12月になりました。

“愛の鐘” という、 「 もうそろそろお家に帰りなさいねー 」 の合図の
夕焼け小焼けの放送が、今日から夕方の4時半になりました。
最近、この時間はもう大分暗くなるので、それだけで気忙しい感じです。
早く、日が延びる春にならないかなー

そして、なんとなーく落ち着かない週末のあとの、ホッとする平日。
今日は木枯らしもお休みだったので、暖かくてお掃除日和でした。
今週は、半年に1回廻ってくる、ゴミ置き場のお掃除当番です。
家のことを終えて、そのお掃除も終えて、やっと一息


この間病院で渡された入院関係の書類に、初めて目を通しました。
患部が違うとはいえ、入院は2回目なのでこんなものです。

3年前の子宮がんのときは、ブログもやってなかったし、
ネットもあまり見る方ではなかったので、パソコンのことなんて、全く
気にならなかったのですが、今回はそうはいかず・・・
1週間もパソコンがない生活なんて考えられないので、どうしよう

私には無用の長物と毛嫌いしてきたスマホだけど、
ついに変える時がきたのかなーと諦めかけていたのですが・・・

なんと、面会に来た人と飲食のできるラウンジではパソコンOKって!
更に更に、ほとんどの病棟で、自分のベッドでも使えるって!
やったーーー    読んどいてよかったーーー  
やっぱ、スマホはまだまだ先でいいや。




次に、「手術の説明と同意書」 をチェック。

目的方法は今まで先生から聞いたものやネットで見たものと同じ。

その下に書かれている偶発症
 
この治療に伴う偶発症は、大腸の壁に穴をあけてしまう穿孔と、
血管を傷つけることによる出血が大きなものです。


うん、それも先生に何度も聞かされた!
穴があいた場合は、全身麻酔に切り替えて開腹手術で穴を塞いだり、
腸を切り取ってつなぎ合わせたりすることもあるって。
そのためか?この間、さっそく心電図と胸とお腹のレントゲンも撮ったし。
でもそんなのごくごく稀なケ・・・


学会調査において、穿孔が10%前後発生し、
緊急手術例も数%あるという報告があります。



えーーーーー
10%って、10人に1人じゃーん
スキンヘッド、そこ省いたよ
でも・・・ そういえば何回も何回もそのこと言ってたっけ。


それでなくても、鎮痛剤のみで3~4時間の手術。
私の様子で、鎮痛剤を足していくようだけど・・・

あの気持ち良かったレスポンスも今回は使わないというし・・・
静脈血栓症の心配はないのかなぁ
意識があるだけに、足がイライラしそうで怖い。

靴下も穿いちゃいけないと言ってたから、すね毛も剃らなきゃ。
いや、そんなことじゃなくって・・・


内視鏡で良かったと喜んだけど、それはそれで、いろいろと不安が
出てきてしまいました



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!
2013.12.02 Mon (21:38) l 9. 大腸がん l コメント (9) トラックバック (0) l top
今日もポカポカ、暖か陽気でしたね。

家のこと終えて、ゴミ置き場の掃除を終えて、やっと一息・・・
代わり映えのしない毎日です



昨日は7月31日以来、4か月ぶりの婦人科定期検診でした。

3時間待ちだったけど、昨日は婦人科の待合室にいることが嬉しくて、
ちーっとも長く感じませんでした。
やっぱり私の場所はここなのだ
まあ、途中病棟のラウンジ行って、いつもの明太子マヨネーズ
トマトがいっぱい入った食べたりしてたせいもあるんだけど。


本当なら先週27日にPET-CTを撮る予定でした。
腫れてる膨大動脈リンパ節の経過と、大腸のポリープを取った後の経過の
二つの目的があったのですが、大腸がまだ未治療ということで、
ここでのPETはキャンセルになりました。
次回は、治療後の3月に撮る予定です。

