2012/11/1

ブログ村に登録して、ブログを公開して今日で3か月。
向日葵のパワフルなイメージに便乗して、8月になったら公開しようと決めていました。
それくらい勇気のいることでした!

私がブログ村を知ったのは去年の10月5日。
手術をし、化学療法が終わってから 2か月も経っていましたが、なかなか長時間パソコンと向き合う気になれず・・・
でも、回復の兆しが見えない排尿障害のことがだんだん真剣に心配になり、情報を集め出したのがきっかけです。

排尿障害・自尿・残尿・導尿などのキーワードで検索したところ、先日多くの人に惜しまれつつ逝ってしまったHOAさんのブログに辿りつきました。
闘病に関係なく、ブログというものを初めて見ました。


術後自尿がなく、さらに尿意もなく、全く出る気配がなかったから、もう一生自尿はでないものなんだと覚悟していた。  本気で覚悟していた。
私と同じ広汎子宮全摘出術の術式をとっている人は排尿障害に悩まされる人が多い。
でも、術後7ヵ月も経ってから自尿が出始めたという事実がここにあるので、もし今自尿がなくて悩んでいる人でも諦めずに気長に待ってほしい。



そのとき私は術後8か月。 
やっと自尿がチョロっと出始めた頃でした。
まるで私に呼びかけてくれているようなメッセージでした。
どうしたって家族にも友達にも主治医にもわかってはもらえないことが、私の求めていた言葉で綴られていました。

そして、自分と同じ病期、症例の人を探しまくり、いろいろなブログを読み、それまで知らなかったことを知ったり、励まされたり、涙したり・・・
ブログを通じて同じ悩みを抱えるたくさんの人に出会い、救われました。

あの頃は 「もし再発しても抗がん剤は二度とやらない!」
と、固く誓った私でしたが、お産と一緒で今は忘れかけており・・・
治る見込みがあるのなら、今はまたやりたいと思ってます。
戦っている人を見て、戦闘意欲が湧きました。
これもブログのおかげです。

私も誰かの力になれたら・・・ 誰かの参考になれたら・・・
それと、今までの人生の中で、これ以上ない大変な思いをしたのだから、自分のためにも忘れないように残しておきたい。

そう思ったときはすでに術後1年も経っていたし、ブログに関してチンプンカンプンだったので、なかなか行動に移せませんでしたが、5月半ば頃、サーバ探しから始まり、なんとか形を作り、記事を書き溜め始めるまでになりました。
初めて記事を公開したときは、何かとんでもないことをしてしまったような恥ずかしさでいっぱいでした。
ついこの間、やっと現在に追いついて気持ちが楽になりました。
全く個人的なことですが、追いついたら一つの区切りとして、この記事を書きたいと思っていました。

自分でブログを始めるようになってからは、いろいろと考えるところもありますが・・・
こんなブログでも毎日何人かの方に読んでいただけてるようなので、とりあえず5年間は細々とでも経過を報告していけたら、と思ってます。

今までありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。


2012.11.01 Thu (01:30) l 17.日常のいろいろ l コメント (10) トラックバック (0) l top
2012/11/5

日曜日の朝は楽しみにしてることがあります。
新聞に日曜版が付いてくるのですが、その中の 数独(ナンバープレイス)と、
クロスワード をすることです。

数独はこの日曜版で初めて知って魅了されました。
初めてのときに、クリアするまで5時間もぶっ続けでやったほど!
できないことはすぐに諦める私にしてはすごい集中力でした。
今ではダイソーのNO.12に挑戦するまでに。  → フフン、どーだ

時々電車の中で行き詰ってるおじさんを見かけると 「あーそこ!」 と、先輩ヅラしてほくそ笑んでます。
入院中も余裕ができてからは大活躍してくれたのでです!



昨日は午後から次男の友達がお団子を持って来てくれました。
奥さんを仕事場に送った後、足を延ばして5才の息子と鎌倉の大仏さまを見に行き、そこでしか買えない?美味しいみたらし団子をわざわざ届けてくれたのです。
私がガンになったことも、息子のように心配してくれた子です。
ほんとうにありがたいことです。
介護職をしていますが、一見イカついお兄さんにしか見えないギャップが好きです(笑)


その後は長男家族が遊びに。
私の病気とpocoちゃん(孫)の誕生で、延ばし延ばしになっていた結婚式でしたが、やっと今月執り行なわれることになり、昨日は座席表の印刷に。
二人はなるべくお金をかけないように、自分たちでできる物は全て手作りしています。 
ウェルカムボードや、ちゃんのお色直しのときのヘッドドレスまで!
とっても楽しみな分、終わったらみんな放心状態かも(笑)

