2013/6/5

気がついたら仕事に行き始めてから半年が過ぎてました。

時間に追われ、無我夢中で過ごしてきた半年ですが、
振り返れば色々なことがあって、短いようで長い長い半年だったかも・・・
「生活の中心が仕事」 だけは避けたかったのに、
そうなっている現状がもどかしいです

実は4月頃、仕事を辞めるようかと悩んでました。
体力、免疫力の低下をひしひしと実感し始めた頃でした。

力を入れることが多い仕事なので腹圧には気をつけるようにしてましたが、どうしても無理があったようで・・・
幸い疲れを感じることはないのですが、腎臓の辺りが重苦しいような、背中が張ったような不快感を感じることが度々・・・
腎臓に負担をかけちゃいけないことはわかっていたけれど、体力に自信があったから、どうにかなると思ってた。
プラス、気力で頑張れる みたいな。
でもその危険な過信に、最近やっと目が覚めたというか・・・

2月の初めに走ったことで(たぶん)進んだリンパ浮腫も、追い打ちを。
冬の間はしっかり素材の真っ黒の弾性ストッキングを穿いてたお陰で、自己流の適当なマッサージでも翌朝に響くことはなかったのに、今は回復しないうちに朝がきてしまいます。

夏用の弾性ストッキングは、気に入った肌色が見つからず、サポート効果のある普通のストッキングを穿いてたのですが、それがいけなかった
ここのところ、歩く度にリンパ液が下に下に流れてるんじゃないかと思うくらい、ズン・・・ズン・・・と、響く感じです。
まだ膝から下は浮腫んでませんが、ももはかなり浮腫んだままです。
戻らなくなる前に早く夏用を買わなくちゃ。

仕事のことは、弾性ストッキングを穿いてみて、身体と相談しながらもうちょっと考えてみようと思ってます。
居心地が良いので辞めたくなくて、ついつい頑張ってしまいますが、
一番大事なのはサザンの身体だよ 」 と言う、母や友人の言葉は最もで・・・
耳が痛いです

それから、風邪をひきやすくなりました。
仕事が始まり、外に出るようになった去年の11月から、もう5回もひいてます。
以前は7~8年に1回くらいしかひかなかった健康体だったのに。
しかも治るまでに時間がかかります。
ネバネバした透明の痰のようなものが2週間も続くので、治ったと思ったら次の風邪をひいているという・・・

抗がん剤のせいか?ホルモンバランスが崩れたせいか?わかりませんが、色素沈着に加え、張りと潤いのなくなった顔。

回復が止まってしまった排尿障害。
さっきなんてかなり自尿が出たのでこの時間は滅多に測らない残尿ですが、試しに測ってみたらまさかの200・・・

なにもかも地味に辛く、落ち込みます。
落ち込むと、いつの間にかハラハラと涙が出てることもあってビックリです。
生理もないのに blue day

そうそう、そんな落ち込むようなことも以前はなかった。
なんだか今、自分の身体に倦怠期っぽい感じです。
でも、この身体に飽きたと言ったところで、誰がどうこうしてくれるわけでも、自分でどうすることもできないんだけど・・・

これがずっと続くのかと思うと、軽い吐き気を伴う焦燥感。

でも、
ガンがおとなしくしてるからまだいいじゃん
今、辛い治療を強いられてるわけじゃない
このくらいのことでピーピー言ってどうするの
気持ちの浮き沈みは、卵巣がないんだからしょうがない
・・・って思えるポジティブなときもあります。

最近そんな風にポジティブとネガティブの繰り返し。
たぶんこれからも、命がある限りエンドレス・・・
今更だけど、ガンにさえなってなかったら・・・

もう少し自分に自信を持ちたいです



追記
今日は本当のblue day になってしまいました。
最期まで明るくて前向きだった彼女に、今日の私のブログが恥かしい・・・
彼女に負けないように、私ももっと強くなります。
ご冥福をお祈りします。



2013.06.05 Wed (17:03) l 6. 子宮体がん l コメント (0) トラックバック (0) l top
2013/6/10

私は朝一と寝る前の1日2回、導尿をしています。

導尿するときに、カテーテルと、潤滑剤の入った消毒液を使います。
無くなるタイミングで婦人科か泌尿器科で出してもらうのですが、
その度に “在宅自己導尿管理料” として5400円を請求されます

在宅自己導尿指導管理料とは、

指導が必要であると医師が判断した在宅自己導尿を行っている患者に対して、医師が療養上必要な事項について適正な注意および指導を行ったうえで、患者の医学管理を十分に行い、かつ、在宅療養(清潔間歇的導尿)の方法、注意点、緊急時の措置に関する指導などを行い、併せて必要かつ十分な量の衛生材料または保険医療材料を支給した場合に算定する。

とあります。 

初回はわかるけど、2回目以降は何の指導もありませんけど
ってか、1回聞けばわかるし・・・

その都度 「これって、かなりの金額では・・・」 と思うのは私だけ

ちなみにカテーテル1本と消毒液2本では447 円と安心価格。

なのでまとめ買いをしたいところですが、カテーテルは月に1本まで、消毒液は使用期限があるので2本までという決まりになっています。

カテーテルなんて腐るもんじゃないんだから、まとめて出してくれても良さそうなのに・・・

厚労省、弱味につけこんでません 

手術が終わったら勝手に排尿障害になってたのに、毎回これを請求されちゃうの

導尿が続く限り、永遠に

拒否をする勇気もなく毎回腑に落ちないまま支払いをしてますが、やっぱりおかしくないですか

厚生労働大臣さま、どうか改定のご検討をお願いします



2013.06.10 Mon (19:51) l 7. 尿管狭窄 l コメント (12) トラックバック (0) l top
昔は、地球儀や世界地図とか見ると 「この国に行ってみた~い
な~んて想像に夢をふくらませていたのに・・・

いつの頃からか見方が変わり 「人間の一生なんて、宇宙から眺めたら
小さな地球の中で繰り返される、ちっぽけな出来事に過ぎないんじゃん

って考えるようになっていた。

もっと大袈裟にいえば
ミサイルが飛ぼうと、総理大臣が誰になろうと、携帯が進化しようと、
貧富の差に関係なく寿命は平等。
約80年の、長いんだか短いんだかわからない、それぞれの人生。
つまらない争いの中、大なり小なりみんなたくさんの悩みを抱えて生きて、
そして死んでいく。
その繰り返し。  それだけのこと。

