こんにちは。

ちょっと間が空いてしまいました~
特に書くこともなく、穏やかに過ごしています。

と言いたいところですが、哀しいことが一つありました。
毎朝、家事の合間にブロ友さん、北斗晶さん、うにちゃん のブログを読むのが日課なのですが、1月の終わりにうにちゃんが虹の橋を渡ってしまいました。
私がそのブログを読みだしたのは3匹目のてんちゃんが来てからなのでまだ日は浅いのですが、飼い主さんの言葉やみなさんのコメント、過去の記事を読み直しては涙涙の毎日でした。
今は飼ってないけど、小学生の頃はてんちゃんに良く似た猫と一緒に寝てたので、落ち込んだときはてんちゃんの天真爛漫な可愛さに癒され・・・ 
うにちゃん亡き後もてんちゃんの存在に癒されています。
飼い主さんに一日も早く元気と笑顔が戻ってこれますように



先日、以前同じ職場だったKさんとランチをしました。
例のパワハラ上司Zさんの強烈なキャラは今でも会うたびに話題になります。
お互いにそこから離れた二人なので、今となっては笑い話ですが。
でも似たような人はどこにでもいるもので・・・
今のKさんの職場の宇宙人の、目がテンになる話で盛り上がり・・・

若い頃と違ってこの歳(同い年)になると、上手く付き合っていこうなんて気力もないね。 関わらないのが一番。 自分をわかってくれる人だけで十分だよね。

と、意見が一致した私たちでした。
そうやって自分を守っていかないとおかしくなってしまうww
Kさんは働きながら大学にも通っていて、いずれは得意の英語を活かして色々な国を渡り歩き、趣味のお菓子作りを勉強したいという壮大な夢を持ってます。
いつもいつも刺激を与えてくれる素敵な人です



下の写真はAtsukoさんが作ったキルトの作品です。
「完成したら写真を送ってね!」 と以前からお願いしていました。
あまりにも素敵なので私だけ楽しむのはもったいなく、Atsukoさんの了解を得てここに載せさせて頂きました。
250cm×225cmの大作! もちろん全部手縫いだそうです。
Atsukoさん曰く 「必要なのは根性だけ」 とご謙遜されてましたが、イヤイヤ・・・
よっぽどの根性がないと、これは完成できないと思います。
それと、抜群のセンスと手先の器用さも!
ダブルベッドカバーにもなるそうですが 「掛ける勇気がないよう」 って
当たりまえですよね~!
1602053.jpg

1602054.jpg

日本におけるハワイアンキルトの第一人者、キャシー中島さんの監修の元、毎年Atsukoさんの出身学校(後輩に藤原紀香さん)のOBの方々が主催してる展示会があるそうです。
新聞にも取り上げられるほどの盛況ぶりで、Atsukoさんのこの作品も新聞に載ったそうです。
この作品はキャシー先生からの合格を戴けたそうで、都内で行われる認定授与式にも出席されることになっていました。

授与式の日程に合わせて、またるるこさんと3人で2年ぶりに集まる計画もあったのですが、ご都合が悪く上京することができなかったため、残念ながら秋に延期になってしまいました
でも逆に秋の楽しみが増えました



そうそう、コーヒーにココアを入れるようになって2ヶ月が過ぎましたが、テオブロミンという成分の “幸福感をもたらす脳内神経伝達物質のセロトニンに働きかけ食欲を抑える働きがある” が作用してるのか?確実に食べる量が減りました。
そして2週間くらい前から身体全体が締まってきてるのを実感しています。
ココアの効果かわかりませんが良いこともあり、ちょっと自信がつきました


2016.02.06 Sat (15:13) l 17.日常のいろいろ l コメント (15) トラックバック (0) l top

2月14日
バレンタインデー
子宮がんの手術から今日で5年が経ちました

この5年間、ブログに書いてきたようにいろいろなことがありました
私の人生の11分の1の5年
喜び・怒り・哀しみ・楽しみ
その全てのことに意味があったと信じたいです

この先のことは “神のみぞ知る” で
どんな未来が待っているのかわかりません

いつも書いているように
困難なことに出くわしたら、そのときそのとき対峙して
今度は10年目を目指します

そのために私がやること

導尿して
定期的にステントを交換してもらい
リンパマッサージを怠らず
水分を摂って
煮干しを食べて
お日さまにあたって
運動して
たくさん笑って
寝る

たったこれだけ
がんばれ!




今までここにきてくださったたくさんの方々
いつどんなときも助けてくださってありがとうございました
優しく寄り添ってくださって嬉しかったです
一つ一つの言葉がどれだけ心強かったかわかりません
ここまでこれたのは、本当に、本当に、みなさまのお陰です

そして、かけがえのない家族と友達
M先生をはじめ、私を診てくださった各科の先生方

この日を迎えられたこと
全ての人に感謝いたします




2016.02.14 Sun (11:00) l 6. 子宮体がん l コメント (24) トラックバック (0) l top