婦人科の受付前に採血した血液検査の結果は異状なし。 
腫瘍マーカー (CA125=7.5 CA19-9=13.7) も基準値内でした。


でも、ちゃんと光って教えてくれるんだねー! 
やっぱりPETやっといて良かったねー!
ここで見つかって良かったと思った方がいいよ。



はい、ブログ上のお友達からもそう言われてます!
なーんてことは言えず、 4か月毎のPET、4か月ごとのステント交換時、
更に今回の検査で受けてしまった、今年1年間の被ばく量のことが気に
なってたので聞きましたが、瞬間的な撮影はそんなに影響はないと。
たとえ影響があったとしても、それが現れるのはかなり先のことだろうし、
今、それを避けるわけにはいかないのはわかってるんだけど・・・
M先生の言葉で安心したかったかな

先生はパソコンのデータを見ながら、スキンヘッド先生よりも専門的な
言葉で、今の状況を教えてくださいました。


異形だと癌だけど、あなた高度異形だからまだ確定したわけじゃないよ。
C3になってるから、まあ確かに癌を疑われてるけどね、
取った中身の結果次第って言われてるんでしょ?
だ~いじょうぶだと思いますよ、僕は。



この、親身なお気楽さ加減が心地いい


その後、内診しながら・・・


ああ・・・おしり辛かったね~


キャーーー    やっぱり    わかっちゃった
度重なる下剤攻撃で、軽い痔になり、周りもただれ・・・
やっと治った頃に次の検査という状況だったここ数か月。 
塗薬を処方してもらって、だいぶ良くなってはいたんだけど・・・ 
あまりの直球で恥かしかったけど、先生の言葉に笑ってしまった


診察の最後に、夏の突然の休診のことを聞きました。
持病の椎間板ヘルニアが悪化して、手の痺れが酷くなったので、
しばらくお休みしたそうです。
たくさんの手術をこなしてるので、首に負担がかかるようです。

「 復帰の見通しは全くついてません。 」 って受付の方から聞いた時、
脳梗塞とかを疑って心配してしまいました。
そんな病気じゃなくてほんとーに良かった


お大事になさってください。  

って普通のこと言ったのに、

ありがとう。 そう言ってくれると嬉しいなあ。

って。   先生が主治医なことは、私の自慢です



12052.png



さて、以前から受けたくて検討していたレーシックのことですが、
この暇なときがベストタイミングかなー?と、ついに決心しました
検査に通ればですが、受けてみようと思います。

医療保険の給付の対象になっている点も、決心に繋がりました。
ネットで人気上位のクリニックだし、息子たちやちゃんも受けてるので
そこは心配してないのですが、今はまだ症状の出ていない老眼のことが
気になります。
近眼、老眼、どちらにもならない手術のようですが、まだまだ症例数が
少ないようなので、不安があります。

とりあえず明日検査に行くので、しっかりいろいろ聞いてきます。
検査は3時間くらいかかるそうで、帰りが遅くなるので報告できるのは
たぶん明後日になると思います。
私と同じように悩んでる人の参考になればいいのですが。

ではまた


にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!
2013.12.05 Thu (18:10) l 6. 子宮体がん l コメント (4) トラックバック (0) l top
2013/12/7

昨日、レーシックの検査と説明を聞きに行ってきました。

クリニックは西新宿にあって、前もってちゃんとアクセスもチェックしておいたのに、いつの間にか脳が新宿にすり替わっていて予約時間間際にドタバタ
いやーーー  歩いた歩いた

クリニックに着いたのが15時。 クリニックを出たのは19時半。
3時間くらいかかると言われてましたが、なんと4時間半


最近またマスコミにレーシックのことが叩かれたりしたにもかかわらず、待合室にはたくさんの患者さんで溢れてました。
私のように検査を兼ねて説明を聞きにきた人、これから手術を受ける人、術後の定期検診のために来てる人。 いろいろでした。

悪い噂に関しては、厚生労働省の認可を受けていない装置・レンズを使った施設で手術を受けたことによる後遺症と思われ、そのせいできちんとした施設まで同じように疑われ、レーシックの安全性まで問われるのは心外だ。 とのことでした。

丁寧な検査とカウンセリングで、一人一人十分に理解させるための時間をとってくれることが、信用に繋がってるんだと思いました。



最初にレーシックを受けれるかどうかの適応検査をするのですが、検査の目的毎にズラッと並んでる検査台を順番に進みます。

視力はもちろん(それだけでも何種類もの検査)眼圧や眼底検査・・・
あとは覚えきれなかったです。
レンズを作ることになった時のために眼球の奥行きを測るのですが、黒目の真ん中をペン先のようなもので突つく超音波の検査をします。
もちろん、痛みが発生するので麻酔をされました。
初めて点眼麻酔を体験したけど、本当に感覚がなくて驚きです。
でも、ペンが正面から目玉に近づいてくるのは恐怖だったーーー