そう考えたら、何があっても 「どうにかなるさ 」 って思えるようになった。
ガンがわかったときあまり動じなかったのも、そこかな・・・

最近は気持ちの浮き沈みはあるけど、元々はいいかげん。
高田純次みたいな、お気楽ないいかげんさがとても頼もしくて好き。

もっと適当でいいんだと思う。
そうじゃないと潰れちゃう。



こんなことを書きながら、雨に気づいてバタバタと洗濯物を取り込み、
スーパーのチラシの昆布つゆをチェック。
鏡を見て、また増えた小じわに嘆く。

もう目の前のことしか見えなくなってる
理想と現実がごっちゃごちゃ。



人生こんなもんだよ
ってメッセージのつもりが、上手く書けない・・・

でも、みんな同じ。
ここでは言えないこともいっぱいあるけど、みんながんばってる。
だからがんばろう!  適当に!  いいかげんに!


あぁ、また 『あなたは病んでいる』 なんてコメントがきそうです



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです
2013.06.16 Sun (18:38) l 17.日常のいろいろ l コメント (8) トラックバック (0) l top
2013/6/21

私は4ヶ月に1回、左尿管のステントを交換しています。
そして毎回、真ん中の2ヶ月目に腎臓のエコー検査をしながらの定期検診という流れになってます。
昨日はその検診の日でへ。

私のような患者は診察の順番が近づいてくるタイミングで看護師さんに呼ばれ、医師が診察の合間に効率よくエコー検査ができるように処置室のベッドでお腹を出して待機します。
その直前にトイレへ行って膀胱を空にしておきます。

昨日は・・・ エへへ
そのトイレで、わざと思い切り腹圧をかけて出してみました。
腹圧をかけた直後の腎臓はどんなもんかと。
自分では怒られるのを覚悟しての大冒険をしたつもりでした。
ところが・・・

右はぁ・・・ 問題ないですね
次はステントが入ってる左側ね
    グリグリ 
 
あ~こっちも全く問題ないですね  今日は腎臓いい感じですね~

え? 逆流してないですか?

うん? エコーで見る限りはどっちも腫れてないけど?


処置室ではこの会話だけで、その後また少し待たされ今度は診察室に。
逆流のこと、それによって水腎症がどのくらい悪化するのか?が知りたくて腹圧をかけて排尿したことを正直に話しました。

確かに私のようにステントが入ってると逆流はしやすけれど、一瞬の腹圧では心配するほどの逆流はしない。
腹圧をかけることでおしっこが出るのなら絶対にダメというわけではない。 
(といっても、やはり強い腹圧はNG)

水腎症は、慢性的に腹圧がかかった場合や、ステントが詰まったりして尿の流れが悪い状態が続いたりすると治りにくいが、私は今までそういうトラブルもないし、今は水腎症の症状も出てないのでそんなに神経質にならなくても大丈夫  
というようなT先生の回答でした。

診察を前にして、ものすごい冒険をしたつもりでしたが、小さなお遊びに終わってしまいました

腹圧排尿=即逆流! と思ってたのは何だったのか。
ちょっと安心しましたが・・・  先生を信じないわけではありませんが・・・
もう少し慎重に考えてみようとは思ってます。

そして今まで 「聞いたら最後」 と思って聞けずにいた仕事のこと。
先生の返事を聞いたところで辞めるつもりもなかったけれど、やっぱり自分の身体が一番なので覚悟して聞いてみたのですが、

サザンさん自覚してる? 今は小康状態だけど水腎症あるんだよ  
そんな仕事してたらもっと腎臓に負担がかかって機能しなくなる日が早まることになっちゃうよ  いいの?


という私の予想してた言葉とは大きくかけ離れ、

大丈夫ですよ  続けても問題ないと思いますよ 

と、笑顔であっさり。
その前にも言われたように、一瞬の腹圧はそんなに影響はないと!

うっそぉぉぉ~!


なんだか昨日は拍子抜けしちゃうことばかりでしたが、結果、良かったです。
仕事のこと、もう悩まずにすみます。
時間をかけて教えてもらい、やっと使えそうになってきた頃に辞めるようなことになったら、とても忍びないと思っていましたが、それが避けられてほんとうに良かったです。

昨日はいろいろ安心した後、予約しておいた美容院で髪もスッキリ
その後これを書く気力はなく、グデグデだったけど。


今日はこれから仕事です
天気は雨ですが、気分は爽やかな晴れです。   
では行ってきま~す


2013.06.21 Fri (14:03) l 7. 尿管狭窄 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今朝は目覚ましより早い、友達からのメールで起こされた

5年前、最後の最後の日産スタジアムで たぶんもう復活はないんだろう
3人で泣いたあの日。

だからほんとうにほんとうに嬉しいです

やっぱり5人揃わなきゃダメよ

絶対チケット取って行くぞーーーーーーーーー



なんか私も復活=完治しそうな予感がします



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです!
2013.06.25 Tue (08:41) l 17.日常のいろいろ l コメント (2) トラックバック (0) l top