その間、私はpocoちゃんとお散歩に。
ついこの間やっと歩けるようになったのに、昨日はかなりしっかりした足取りで疲れたとも言わず(喋れない!) トコトコ一生懸命ついてきます。
そんながんばってる姿や、犬や、鳥や、猫じゃらしや、冷たい風に触れ、
一つ一つに新鮮な表情を見せるpocoちゃんを見ていたら・・・
それがとっても大切なこと、幸せなことと、改めて気づかされました。

こんな普通の何でもないひと時が、一番贅沢な幸せと思えることに感謝しました。
この穏やかな幸せがいつまでも続いてくれたらと願います。

寒かったので夕飯はみんなで鍋を囲み、心も体も温かくなった一日でした



2012.11.05 Mon (16:00) l 17.日常のいろいろ l コメント (2) トラックバック (0) l top

私の排尿障害と治療の経過です。

ブログの所々で書いてきましたが、導尿を始めたときに毎日つけるように渡された排尿記録を基に一覧にしました。
下線がついてるものは、その記事にとびます。


2010年
7月頃~  水のようなおりものが出はじめる

 
2011年
1月 
13日  お風呂で出血、膣の中に硬いものを確認
14日  近くの産婦人科Yクリニックへ
      がんの疑いがあり、大学病院を紹介される
15日  大学病院にてMRI・心電図・肺活量・採血・採尿などの検査
17日  CT検査
19日  主治医の初診察、内診台で腫瘍切除
      子宮頸がん1b2期と告知を受ける
      手術日2/14に決定
21日  自己血貯血1回目
28日  自己血貯血2回目        

2月 
 4日  自己血貯血3回目
13日  入院
14日  広汎性子宮全摘出術
       【両側卵巣、卵管切除・大網切除・骨盤リンパ節46個郭清】
       (同時に尿管ステント留置尿道カテーテル留置
21日  退院   
 
3月(術後1か月)
 9日  術後初めての婦人科検診
      病理検査の結果、子宮体癌1b2期と確定
       ・腫瘍の大きさ → 32mm
       ・組織型 → 類内膜腺がんの線扁平上皮癌
       ・組織分化度 (顔つき) → 高分化のグレード1
       ・筋層浸潤 (くい込み度 )→ 一番浅いaランク
       ・血管・リンパ管への脈管侵襲 → なし
       ・両側卵巣・卵管・大網・リンパ節に悪性像は認められない
       ・ダグラス窩腹水 → クラスⅴの陽性(化学療法追加決定)
31日  化学療法開始 (TC療法・1回目投与)
 
4月(術後2か月)
 1日  尿道カテーテル抜去 (1か月半ぶり)
      抜去直後、自尿70のみ。 → 導尿の始まり
 7日  1回だけ自尿100出て喜んだがそれっきり・・・
14日  ウブレチド服用開始 (膀胱の収縮を助けてくれる薬・朝1錠)
20日  便と一緒に50くらい出てビックリ!
22日  寝る前のトイレで、座ったら自然に150出た!
23日  抗がん剤の副作用が酷いところに、膀胱の収縮が強いウブレチドが
     怖くなり服用休止
     絶えず膀胱に強い痛みと尿の濁りがあったので、自尿を出すことを
     やめて毎回導尿だけに (9月まで)

5月(術後3か月)      
     副作用が一番辛い時期
     常に抗がん剤の影響と思われる膀胱の痛み・尿の混濁

6月(術後4か月)   
23日  便の後、自然に100くらい出た  この後これが1週間に2回くらい続く

7月(術後5か月)
25日  化学療法 (6回) 終了
 
8月(術後6ヶ月)
17日  婦人科定期検診
       傍大動脈リンパ節10mm以下の腫れを指摘される
31日  尿管ステント左右抜去 (手術以来6か月ぶり)

9月(術後7か月・導尿開始5か月) 
 6日  ウブレチド再開 (4か月ぶり) → 3日間だけ
 9日  左側のみ尿管狭窄により、ステント再留置
17日  初めて尿意で目が覚めた!(自尿100・残尿270)
25日  尿意での目覚め2回目(自尿60・残尿400)

10月(術後8か月)
 2日  朝起きて2回目、自然に300出た!(残尿120)
     初めて自尿の勝ち!
     この日から、便と同時の自尿が週2から毎日に
14日  朝、漏れそうになって起きた(自尿110・残尿430)
20日  16時尿意あり!(自尿400・残尿350)
21日  夕食中、漏れそうな尿意!(自尿140・残尿130)
     たった270で尿意があった
22日  朝4時、尿意で目が覚める(自尿200・残尿300)
     朝9時 尿意あり(自尿120・残尿360)
25日  掃除中、漏れそうな尿意(自尿400・残尿150)
     術前でもなかったような勢い! ウブレチドのせいかも?
27日  泌尿器科定期検診