一通りの検査と医師の診察の結果、適応条件はクリア。
次に私に最適な術式を決めていきます。

私は左目0.08 右目0.06でしたが、レーシック手術後は1.2くらいまで回復するそうです。
ただこの歳で普通のレーシックを受けると、遠くが見えるようになる反面、視力の良い人に老眼が早く訪れるように、今度は手元が見えにくくなる老眼に悩まされることになります。

今までこの視力でも車の運転、パソコン、映画館くらいでしかメガネを使わず、普段は裸眼で生活してきました。
それでもやっとメガネから解放されるのに、今度は老眼鏡が必要になるわけです。

それが今までレーシックに踏み切れなかったところだったのですが・・・

何年か前に、視力が回復しても老眼にならない治療ができたと知りました。
それでもまだまだ症例数が少ないだろうから、不安があり迷ってました。
でも手術するなら仕事から離れてる今のうちかな~と思い立ったのです。

普通のレーシックは眼球の表面にある角膜の屈折力を調整する手術ですが、これは更に奥の水晶体という嚢に “多焦点眼内レンズ” というものを挿入する手術です。
水晶体は、白内障になったときに濁ったものを取り出すところです。
なので術式が 「遠近両用白内障手術」 となっていて、この手術を受けると将来白内障になることを防げるメリットもあるそうです。


ふう、やっとここまできた


症例数が少ないといっても、レーシックと白内障の手術を同時に行うだけなので、危険性はほとんどないという説明でした。
この時点で、受けたい 受けよう と気持ちが固まった私。


ところが・・・
この手術、68万円もするんです。 息子の家族割引を使っても63万円。
息子たちは普通のレーシックだったので(タイプによって費用が違う)23万円くらいでした。 
医療保険から給付金が下りたので、持ち出しはほとんどありませんでした。

保険屋さんで夫の先輩でもあるHちゃんに、私はどのくらい給付されるのか確認したところ、26万円という返事でした。
37万は自分で出さなくてはいけません。

なので長々と書いてきましたが・・・

残念ですが諦めました

でも昨日の拉致られた貴重な時間は決して無駄ではなかったです。

そのくらいへそくりがあるわ  という方のために書きました。  うっ



ところで、Hちゃん情報ですが・・・ 

将来白内障と診断された時に視力も回復させたい場合、加入してる医療保険に先進医療の特約が付いていたら、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」 という治療が給付の対象になっているので、そちらを使われた方がお得のようです。
今回私が受けたかったレーシックと同じ目的の治療だそうです。

先進医療と聞くと重粒子線治療や陽子線治療くらいしか思い当たらなかったので驚きました。
その代り、厚生労働省が指定した医療機関で受けることが条件です。
この手術は19番になります。 (平成28年12月1日現在)


その治療だと霞が取れるだけじゃなくて、視力も回復するから遠くも見えるようになるんだよ!  サザンちゃんそれ待つんだな!
先進医療の方から下りるから、68万だろうと100万だろうとお金かからないで今回みたいな手術受けれるよ!
早くに白内障って診断されたら、逆にラッキーだな!



と言っておりました。
周りに該当する方がいたら、ぜひ教えてあげてくださいね


2013.12.07 Sat (20:48) l 17.日常のいろいろ l コメント (5) トラックバック (0) l top
もう8年くらい前になりますが、息子たちから母の日と誕生日を兼ねて
ヴィトンのお財布をもらったことがあります。

小学生の頃は毎年二人で相談して、可愛い人形や手書きのカードを
くれたりしてましたが、そんな大きくなってからは、後にも先にもこの時
だけだったので、ビックリしました。


いろいろ世話になってるからさ。


えーーー! それだったら毎年世話してるじゃん!  ブーブー


って言いながら、嬉しくて嬉しくて泣きました(影で)


