2011/3/9

膣とおしりの奥の痛みはあれから相変わらずです。
うんちもスッキリ出ていません。
今月に入ってから尿のバッグの中に、雲みたいな白いフワフワしたものや、小さい血の塊などが混ざるようになりました。 
嫌でもバッグの中が見えてしまうので 「気持ち悪っ!」 と思いながらも、じっくり観察してしまいます

7日は私の誕生日でしたが、よりによってこの日から原因不明の熱が出はじめました。
喉が痛いので風邪のような気もするし、おしっこの浮遊物から膀胱炎?のような気もします。
とりあえず退院時にもらったロキソニンで熱を下げ、退院後の診察が近いので、様子をみることにしました。

体調は最悪の誕生日だったけど、友達やその娘たち、息子の友達からもお祝いのがたくさん届き、幸せな1日でした。
今年はみんな優しい~ 笑

夜には長男と I ちゃんがケーキを持って来てくれました
結婚と赤ちゃんの順番が逆になってしまいましたが、二人は3日の雛祭りの日に入籍し、長男は I ちゃんのアパートに越して行ったばかりでした。
短い時間でしたが、平日なのにわざわざ来てくれたことが嬉しかったです。 
朝早く仕事に出る夫はとっくに寝ていたので、3人でのお祝いでした。


----------------------------------------------------------------------


そして本日9日は、退院後初めてのM先生の診察の日でした
手術の詳細は退院の前日にU先生から聞かされたこととほとんど同じ内容でしたが、やっとM先生の口から聞けるので耳をダンボにし、聞き逃さないように必死でした。

電子カルテからプリントアウトしたものを見せられました。
“病理組織検査報告書” と “細胞診断報告書”
それと摘出した子宮、卵巣、卵管、大網の写真でした。

子宮は広げられ、昆虫の標本のように何本かのピンで留めてありました。 
その状態で約7cmの、イメージよりも小さな子宮でした。

腫瘍はM先生の最初の診察のときに取っていたので、子宮の中にはありませんでしたが、腫瘍があった場所は潰瘍のようにただれて写っていました。
写真はモノクロだったけど生々しかったです。

術後に実物を見せられた息子たちと妹はどんな気持ちだったのか。
次男が「なんかムニュムニュしたのがあった 
と言っていたのは大網だったようです。 

この病理組織検査報告書の所見によると、

 ・組織型は類内膜腺がんの線扁平上皮癌
 ・組織分化度(顔つき)は高分化のグレード1
 ・筋層浸潤(くい込み度)は一番浅いaランク
 ・血管・リンパ管への脈管侵襲なし
 ・両側卵巣・卵管・大網・リンパ節に悪性像は認められない
 ・腫瘍の大きさ32mm


以上から、子宮体癌Ib2期 という臨床診断がでました。
腫瘍があった場所が頸部に近かったため、最初は頸がんという診断でしたが、組織型から体癌になるそうです。

正直なところ、頸がんだろうが体癌だろうが、もう手術も終わっているのでどちらでもよかったです。
もしかしたら予後に違いがあるのかもしれませんが、特に調べることはしませんでした。

そしてもうひとつの細胞診断報告書。
ダグラス窩腹水、クラスVの陽性 という診断。

このため、現在のガイドラインではステージはⅢa期 になります。
なので化学療法の追加治療を受けることになったわけですが、私のように他に転移がなく腹水のみ陽性だった場合は予後が良く、ガイドラインの見直しが検討されているとのことです。

M先生から 「このステージは気にしなくていい」 と言われました。
そしてU先生と同じく、良い結果だったことを伝えられました

ネットで検索したら確かにそのような文献があり、少し安心しました。

本来なら診察の後、化学療法の日程を決めてCTを撮って帰るはずだったのですが、熱が続いていることを言うと、CTの前に採血をして、全部終わったらもう1度診察室に来るようにと言われました。
まだ少し溜まっているリンパ液や、尿道カテーテルの細菌感染からの熱が疑われたようです。

今日の血液検査の結果 ( )は基準値
白血球 10.2(4.0~8.0)  CRP 6.84(0.3以下) という数値から、風邪も考えられると言われました。 
どちらにしても炎症反応が高いので、この後抗生剤の点滴を受け、1週間分の内服薬をもらって帰ってきました。 
しっかり1週間服用して、また来週の診察となりました。

当然、化学療法の開始も1週間先に延びるわけで・・・ 
とっとと終わらせたかったので、この熱がもどかしかったです。


2011.03.09 Wed (00:00) l 6. 子宮体がん l コメント (0) トラックバック (0) l top
2011/3/16

先週4日間続いた38度の熱は点滴が効いて翌日には平熱になりました。 
でもM先生の言いつけを守って、抗生剤は耐性がつかないように、しっかり1週間飲み切りました。
今日はその成果を確認するための診察でへ。


今日の血液検査の結果 ( )基準値
白血球 7.2(4.0~8.0)  CRP 0.52(0.3以下) 
気持ちよく下がっていました!