11月(術後9か月)
  9日  婦人科定期検診
       傍大動脈リンパ節10mmを超え、転移疑い!
     自尿の回数が日に日に増えてくる
前半  1日3回
後半  1日4回くらい(量は残尿の方が圧倒的に多い)
29日  夕方(自尿200・残尿50) → 初めて残尿が二桁!

12月(術後10か月)
     自尿の回数が更に増え、量もだんだん多くなる
前半  1日に1回は自尿の方が上回るように
後半  毎回自尿が出るように! 1日に2~3回は自尿の勝ち
22日  泌尿器科定期検診


2012年
1月(術後11か月)
前半  変わらず横ばい
     10日間ウブレチドをやめてみたら、自尿は毎回でるものの、
     量はてきめんに減った
23日  掃除機をかけてるとき強い尿意があり、少し漏れた
     (自尿250・残尿350)
     掃除機や床の物を拾うときに圧迫されて尿意を感じることがある
後半  ウブレチドを再開して自尿と残尿の量がほとんど同じくらいに

2月(術後1年・導尿開始10か月)
前半  変わらず
後半  急に自尿の量が増え、1日の半分は自尿>残尿に
16日  2回目ステント交換
      A先生、転勤のため今日でお別れ
27日  洗濯物を干してるときに急な尿意でかなり漏れ、ショック!
      強い尿意のときは我慢ができなくなり困る・・・
      この日は毎回自尿量の方が多かった(残尿80~150と優秀)
28日・29日も同じように快調!

3月(術後1年1か月)
前半  残尿が100を切る日が1日1回はある
     はっきりとした強い尿意が1日2回くらいになった
 7日  婦人科定期検診
      傍大動脈リンパ節の腫れ、前回よりやや増大
      主治医から 「導尿を1日3回にしてみては?」 と言われ、
      毎日ではないが実行
      尿の濁りや膀胱の違和感もなく、問題なさそう!
後半   朝一以外は毎回、自尿量>残尿量に

4月(術後1年2か月)
前半  不調  自尿量と残尿量が同じくらいの日が続く
後半  また自尿量>残尿量と復活。
       試しにウブレチドを1週間やめてみたらまた残尿がかなり増えた
12日  泌尿器科定期検診

5月(術後1年3か月)
前半  1回の量の、3分の2が自尿、3分の1が残尿に進歩!
 8日  導尿グッズを忘れて外出(小まめに自尿は出した)
     夜、家に着いてすぐ導尿したが、たった90! 嬉しかった
12日  3回続けて残尿が30・50・40!
     この日だけみたら卒業できちゃう好成績
後半  変わらずに毎回自尿量の方が多いが、
     ガクンと減った残尿量がまた多くなりガッカリ・・・

6月(術後1年4か月)
前半  変わらず横ばい
後半  また残尿量が減ってきた。  尿意は毎回しっかりある
     朝起きたときの尿意が、術前のときのような普通の感じに!
     この頃から薬が切れるはずの就寝前の残尿量が、なぜか50前後
14日  泌尿器科定期検診

7月(術後1年5か月)
前半  卒業ができそうなくらいの残尿量の日もあれば、不調な日もありバラバラ
     喜んだり落ち込んだり
後半  毎回残尿量100~150くらいに  でもなかなか100を切れない・・・

8月(術後1年6か月)
前半  汗のせいか尿量が少なくなる
15日  婦人科定期検診
      傍大動脈リンパ節の腫れは前回と変わらず →次回初PET/CT
      主治医から、「導尿を朝晩の2回にしてみては?」
      と言われたが、まだまだ不安
      尿や膀胱の感じで2回にしてみたり、3回にしてみたり
16日  3回目ステント交換
      T先生、急な手術のため、代わりの先生に  激痛!
後半  変わらず
     強い尿意のときはおしっこの勢いも良い
     でも10秒も我慢できず、すぐに行かれないと漏れる
     外出のときはナプキンをあてることに
     タイミングを逃すと、強い尿意があってもタラタラ…しか出ない
     自分の体なのにコントロールできない

9月(術後1年7か月)
前半  変わらず
     便意みたいな尿意のときが数日続いた  紛らわしい・・・ 
後半  変わらず
     自尿だけで2~3回済ませた後の導尿(残尿)が何故か100以下のことが多い
     偶然か?