私が欲しがってた形は夫が知ってたので、苦労はなかったようです。


その日から中身を入れ替えることなく、ずーっと使い続けていたのですが、
下の〇印の部分のスナップが壊れてバカになってしまいました。


で、昨日新宿に出たついでにヴィトンに寄って、修理をお願いしてきました。
原則、リペアは有償ですが、場所によっては無償で直してくれます。
このスナップも無償でした。
内側の糸がほつれた所があったのですが、そこは一部革を張り替えて・・・


37000円というお見積もり。


そこはいいです 


直ったら宅急便で送ってもらうことにして、送料577円を払ってきました。
年明けも覚悟もしてたけど、15日には届くようです。

宅急便の控えが、お洒落なケースに入ってました



12071.jpg



帰りはお財布がなくなることを計算してなかったので・・・


昨日一日、これ ↓ がお財布でした



12072.jpg




にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!
2013.12.07 Sat (20:48) l 17.日常のいろいろ l コメント (14) トラックバック (0) l top
今日の買い物でのことです。

ドラッグストアに入ろうとしたとき、
買い物を終えて出てきた、中学校のときの同級生Tちゃんとバッタリ

その当時、どこに行くのも一緒の一番仲のよかった子ですが、
高校が違ったり、Tちゃんがちょっと遠くにお嫁さんに行ったりで
最近はなかなか会う機会がなかったので、お互いにビックリ

仕事中にたまたま通りかかったそのお店で、職場で使うものを買ったところ
と言ってました。
なので、お茶する時間もなく、駐車場の隅で立ち話し。
短い時間とわかっているので、二人ともすっごい早口

普通に、お互いの近況から報告。
早く伝えたいと思いながらも、手紙やメールでは言いたくなかった子宮がん
のこと、大腸のことを簡単に話しました。
簡単に言ったのに、昔から涙もろかったTちゃん、即効涙目。
でも、めんどくさい同情めいたことを一切言わなかったから、◎
今でもちゃんと私の性格覚えてくれてた。

気分を変えて、同級生や先生たちの話題。
誰がまだ独身だの、禿げたの、太ったの、すべったの、転んだの・・・


そして、Tちゃんに言われるまで、すっかり忘れてたけど、
私にしてはかなり衝撃的だった話し。

私たちが3年生になった時に、大学を卒業して新任で入ってきた国語の
先生がいました。
背が2メートル近くて、ヒョロ~と痩せてて、ちょっとなよっとした先生。
髪も肩まであって、それまでの先生とは異質な雰囲気の先生でした。

1年間国語の授業を担当してもらっただけで、何の名残もなく卒業。

だったのですが・・・


卒業式から1週間くらい経ったある日、駅前の本屋さんで偶然バッタリ。


その本屋さんの中で・・・


プロポーズされました


結婚を考えて付きあってほしい。


みたいなことを言われました。


付きあう?  結婚?  結婚って・・・  あの結婚?  へっ?


ぶっ・・・
  
ぶはははははははははは



大笑いしたのは覚えてるんだけど、
その後何て返事したのか、全く記憶にありません。
どうやって本屋さんを出て、バス停まで歩いたのかも全く。

家に帰って、母に話して、また大笑いして、
その後Tちゃんに電話して聞いてもらったのは覚えてる。

私は早生まれなので、15歳になったばかりでした。
その頃は結婚なんて全く考えられなかったから、自惚れるなんて以前に
たぶん本気に受け止めなかった気がします。
いくら教師でも、先生もきっと真剣に言ったわけじゃないと思うし。

でも、その4年後には結婚してたんだけど・・・
人生ってわからないなあ。

そんな、一応人生初めてのプロポーズの事件がありました



さて、ドラッグストアで買い物をすませて次は本屋さんへ。

34冊目になる、2014年の家計簿を買いました。
以前も紹介しましたが、これ以上ないシンプルな形式で、左のように(先月)
月初めのカレンダーの所に、私はその日の出来事を書いているので、
日記代わりにもなっています。
実は、予算とか決算とかの本来の役目は果たしてないかも・・・



家計簿



今年の後半は大腸一色になってしまったけど、
来年はどうだろう。
早く治療を終えて、仕事のスケジュールを入れたいよお



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!
2013.12.10 Tue (19:23) l 17.日常のいろいろ l コメント (3) トラックバック (0) l top