お久しぶりになってしまいました。

新潟に行ったのがついこの間のような気がするのに、何故もう11月の半ば?
そろそろ年賀状と来年の家計簿を買わなくては・・・
年賀状は、年々 “無意味感” “義務感” が強くなってきてます。
それでもやめる勇気はないのですが



この1ヶ月。

母の踊りの舞台があったり・・・
1611152.jpg
79歳。 まだまだ頑張るそうです。




友人の娘のダンスの舞台を観に行ったり・・・
1611153.jpg
Aちゃん、バセドウ病を克服して舞台に立てるまでになりました




きみまろさんのライブを観に行ったり・・・
1611154.jpg
ニコにお土産~
笑うとこはわかってるけど、1度ナマで観たかったんです




バイクで遠出をしたり・・・
1611151.jpg
あ、ウソです。
夫の友人のハーレーに跨がせてもらっただけです  
え?風を入れたのにバレバレ?



以上、近況でした。




タイトルのリンパ浮腫ですが、ほんとうは 「治った?」 と、書きたいくらい軽くなりました。

元々そんなに重い方ではなかったので、家にいるときやちょっとした外出は、セシールのおやすみ着圧ソックスで過ごしていました。
弾性ストッキングは、1日がかりになりそうなお出かけや、ワンピースなど脚が出る服装のときに着用する程度です。

それでも、お風呂に入るために着圧ソックスを脱ぐと、その瞬間から脚がボワーンと膨らむのが気持ち悪く、上がったらすぐに穿き、そのまま寝るのが習慣になっていました。

8月の終わり頃だったと思うのですが、お風呂から上がってもボワーンがない日があったので、穿かずに寝てみました。
以前から起きたときに浮腫んでることは滅多になかったので、朝は問題なし。
そのまま家事をしても大丈夫。
家の仕事をするときは座りっぱなしだけど、足を水平にしていればOK。
夕方浮腫み始めたら着圧ソックスを穿く。
また穿かずに寝てみる。
大丈夫
そんなことを繰り返しているうちに、着圧ソックスですら全く穿かなくてすむ日が多くなりました。
弾性ストッキング類のものを何も穿かずにいられる日はもう来ないと思ってたのでちょっと驚きです。

自分の感想なのですが、穿いてるときは身体が圧に慣れてしまっていたのかな?なんて思います。
まだ完全に治ったわけではありませんが、いいとこ現状維持と諦めていたものが、治る方向に進んでいるのはとても嬉しいです。
それでも、また何かの拍子に悪化してしまう可能性も十分にあるので、油断しないように気をつけていきます。


お風呂での5分間マッサージはずっと続けています。
それと、以前敷き布団の下に作った“坂”も、あれからずっと継続しています。



2016.11.15 Tue (20:10) l 11.リンパ浮腫 l コメント (9) トラックバック (0) l top

去年の検診からちょうど1年。
今年もちゃんと受けてきましたよ~

きっかけは一昨年5月、左乳首の辺りに痛みを感じて受診。
痛みは1年半後の去年のマンモのときにもまだありましたが、最近は気づいたらなくなっていました。
自己触診はお風呂でリンパマッサージのついでに毎日しています。
なので今年は特に不安はなかったけれど、やっぱり定期検診は欠かせません。

最初の視触診のカーテンからは男の先生の声が聴こえたので、やだな~と思いながら順番待ち。
阿部サダヲさんにそっくりの若い先生でしたが、意外にもとっても親身にいろいろと話をしてくださいました。
自己触診のことを訊かれたとき、流れで子宮がん→リンパ浮腫のマッサージのことを話したら・・・

「リンパ浮腫はどの辺りが一番辛いですか?」 は、いいとして
「だんだん軽くなってきてないですか?」 って訊かれたときは
「どうして知ってるんですか!」 って思わず言ってしまいそうになりました

年数が経ってるのと、見た目にそれほど重く感じられないことでそう思われたようですが、私はこのタイミングにビックリでした 笑

視触診は異常ありませんでした。

そのあとのマンモですが、痛みがなくなったと思っていた左側の撮影時。
潰されたら激痛があり、まだ痛みが残っていることがわかりました。
技師さんがご年配の女性だったこともあって、不安になったことを甘えて聞いてしまいました。
そしたら私にもモニターの画像を見せ、これで見る限り心配はいらないと教えてくださいました。
年齢、閉経、卵巣を失くしてからの年数のわりには乳腺はしっかりあり、若い乳房とも言われました。 これはとっくにそう思ってなかっただけに嬉しかったです。
乳腺は、私が見てもわかるほど左側の方が多く、そのせいで痛かったようです。
今年も県で2台しかないというデジタルマンモ搭載検診車にあたったことで、その場で画像を確認してもらうなんてことができ、ラッキーでした。
受付のお姉さんはイレギュラーなことに渋い顔をされてましたが

マンモの結果は1ヶ月後に郵送されてきます。



下は、読売新聞で貰える冊子の中にあった記事です。
乳房のタイプで検査方法が違ったり、遺伝子異常がある場合はマンモが引き金になって乳がんになることがあるなど、興味深いことが書かれています。
ちょっと見にくいかもしれませんが、目を通していただけたらと思います。

1611231.jpg

-----------------------------------------------------------------------

乳房のタイプについては、こちら↓も合わせてご覧ください

1611236.jpg

1611238.jpg
------------------------------------------------------------------------
(画像はネットよりお借りしました)


《追記》
12/21、結果が届きました。 異常なしでした!
1612232.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



桑田佳祐さんの Newシングル「君への手紙」が “手紙” に因んで、本日11月23日 “いいふみの日” に発売されました。
映画「金メダル男」の主題歌として書き下ろされ、監督である内村光良さんからの手紙でのオファーに “返事の手紙” を書くように作られたというこの曲は、挫折してもチャレンジし続ける人を “ガンバレ” と後押ししている歌だそうです。
他の3曲はどっぷり昭和の歌謡曲って感じで、懐かしさがあります。

ご本人直筆による手紙も入っていて、まるで自分に届けられた手紙のようです
ご興味がありましたらお読みになってみてください。

1611232.jpg

1611233.jpg

1611234.jpg

1611235.jpg




2016.11.23 Wed (14:23) l 14.乳がん検診 l コメント (6) トラックバック (0) l top