10月(術後1年8か月)
前半  変わらず  汗の量が減ったせいか、尿量が増えてきた
後半  変わらず
     初心に戻り10日ほど全く腹圧をかけずにいたら、その後自尿量が増えた!  
     主治医の言った通り、膀胱の筋肉が柔らかくなって収縮力がUPしたような気がする  
     基本大事!大事!
11日  泌尿器科定期検診

11月(術後1年9か月)
10日  ☆この記事をUPした日☆ 
     毎回尿意あり
     導尿は朝・昼・就寝前の3回
     自尿量>残尿量ですが、なかなか100以下になりません
     半日くらいの外出なら導尿グッズを持たずに出れるようになりましたが、
     これ以上の回復は期待できないような気がしています
     でも、焦らずに気長に奇跡を待ちます!
13日  術後、初出勤の日
     仕事中、水分を摂れず一日の尿量830!
     5時間の間に2回トイレに行ったが、2回とも自尿100前後
     仕事中導尿は行わず、家に着いてすぐに導尿
     → 80しか溜まっていなかったので安心したが、総尿量を見ると反省
     翌日からは水筒を持参し、尿量はいつも通りに
     仕事中はトイレ(自尿のみ)を1回にし、家に着いてすぐに導尿という
     パターンに
     仕事の日以外は、前後半、今までと変わらず

12月(術後1年10か月)
 3日  初めてのPET/CT(膨大動脈リンパ節の腫れが続くため)
 5日  婦人科定期検診
     PET/CT結果 → 腹部傍大動脈転移疑い
前半  残尿が劇的に減少   ほとんど毎回100以下に
     300くらいあった朝一の残尿も減ってきた
     8日,9日,10日の朝一の残尿は、なんと 90,70,100!
20日  4回目ステント交換
     初めてT先生に  A先生と同じくらい上手で痛みなし!
     ところが、この後から22日まで尿意がなく、残尿が増える。
後半  23日から尿意も自尿量も復活!  よかった!
     ただ、また朝一の残尿は200前後に戻ってしまった。


2013年
1月(術後1年11か月)
前半  12月後半から変わらず
     導尿は朝と就寝前の2回という日がほとんど
     たまに昼間、不安になったときに導尿をしてみるが100前後
後半  変わらず
     風邪をひき、市販の風邪薬を飲んでいたせいだと思うが、
     ウブレチドを飲んでも尿意を感じない  自尿量もダウン
     風邪が治って服用をやめたら尿意、自尿量共に復活

2月(術後2年)
前半  また少し快方に
     朝一の残尿が150前後、就寝前の残尿が50前後に定着
     ほんとうに朝だけの導尿で良いのかも!?
 5日  初めてノロに感染!
     内科で処方された下痢止めと抗生物質の影響か?
     服用中はまた尿意がなくなり、自尿量も一気にダウン
     回復と同時にどちらも復活 先日の風邪薬といい、
     偶然ではないような気がする
後半  朝一の残尿が200~300と増える  寒いから? ガッカリ・・・
21日  泌尿器科定期検診

3月(術後2年1か月)
前半  朝一の残尿は変わらず200~300
     水分の摂取量が少ないと尿量が少なくなり、尿意を感じずらい
後半  前半と変わらず
     花粉症の鼻水を風邪とカン違いし、市販の風邪薬を飲んだら
     また尿意が無くなり、自尿量もダウン
     朝晩2回だった導尿を4~5回に
     風邪薬が尿意や膀胱の収縮と関係するのは偶然ではないと確信
29日  PET/CT(2回目)

4月(術後2年2か月)
 3日  婦人科定期検診
     傍大動脈リンパ節は前回と変わらず
18日 5回目ステント交換
     前回の交換後から強かった膀胱の違和感がなくなり、
     濁り気味だった尿もきれいに
前半  3月と変わらず
後半  変わらず

5月(術後2年3か月)
前半  変わらず
     2月後半から増え始めた朝一の残尿がずっとそのまま
     また風邪をひき、市販の風邪薬のせいで(たぶん)、
     自尿量<残尿量の回数が増えた
     最近は排尿障害より免疫力の低下を痛感し、落ち込む
後半  風邪が治ったら(薬を飲まなくなったら)尿意と共に自尿量も回復
     朝一の残尿は多いままだけど

