7月に入りました。
梅雨明けまではもうちょっとありますが
“7月” という響きだけで、夏がきたようでワクワクしませんか
な~んて、なんの予定もないけど



先日、中学校のときの同窓会がありました。
5年に1回のペースで開催されているそうです。 (→今回知った)
前回は都合が悪くて出席できなかったので、私は10年ぶりの参加でした。
学年半分の約80人と、3人の先生の出席でした。
そして多いのか少ないのか、すでに7人が亡くなっていました。
55歳。 そんな歳なんですね。


10年前も感じたことですが、男子、わからない人が多い!!!
名前を言われ、フルネームは鮮明に思い出せるのに顔が一致しないという。
整形したの?っていうくらい面影がない人ばっかりで・・・
お化粧もしてないのに何故?と思ったけど、
男子はそれだけその後の成長が著しかったってことなんでしょうね。
あの頃、160cmの私よりちっちゃい子ばっかりだったし。


それに比べて女子はお化粧してるのにすぐわかる~
他のクラスの、話したことのない子までわかったほど!
もちろん、それなりに年齢を重ねた外見ではあるけれど、
あの頃とちっとも変ってないように思えるのが不思議なくらいです。


そしてやっぱり女子は若い!
みんなちゃんとオシャレを意識してるのに、男子は “〇〇洋品店” で買ったようなおじいさんっぽい服の子が多くて 笑
なんだかとっても男女のギャップを感じてしまいました。
ここが田舎っていうのもあるんでしょうけど。



3年生のとき、交換日記をしてた男の子がいました。
好きだったけど、お互い手も繋げないような年頃(時代?)で。
交換日記もほんの3ヶ月くらいしか続かず自然消滅。
その子は学区で一番上の高校に進学し、歯科医院を開業しています。
10年前の同窓会には来てなかったので、卒業以来40年ぶりの再会でした。

10分くらい話したのですが、住む世界の違いを大きく感じました。
きっと向こうも同じように思ったんだろうな~

あのままキミとボクが付き合ってたらどうなってたかなあ?

どうなってただろう。
私は冗談も通じないような真面目な性格になっていたのだろうか。
そんなことより “キミ” って言われたの、55年生きてきて初めてかも 笑
“ボク” って言って許されるのもM先生だけだよお~ 

センチメンタルな思い出が一つ失くなっちゃった 笑



10年前は2次会も3次会も行ったけど、今回はなんだか乗れず・・・
仲の良かった女子8人で、ファミレスにお茶しに行きました。
女子は話しが尽きない!尽きない!
幹事さんには悪いけど、同窓会よりこっちの方が楽しかったです






突然ですが、最近見つけたお気に入りです ↓
この時期、お弁当に最適です!

15711.jpg



そうそう、ごましおで思い出したことが。

長男が中学生になって、記念すべき一番最初のお弁当の話しです。
気合を入れて、煮込みハンバーグ、切り干し大根、玉子焼き、ウインナーなどを詰めたのですが、帰ってきたときの第一声が・・・

お弁当美味しかった~  ゴマのおかずがちょ~美味しかった!

ゴマ?
そんなおかず作ってないが?

よくよく聞いたら、ご飯の上にかけたごましおのふりかけのことで・・・

ごましおをおかずと言っちゃう長男にもですが、
ハンバーグがごましおに負けて泣きそうになりました 





2015.07.02 Thu (12:28) l 17.日常のいろいろ l コメント (6) トラックバック (0) l top

暑い日が続いてますが、体調はいかがですか。

先日友人Mの次女のKちゃんと、Tくんの結婚式に行ってきました。
近づく台風にヒヤヒヤでしたが、進路はそれていい~天気

式場は、チャペルも披露宴会場も全面ガラス張りで、鎌倉の海を一望できる
オーシャンビュー。
水平線とサーファーと海岸で遊ぶ子どもたち。
そんな風景を見ながらの、リゾート感覚の楽しい結婚式でした。