あなた若いから回復が早い。   → 体癌だと50でも若くなるww 

お腹の右側が腫れてて痛みもあるんですけど・・・

リンパ液が行き場を探してるからね~ そのうち治まりますから。

胃が張った感じもとれないんですけど・・・

まだ術後1か月だからね。 これもそのうち治まりますよ。 焦らなくていいです。 
抗がん剤の副作用のこと、ここに怖いこと色々書いてあるから家でよく読んでおいてください。 さて、いつからやりますか?


いつからでもいいです。

じゃあ30日に入院して31日にやりましょう。 
最初の1回だけはアレルギー反応を見るために入院してもらいます。  
30日まで2週間あるからね、ゆっくり休んでください。



もう十分休みました。 先生こそゆっくり休んでほしい。
私の無駄に余る時間を分けてあげたいくらいです。

この病院以外の施設にも診療に行かれたり、手術に行かれたり。
いくつもの学会の総会や、セミナーへの参加。 
週休2日なんてとんでもないですよね。 
ご自分のための休息日なんてあるのでしょうか・・・ 
アグレッシブな気持ちが素敵で、ほんとうに尊敬します。


あ-それから、僕が今まで診てきた中で、サザンさんと同じ症例で再発した人は一人もいませんよ。

                  



なんということでしょう  こんな言葉が聞けるなんて
ダグラス窩腹水に陽性反応が出て、ステージが3a期に跳ね上がったとき、それは気にしなくていいと言われました。
でも、そうは言っても敵はがん細胞    油断はできない!
気がつけばダグラス窩の辺りを何度もさすっていました。

もちろん何百例も診てきた先生の言葉だから何も考えずに真に受けたい。
でも、例外があるということもちゃんとわかってます。
だからもし再発になっても先生の言葉を責めたりしません。
こうして予防線を張る自分が悲しいのですが・・・


でも・・・  でも・・・  とりあえずやっぱり嬉しい---


診察室を出てすぐに母、M、Cにメールをしました。 
みんなの飛び上がりそうな喜びが伝わってきて、このときは予防線を緩めて素直に喜びました!


2011.03.16 Wed (00:00) l 6. 子宮体がん l コメント (2) トラックバック (0) l top
2011/8/17

6回、全ての化学療法が終わって約3週間。
手術をしてからちょうど半年になります。 
今日は化学療法終了後の定期検診、第1回目でした。


本日の検査結果 ( )は基準値
   白血球 7.4(4.0~8.0)  
   赤血球 2.47(3.8~4.8)
   ヘモグロビン 7.9(11.5~15.5)  
   血小板 10.6(14.0~40.0)
   好中球 5698(4000~7000)  
   CRP 5.4(0.3以下)

CT検査報告書(2011/8/5)
前回(2011/3/9)と比較しました。

《胸部CT》
胸部領域には明らかな転移を疑う所見は認めません。
前回認められていた右胸水はほぼ消失しています。
右下肺背側には陳旧性炎症性変化を疑う限局した胸膜肥厚や濃度上昇域を散見します。

《頸部CT》
頸部領域には明らかな転移を疑う所見を認めません。

《腹部・骨盤CT》
両側腎盂尿管には double J stent が留置されています。
前回CTで認められていた腹水及び両側骨盤壁の腹水は骨盤底部左側を除いてほぼ消失しています。
また左側の腹水も前回より減少しています。
骨盤底部には明らかな再発病変は同定できません。
傍大動脈には10mmまでのリンパ節を散見します。 
前回CTよりやや目立つ印象です。経過観察下さい。
両側腎には楔状の低吸収域が散見され、腎盂腎炎の可能性が疑われます。 
また膀胱壁は厚く、慢性膀胱炎が疑われます。
肝を含め上腹部実質臓器に明らかな転移を疑う所見を認めません。


5ヶ月ぶりのM先生は緊急OPEがあったのか?ただ暑いからなのか?
いつもの白衣ではなく手術着みたいなのを着てました。 
ちょっと太られたようです。 それより、短い袖から出てた毛むくじゃらの腕にビックリ


あ~サザンさん、これ、この間(5日)撮ったCTの結果ね。 
どこにも転移はありませんよ。 問題ないです。


よかった~  でも、ず~っと熱が続いてるんですけど。

どのくらいの熱?

38°とか・・・39°とかも出てました。

あ~ 大分クラビット飲んでるね~。 じゃあ今日は違う薬出すから。 
パンスポリンっていって昔からのなんだけど、僕が好きな薬でね。 
最後に39°の熱が出たのいつ?


一昨日です。

CRPも高いから今日この後、抗生剤の点滴して帰ってね。 あなたお家は?

市内です。

じゃあ明日と明後日も点滴に来れるかな。 あとはステントか・・・ 
そっか、それだな! ステント取れば熱も出なくなるでしょう。  おしっこは?
    