6月(術後2年4か月)
前半  変わらず
     8日~12日の5日間、またウブレチドを飲まいでみたら、
     やはり尿意・尿量ともにダウン   この毒薬、一生飲み続けるのかな・・・
後半  ウブレチドを再開してからやはり回復
     しかも、少し自尿の量が増えた気がする
     5/25から飲み始めたビタミン剤のせいか?夏のせいか?
     風邪をひかなくなった!
20日  泌尿器科定期検診

7月(術後2年5か月)
前半  朝一の残尿量は200~250
     気のせいか自尿量が増えてきた気がする(自尿量は量ってない)
     尿意は相変わらず、ほとんど毎回ある
後半  朝一の残尿量が150~250と少し減った。 汗のせいかな?
     数字に出るほどではないけれど、やはり残尿量が減ってきている
     まだ回復の見込みがありそう!
26日  PET/CT(3回目)
31日  婦人科定期検診
     傍大動脈リンパ節は変化なし  今度は大腸ガン疑い?

8月(術後2年6か月)
13日  初めて行ったリンパ浮腫治療院のセラピストさんから(元看護師)
     残尿が100くらいなら導尿をやめても問題ないと言われた
     最近は日中はそのくらいなので “試しに量ること” をやめた
     そして就寝前の残尿が30という日が多くなった
     ということは、本格的に朝だけの導尿で良い?(やはりまだ不安)
     2年半経って、まだ確実に回復している奇跡がここに!
22日  6回目ステント交換
     ステントを抜くときに痛みがあったが、何故か新しいものが尿管を
     通る時の痛みはなかった。

9月(術後2年7か月)
10日  7月のPETで見つかった、大腸ポリープ確認の内視鏡検査
     (ポリープの形状から10/23、拡大内視鏡にて再検査となった)
     この後3日くらい残便感があった    
     尿の方は8月と変わらず

10月(術後2年8か月)
     おしっこは特に変化なし
     朝の尿量が自尿、導尿共に減少したが、飲水量が減ったせいだと思う
23日  拡大内視鏡による大腸ポリープ再検査
      (術式を決めるため、11/8 バリウムX線検査をすることに)
24日  泌尿器科定期検診

11月(術後2年9か月)
      おしっこは変化なし
 8日  注腸X線検査(ポリープの位置、癒着の度合いを確認のため)
22日  超音波内視鏡検査(腫瘍の真ん中に潰瘍があり、浸潤の確認)
     → 結果、1/7 内視鏡にて腫瘍切除に治療方針決定

12月(術後2年10か月)
      就寝前の残尿が少し増える
      やはりこの時間もまだ導尿は止めれない
 5日  婦人科定期検診


2014年
1月(術後2年11か月)
      朝一の残尿がかなり少なくなった。 飲水量のせい?
 7日  大腸内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) →1週間入院
          病理結果 = 粘膜下層に留まる初期の腺がん
16日 7回目ステント交換
     今回、膀胱と腎臓の違和感が長引く

2月(術後3年)
     朝一の残尿がまた少し増え、尿意を感じにくくなった  気温のせい?

3月(術後3年1か月)
     自尿、残尿とも変化なし
     ただ、赤っぽいおしっこが出ることが多くなった
20日  泌尿器科定期検診
     尿検査の結果、膀胱炎による血尿だった
26日  PET/CT(4回目)

4月(術後3年2か月)
 2日  婦人科定期検診
     傍大動脈リンパ節は変化ないが、左腎の萎縮が目立つ
     今後、転移・再発の心配は95%ないと言われた!

5月(術後3年3か月)
     朝の導尿を、朝一から2回目のトイレのときに変えてみた
     残尿が100~150と、かなり少なくなった
 7日  1か月ほど左胸に痛みがあり 【乳腺内分泌外科】 を受診
     マンモ超音波検査 の結果、異常なし。
 8日  8回目ステント交換
     3月から血尿が続いていたので、膀胱鏡で診てもらった
     膀胱の中はできものも傷もなくキレイだった
     膀胱鏡は痛かったけど、今回交換時の痛み全く無し!なぜ?

6月(術後3年4か月)
     朝の残尿は相変わらず100~150くらい
26日  腎内分泌代謝内科受診(1回目)
     左腎はほとんど機能していないことがわかった
     原因の一つと思われる、ロキソニンの服用は今後禁止

7月(術後3年5か月)
     朝の残尿が増え、浮腫みやすい日が続く
     半ば頃からリンパ浮腫悪化→皮膚が伸びないため歩くと痛い
 3日  右の腎臓に摘ままれたような痛み
 8日  術後半年後の大腸内視鏡検査
     全く問題なく、次回は1年後でOK!
10日  泌尿器科定期検診

