一瞬でわからないことも、楽しくお勉強できたりします
フィギュアスケートや羽生選手にご興味がおありの方も多いと思い、ご紹介させていただきました。

↓こちらから入れます。

「羽生結弦選手・平昌への道~お一人様で応援ブログ~」

どうぞよろしくお願いいたします




2016.12.09 Fri (23:38) l 7. 尿管狭窄 l コメント (8) トラックバック (0) l top


先日、小林麻央さんのブログで 《今年の漢字》 が発表されたことを知りました。

今年の世相を表す一文字の漢字で、一番票を集めたのは「金」でした。
一応理由を載せます↓

リオオリンピックにおける日本人選手の「金」メダルラッシュで、日本中が感動と興奮に包まれた年。
4 年後の東京オリンピックへの期待、明るい日本への願いを込めた漢字として「金」が最多に。
前東京都知事の政治資金問題、築地市場の豊洲移転問題、東京オリンピックの巨額経費問題など、政治と「金」(カネ)に絡む問題が次々と浮上した年。
イチロー選手のメジャー通算3000本安打達成や、レスリング・伊調馨選手の五輪4連覇などスポーツ界の「金」字塔。
マイナス「金」利の初導入。
米大統領選を制したドナルド・トランプ氏から連想される「金」髪。
「金」色の衣装を身に着けたピコ太郎さんの『PPAP』がSNS を通じて世界的大ヒットを記録。


などが理由だったそうです。
私も “世の中結局はお金じゃん!” というのを痛感した年でしたが、それでも「金」は出てこなかったなあ・・・

麻央さんは「苦」の文字がどーんと音を立てて降りてきたそうです。
もっと明るい文字にしたいと思いを巡らせても、「苦」が主張してきたそうです。
「まあそんな年があってもいいか、苦しみもがいた時も刻んでおこう」
と。
麻央さんの、フワッとしてるのに重みのある言葉にいつも心が洗われる思いです。
心が疲れたとき、悲観的でもなく、でも強がってもいない自然体な麻央さんに沢山癒されました。
来年は麻央さんに明るい文字が降りてくることを願ってやみません。

私は「人」「考」「心」と、3つも挙がってしまい、迷った末の「心」です。
今更だけど、こんなにも色々な人がいて、その数だけ考え方や気持ちに違いがあることを知った年でした。
人の心の複雑さ、繊細さ、難しさをこれほど考えたことはなかったと思います。
夫や姉妹、旧友でさえ互いに理解できないもどかしい時もありました。
自分の心でさえ舵をとるのが難しいのだから、あたりまえなんだけど。
でも、だからこそ絆の強さも再確認できた、特別な年でした。

それと、みなさまの温かい「心」、私を信じてくれた「心」の感謝の意味もあります。
ほんとうにありがとうございました



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



先日、友人とドライブに行ってきました。
横浜港に停泊していた飛鳥Ⅱに乗り込む人たちを見て、

「この船これからどこに行くんだろうね~」
「世界一周とかじゃねーの?」

「みんな大きいトランク持ってるもんね」
「いつか私たちもこれで世界一周しようね!」

と、固く誓い合った私たちでしたが、
これは横浜港一周のワンナイトクルーズでした~
ああ、近くで笑いを堪えてた人が何人いただろう

4人でドライブしたのは久しぶりでした。
この日都合がつかなかったC夫婦と、来年こそは6人で旅行に行きたいです。


1612231.jpg




2016.12.23 Fri (21:48) l 17.日常のいろいろ l コメント (8) トラックバック (0) l top

あと2時間ほどで2017年になります。


昨日までバタバタだったけど、今は紅白観ながらこれ書けてます。
SMAPは特にファンではなかったけど、やっぱり解散は淋しいな~。
中居くん泣いてたよね。

みんな仲良くは、そんなに夢みたいなことなんだろうか。



今日は大量の里芋を剥いたので手が真っ黒です。
でも美味しい煮しめができました!
お雑煮の準備も完了!
明日の朝が楽しみです



今年も私を支えてくださってありがとうございました。
ほんとうに、ほんとうに、心から感謝しています。

来年もよろしくお願いいたします。
みなさまにとっても幸多き年になりますように



2016.12.31 Sat (22:22) l 17.日常のいろいろ トラックバック (0) l top