それでは写真をご覧ください




      a21.jpg
      誓いのキス。 


     

      a8.jpg
      逆光で残念なのですが、バックに青い海が広がっています。


     

      a15.jpg
      讃美歌の説明?




      a20.jpg
      式が始まって間もなく嗚咽が・・・ と思ったら次男でした。
      以前にも書きましたが、Tくんにとっては奇跡のゴールイン。   
      そして妹のように大切なK。 
      二人に一番近いところにいた次男にとって、喜びもひとしお。
      そんな次男を見てみんなもらい泣き。 
      でも、あまりの号泣ぶりに、だんだん笑いに変わったほど 笑





      a3.jpg
      この日を迎えられた悦びで、終始笑顔だったKちゃん。
      Tくんのタキシードはおじいちゃんの形見だそうです。
           
      
               

      a1.jpg
      C、M、私。  かしまし娘。




      a10.jpg
      お友達が作ってくれたというフレームで、順番に記念撮影。
      このお色直しのドレスも、とっても素敵でした。




      a16.jpg
      上のフレームが私たちのところにきたので集合~
      枠に入ってない人が1名・・・   
      う~ん、プロのカメラマンが撮った写真に期待しよう。




      a6.jpg
      いつもの3軒と、右二人はM家が仲良くしてるご夫婦。
      でも8人ともみんな同じ高校の同級生なので、顔見知りです。 
        

     

      a5.jpg
      式に続き、披露宴でも鬼のような形相で号泣の次男。
      この子、こんなに涙もろかったかなあ・・・ 


      

      a2.jpg            
      テーブルの下では、ニコとMの孫のRちゃんがかくれんぼ。
       ~!




      a19.jpg
      長男家族のメッセージビデオの写真です。




      a18.jpg
      夫と私。 &ニコ。




      a13.jpg
      ここでも笑いをとった次男。
      変装したいというので、私のズラを貸してあげました~




      a22.jpg
      これは若い子だけの二次会の写真です。
      この外の景色、ほんとにうっとりするくらい素敵です
      Tくん・・・   (こう見えて?英語ペラペラ!)


      

      a7.jpg
      二次会の衣装は大好きなタレントさん夫婦を参考にしたそうです。
      身長差なんかち~っとも気にしていない可愛い二人。     
      このまま変わらずに、ずっと穏やかな二人でいてほしいです。




      今度は台風11号が接近しています。
      気をつけてお過ごしください。



      
2015.07.15 Wed (23:37) l 17.日常のいろいろ l コメント (16) トラックバック (0) l top

22日、大腸の内視鏡検査を受けてきました。

2013年8月、子宮がん術後の定期検診のPET/CTで運よく腫瘍が見つかり
2014年1月、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)という手術を受けました。
病理の結果、3cmの“腺腫”といわれる腫瘍の中に一部線がんの組織が確認されましたが、腫瘍が粘膜層に留まっていたため浸潤も転移もなく、今後再発の心配もないと太鼓判を押されました。

とはいっても半年に1回の内視鏡検査を義務付けられたのですが、最初の半年後の検査(去年の7月)の結果があまりにも良かったため、1年に1回の検査でOKとなり、今回1年ぶりの検査でした。


5月に検査の予約を取りに行ったのですが、そのとき振り分けの先生から、
主治医だったスキンヘッド先生がこの4月で異動になったことを聞きました。
安心して検査を受けられるのは鎮痛剤のせいだけではなく、先生の腕のお陰と信じ切っていたので、新たな先生に検査を受けるのがとても不安でした。


検査室に入って初めてお目にかかった担当医は若い綺麗な女医さんでしたが、この先生も上手で痛みはなかったです。
ただ、前回と同じ鎮痛剤を使ったにもかかわらず、今回は眠ってしまうようなことがなく、モニターを見たり看護師さんと話したりの時間がかなりありました。
内視鏡が入ってしばらくは、今まで感じなかった圧迫感を強く感じたほど
鎮痛剤の効き目って、そのときの体調にもよるのでしょうか