8月(術後3年6ヶ月)
     残尿変わらず  浮腫みも変わらず
 7日  9回目ステント交換

9月(術後3年7か月)
     残尿変わらず  浮腫みも変わらず
     浮腫みのせいで疲れやすい日が続く
17日  PET/CT(5回目)
24日  婦人科定期検診
      傍大動脈リンパ節、転移疑惑消失!!!
      次回からは造影剤CTになった
25日  腎内分泌代謝内科受診(2回目)
      〃   泌尿器科定期検診

10月(術後3年8か月)
     残尿変わらず  浮腫みは落ち着いてきた

11月(術後3年9ヶ月)
     残尿が減ってきた  まだ回復の希望はありそう!
     着圧タイツを穿きっぱなしでいたら劇的に浮腫みが解消
     疲れにくくなった

12月(術後3年10か月)
前半  朝の残尿が300~400と急に増える
     奇跡的に減ってきていただけにショック・・・
18日  腎内分泌代謝内科受診(3回目)
25日  10回目ステント交換
     膀胱側のステントの端に石が付着していた。
30日  左目『結膜下出血』


2015年

1月(術後3年11か月)
前半  朝の残尿が100~150くらいに激減。
後半    〃   200~300に逆戻りでガッカリ。
 7日  この日から、就寝時、横になると膀胱に痛み。

2月(術後4年)
      残尿変わらず
12日  泌尿器科定期検診
     膀胱の痛みはステントが膀胱壁に触れるせいだろうと
     今後の交換の頻度が4ヶ月から3ヶ月に変更になる
     左腎に浮腫
18日  婦人科受診(予定外)
     背中肋骨辺りに1cmほどのしこりを自分で発見したため
     整形外科でCT検査を受けるよう勧められる
25日  整形外科受診
     レントゲン検査の結果、軟骨の腫れという診断
     3/25予定の婦人科CTの画像で確認することに

3月(術後4年1か月)
12日  11回目ステント交換
      今回から3か月毎に   今までで一番痛かったかも・・・
25日  婦人科定期検診
      傍大動脈リンパ節著変なし。 腫瘍マーカー異常なし
      CTの結果 “腎嚢胞” “十二指腸憩室” 指摘される

6月(術後4年4か月)
 4日  腎内分泌代謝内科受診(4回目)
11日  12回目ステント交換
      主治医の外来が長引いたため、H医師に処置を依頼
      3倍ほどの時間がかかり激痛だった

7月(術後4年5か月)
22日  大腸内視鏡検査(術後1年半・前回検査から1年)
      腹部膨満感、残便感があるも、異常なし
29日  婦人科受診(予定外)
      蜂窩織炎発症(原因不明)

8月(術後4年6か月)
 7日  婦人科受診
      蜂窩織炎完治

9月(術後4年7か月)
10日  13回目ステント交換
     初めて座薬を使っての処置&最短5分で交換終了!
     ここ1か月ほど続いてる膀胱の痛みを伝えたところ、
     “コリン作動性クリーゼ”を疑われ、次回交換日に血液検査
16日  婦人科定期検診
     今回から血液検査、細胞診は紹介元のYクリニックに
     総コレステロール値が基準値超え
30日  大学病院でCT検査

10月(術後4年8か月)
23日  就寝前に、色・濃度ともにひどい血尿
     1日で治ったが、家にあった抗生剤を7日間服用
     今までの経験から、細菌感染による膀胱炎。 →たぶん
     これをきっかけに長く続いていた膀胱の痛みがなくなった!

11月(術後4年9か月)
12日  乳がん検診(市の検診車にて) →異常なし

12月(術後4年10か月)
10日  14回目ステント交換
     血液検査の結果 “コリンエステラーゼ値” に異常なし
     交換直後、ステントの位置に不具合があり入れ直し
16日  市の骨量測定
      “72才くらいの骨量” “要精密検査” という結果が・・・
24日  腎内分泌代謝内科受診(5回目)
      9月のCTで指摘された “甲状腺結節” のエコー検査行う


2016年
1月(術後4年11か月)
 7日   腎内分泌代謝内科受診
      甲状腺腫瘤エコー検査結果 →心配なし
     この日、骨粗鬆症の “骨回転の速度” を診るため採血
14日  腎内分泌代謝内科受診
      “骨回転” も “骨粗しょう症マーカー” の値も正常だった!

2月(術後5年!)
25日  原因不明の39度近い発熱(28日まで)
     インフルも疑ったが土日を挟んだため病院には行かなかった
     左右の腎臓が痛かったので冷えからの炎症だったかも?