検査の結果を聞くために8月5日に外来予約が入っていますが、

腫瘍があったところもキレイだし、ポリープも1つもなかったですよ。

と、検査後にその場で言われました。


ここのところ腹部膨満感と残便感が続いていたことを検査の前に伝えていたのですが、特に異常はないとのことでした。
悪いこともチラっと頭を過ったりしてたので、結果を聞いてホッとしました。
膨満感はただの脂肪だったのでしょうか


排尿障害や尿管狭窄などの後遺症が残り、たびたび凹むこともありますが
大きなところでは昔から運の良さを感じています。
窮地に追い込まれても、いつも土壇場で “何か” に助けられてるような気がしてなりません。
今回も改めてそれを感じました。


【追記】
8月5日(水) 検査の結果を聞いてきました。
1年前の検査(術後6ヶ月)の画像では、腫瘍があった場所は白っぽく写っていましたが、今回はどこを手術したの?っていうくらい見分けがつかないほどに。
ただ、骨盤の中に入っている大腸の部分は空気を送っても広がらず、内視鏡がスムーズに進まなかったために私が辛そうだったそうです。
強い圧迫を感じたときのようです。
やはり子宮がんの手術後の癒着のせいだそうです。
キズは治る時に繊維化してくっ付く性質があるので、子宮が隣接していた大腸の外側は硬くなっているようです。


大腸内視鏡検査を行うにあたって、“癒着 大敵” と嘆く医師のブログです。
患者さんが痛がると、自分の技術不足を反省されてます 笑
(カテゴリ=今日の大腸内視鏡検査にて の中です)
「痛いのは癒着のせいなら仕方ないか・・・」 と、諦めがつきました





ところで、今回から下剤・腸管洗浄液ともに今までのものと変更がありました。

b1.jpg
検査前日の夕食後に飲む下剤 『マグコロール』 は
『ピコスルファートナトリウム』 に。
これを全部180mlの水に混ぜて飲みます。
翌朝、これで腸内の固形物はほとんど排出されます。



1023.jpg
検査当日に服用する腸管洗浄液 『ニフレック』 は 



b2.jpg
『モビプレップ』 に変更。
モビプレップはニフレックより濃い濃度で配合されているので服用量が少なく、
服用に要する時間も短いことが特徴らしいです。

ニフレックと同じく、薬剤はそのまま水に溶かせるように写真のようなプラスチックバッグに入っていて、主成分とビタミンCの2つの部分に仕切られてます。
水を入れてから袋を圧迫すると仕切りが開いて混合されるようになってます。

ニフレックは薄めのスポーツドリンクのような味でしたが、これは梅ジュースのような味で、やや塩味が強かったです。
ニフレックの味と量で吐いてしまう人が多いことから導入されたそうです。
ただ、濃度が濃いために、体の水分が腸の中に吸い出されて脱水になる可能性があるので、必ず薬剤の半分の量の水分を摂らなければいけません。
なので私はあまり服用量が少なくなったという感じはしなかったのですが、
便がきれいになるまでの時間はたしかに早かったです。
今までは最後の最後までレモン色にしかなりませんでしたが(汚い表現ですみません!)、これは早い段階で、まるでお水のように透明になりました。
なので検査をする方も、この薬剤の方が検査しやすいそうです。
欲をいえば、今度は500mlくらいの服用量で済むものに改良してほしいです




今回も食事制限と腸管洗浄で体重が2キロ落ち、47、5キロに。
この強行スケジュールのお陰で、やっと戻ることができました。
いつも実感することですが、この体重だとリンパ浮腫が軽くなります。
それと、地味に辛い抗がん剤の後遺症の足の痺れもラクになります。
ポッコリお腹もやっぱり脂肪だったらしく、大分スッキリしました。
検査からまだ3日ですが、維持できています。
これ以上痩せたいとは思いませんが、この体重が私のベストの体重なので、
誘惑に負けずに何とかこれを維持できればなあと思います。


2015.07.25 Sat (19:28) l 9. 大腸がん l コメント (12) トラックバック (0) l top