3月(術後5年1か月)
10日  15回目ステント交換
      13回目と同じく、痛みなく5分で終了
20日  今月に入った頃から尿の出が悪くなったので、ウブレチドの服用を止める
     (長期服用で膀胱の出口が収縮する場合がある)
30日  婦人科定期検診
      Yクリニックにて内診と細胞診と血液検査

4月(術後5年2か月)
13日  婦人科定期検診(CT検査)
     4/6に受けたCTの結果をききに大学病院へ
     ウブレチドを止めたことで残尿が増えたため、毎回導尿することに
     膀胱を空にする回数が増えた結果、尿の濁りや膀胱痛がなくなった

5月(術後5年3か月)
24日  午後から就寝前まで左側腎臓の痛み、37.3度の熱
      翌朝は平熱に

6月(術後5年4か月)
 9日  16回目ステント交換
      今回もまあまあ痛みなく終了
      11日昼頃まで膀胱の違和感と尿の濁りがあった
15日  骨粗しょう症レントゲン検査 -DXA(デキサ)法     
30日  腎内分泌代謝内科受診
      腎機能特に変化なし/骨粗しょう症レントゲン検査結果OK

7月(術後5年5か月)
14日  背中の左側(たぶん腎臓)の痛み → 26日まで続く

8月(術後5年6か月)
 3日  大腸内視鏡検査(術後2年半)
10日  ↑ 結果 (8mmポリープ有り、9/28 EMR術にて摘出決定)
  末  リンパ浮腫が軽くなってきた/着圧ストッキングを穿かない日が増える  

9月(術後5年7か月)
 9日  ~11日まで3日間、38度の発熱  原因不明
15日  17回目ステント交換
      座薬挿入後1時間後の処置で?ステント挿入時初の無痛!
28日  大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR) →1泊入院

10月(術後5年8か月)
 5日  婦人科定期検診
      Yクリニックにて内診と細胞診と血液検査
19日  消化器内科受診
      大腸内視鏡的粘膜切除術(EMR)結果 → 8mmの良性ポリープ

11月(術後5年9か月)
22日  乳がん検診(市の検診車にて)

12月(術後5年10か月)
 8日  腎内分泌代謝内科受診
      腎機能特に変化なし
 〃   18回目ステント交換
      座薬挿入~処置までに2時間半経過したがほとんど痛みなし


2017年
1月(術後5年11か月)       
10日  家族性腫瘍遺伝外来、初受診

2月(術後6年)
 7日  経鼻胃カメラ検査/ピロリ菌検査
14日  家族性腫瘍遺伝外来、2回目受診
23日  マイクロサテライト不安定性(MSI)検査

3月(術後6年1か月)
 9日  19回目ステント交換

4月(術後6年2か月)
11日  マイクロサテライト不安定性(MSI)検査結果
19日  婦人科定期検診(CT検査)
     4/11に受けたCTの結果をききに大学病院へ → 今回で卒業
     術後6年の覚書

6月(術後6年4か月)
 6日  20回目ステント交換
 7日  骨粗しょう症レントゲン検査 -DXA(デキサ)法
 9日  腎内分泌代謝内科受診             
                         

                       
                         ・
                         ・
                         ・    



2012.11.10 Sat (16:20) l 10.排尿障害 と 治療の経過 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今の若い人は・・・ 知らないかな?

運命の赤い糸という、中国で発し東アジアで広く信じられている、人と人を
結ぶ伝説があります。
現世の人々の婚姻を司る月下老人という老人が、冥界で婚姻が決まると、
赤い縄の入った袋を持って現世に向かい、男女の足首に決して切れない
縄を結ぶ。  (日本では互いの手の小指に赤い糸)
この縄が結ばれると、距離や境遇に関わらず必ず二人は結ばれる運命に
あるという伝説です。


遠い遠い、はるか遠ーーーい昔・・・
今では信じがたい、とーってもロマンチックな乙女の頃があった私。
こういうことを素直に信じる、夢見る少女でした

5年生の時の初恋に始まり、何人かの男の子に恋をし・・・
高3で夫に巡り逢ったとき・・・
ついに運命の赤い糸の人に出逢えた!と確信。
17で・・・  かわいそうに・・・


夫が友達(の夫)経由で付きあってほしいと言ってきたときは、夫も
夫もだったので、真面目な私は即お断り!
でも、夫は魅力的な私(笑うとこネ)を諦めきれずに再びトライ!
もちろんまたお断りしたんだけど・・・

何日かして、勝手に夢の中に出てきちゃって・・・
目が覚めたらいきなり好きになってたという、まさかの展開!
それどころか、あっという間に「運命の赤い糸の人」にまで昇格!

当時仲の良かった子たちには、このことを報告。
みんなよかったね~!って言ってたけど、心では笑ってたかも


それでね・・・
何年か前に、中学校の同窓会があったんですけど・・・
そこで、中3の時に仲が良かったKくんから聞かされたこと。
Kくんとは別々の高校に進学したので、中学卒業以来の再会でした。 
(と、私は思ってた!)

高3のとき、駅でバッタリ会っただろ?
で、サザンの降りるバス停に着くまで、バスん中で話したこと覚えてる?
今だから言うけど・・・ オレ中学の頃、好きだったんだ。
あの時久しぶりに会って、やっぱ告白しようって思ったんだ。  
そしたら・・・

あたし運命の赤い糸の人に出逢えたの! いつかその人と結婚するの!
って、すげー嬉しそうに言われちゃってさー。
赤い糸の人? 何だそれ? ・・・って思ってたけど、ホントにその人と結婚
しちゃったもんな!



ああ・・・
何もかも、全く記憶にございません。
あまりにも遠い昔のことだったので、恥かしいと思う気持ちもなく、
Kくんにまでそんなこと言ってたんだぁ・・・ 
と、その頃の私を可愛いー とさえ思ってしまいました。
(もったいないことをした!と思ったのはナイショ、ナイショ)


なのに、結婚してしばらくしてからわかった真実。
高3の初め、夫・・・ この学年で一番ケツのでかい女って誰だ~?
で、私に白羽の矢が立ったという・・・

私の乙女の浪漫が・・・  ううぅ・・・


このことを、つい最近長男とちゃんに聞かせたら・・・
えっ! オヤジも?   → なにこの遺伝


今月18日は33回目の結婚記念日なのですが、毎年この事を思い出しては
伝説を疑ってしまう私です



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです
2012.11.15 Thu (00:00) l 17.日常のいろいろ l コメント (4) トラックバック (0) l top
今月13日から仕事に行き始めてます。
カルチャーセンターでの受付業務です。

面接の前に「これに記入しておいてください」と渡された2枚のプリント。
1枚は、カルチャーセンターに対してのイメージ。
それと、自分の性格・特技など。
履歴書に書いたものより、もうちょっと詳しく、といった感じです。

もう1枚は、病気の申告書。
過去3年以内に大きな病気をしたことがあるか?
あれば病名・現在の体調・通院の有無。
その病気のことで自分が気にしてること。  などなど。

子宮がんの手術をしたことと、化学療法を受けたことは書きましたが、
排尿障害のことは書けませんでした。
採用かどうなるかもわからない所で、それを書くのは抵抗がありました。
このことはやはり、心を許した人にしか言えない・・・
そう思っていたことに気づかされました。

病気のことをこれだけ書かせるということは、健康じゃないとダメなんだろう。
受付の仕事って・・・ そんなにキツいのかなー?

正直、絶対に不採用だ・・・ と思いながら書いてました。

そしていよいよ面接。
諦め半分な気持ちでしたが、申告書に書いた通りのこと、
私と同じ症例で転移・再発をした人はいない と、主治医から太鼓判を押されて
いることなどをアピールしました。

講師や生徒さんの受付の他に、7つもある教室の、講座ごとのセッティング、
朝・夜のお掃除など、体力が問われる仕事であることを説明されました。
私は「それでもやってみたいと思う」 と言いました。
そして「笑顔が素敵ですね」 という言葉をいただきましたが、この面接中も全く
自信はなかったです。

なので、採用が知らされたときは本当にビックリ!

もう治療が終わっているなら、子宮ガンであったことは過去のこと。
サザンさんの人柄と笑顔で採用を決めました。

そう言ってくださいました!  ほんとうに有り難い言葉です。

ガンとわかって仕事を辞め、開腹手術をし、2年近くのほほんと過ごしてきた
身体には想像以上のキツさです。
週に4日。 1日5時間の勤務ですが、ほとんど動きっぱなし。
電車・バスの通勤時間、夕飯の買い物などで約7時間拘束されます。
家に着くとリンパの浮腫みも出ていて、グッタリ・・・
どの仕事もそうですが、最初は覚えることもたくさんあり、頭も長いことボーー
っとしていたので、のみ込みの悪いのなんの・・・

でも、ガンバッテみます!
今度は「私を採用してよかった」 って言ってもらえるように。

病気、年齢に甘えず、ケツを叩いて(またケツ)明日も行ってきまーす



にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ


応援していただけると嬉しいです


2012.11.20 Tue (00:03) l 17.日常のいろいろ l コメント (8) トラックバック (0) l top