まだ出ません。 うんちの時に一緒に出るくらいで・・・
力を入れれば少しは出ますけど、入れちゃいけないんですよね?


うん、だめです。 でも、おしっこもステント取れば出るようになると思いますよ。



そしてPCで、タタタタタ・・・と、泌尿器科にステントを取るための外来予約を入れて下さいました。
手術の時から半年も体の中に入っていた物がやっと取れます。
化学療法が終わってもこれが残っていたので何となくスッキリしなかったのですが、これでやっと異物がなくなって普通の体になれる
取るだけと言っても想像すると恐怖ですが、M先生のおっしゃるように熱が出なくなるかもしれないし、何より・・・

 
おしっこが出るようになるかもしれないんです!


マンガだったら私の周りにお花が飛んでたかも


抗生剤の点滴はこの後2日通い、熱はクラビットをパンスポリンに変えてから微熱程度になり、気のせいか?ずっと続いてたお腹の張りもなくなりました。

副作用は、まだ回復していない貧血のダルさと、土踏まずから指先にかけての痺れくらいです。

カン違いして生えたいろいろな毛たちは、やっぱりきれいに抜け落ちましたが・・・
24日、最後の抗がん剤からちょうど1ヶ月。
新しく生えた眉毛を確認    嬉しかった  
試しに引っ張ってみたけど抜けませんでした。 
髪の毛や鼻毛はそれから5日経った頃に生え始めました。

一歩一歩もとの私に戻りますっ



2011.08.17 Wed (00:00) l 6. 子宮体がん l コメント (0) トラックバック (0) l top
2011/11/9

術後9ヶ月。 化学療法終了後3ヶ月半。
転移やら、水腎症やらと言われた泌尿器科の外来から2週間。
経過観察に入ってから2回目の定期検診で、CTも撮りました


本日の血液検査結果 ( )は基準値
    白血球 6.1(4.0~8.0)  
    赤血球 3.59(3.8~4.8)  
    ヘモグロビン 10.9(11.5~15.5)  
    血小板 30.2(14.0~40.0)
    好中球 3971(4000~7000)  
    クレアチニン 1.0(0.5~0.8)  
    CRP 0.48(0.3以下)
    腫瘍マーカー CA125 5.8(<35)  CA19-9 11.0(<30)


CT検査報告書
2011/8/5のCTと比較しました。

子宮体癌に対する子宮全摘術および両側付属器摘出後です。
骨盤底部に腫瘍再発を積極的に疑わせる所見は指摘できません。

傍大動脈には小さなリンパ節がいくつか散見されます。
そのうち、右腎動脈起始部直下の円形リンパ節は約10mm大で、前回より軽度増大し、内部低吸収を示しており 転移を疑います  → 

骨盤底部左側の腹水は前回より減少しています。
恥骨結合上部レベルで腹壁吻合部に約12mm大の軟部組織陰影を認めますが、前回と著変ありません。 術後変化と思われます。
腹膜転移を積極的に疑わせる腹膜肥厚像は指摘できません。

前回まで両側水腎症に対し DJ stent が挿入されていましたが、今回右側は抜去されています。 
右腎に腎盂の拡張は見られません。
上極外側部に部分的な梗塞を疑う notch を認めます。
左水腎症あり。 左腎実質の増強効果は右側に比べ遅滞し、不均一で炎症の存在を疑います。
慢性膀胱炎を疑わせる膀胱壁の肥厚像に著変ありません。

肝転移や肺転移を疑う所見は認めません。
頸部・胸部リンパ節に有意腫大を認めません。



サザンさん、おしっこは? 尿意はある?

やっと出始めました。 尿意は以前とは違いますけど感じる時もあります。  
この間、ステント取ってから10日後にまた入れたんですよ。


あれっ、そうだったの?    → カルテ確認
ああ、ほんとだねえ。

おしっこが出なくなって、熱も40°とか出て、それでA先生に2月にまた交換って言われました。 抜くだけじゃなくて、交換になるらしいです。
それから・・・ 8月のCT画像から転移とかも言われたんですけど・・・


ステントは様子見ながら、ってことでしょう。 時期がくればそのうち抜けると思いますよ。
転移は誰に言われたの? A先生?


いいえ。 毎日違う先生だったのでお名前は覚えてません。

ああ、手術の影響で膀胱の周りが炎症を起こしてて、少し厚みがあって、それが影になって写ってるだけで転移とかじゃないから気にしなくていいです。
今日の結果の方にも転移を疑いますとか書いてあるけど、それも違うからね。 心配しないようにね。
まだリンパの流れがうまくできてないから、そうするとリンパ節に溜まってしまって腫れて写るんですよ。 どうしても報告書ではそうなっちゃうけど僕の経験から違うから。 気にしないでいいですから。



そう言われてギョッとして、報告書の中の転移の文字を探しました。
気にするなと言われても、その文字を実際に見ると恐ろしかったです。
心配しなくていいと言われても、私の中では完全に白ではなくグレーです。 
泌尿器科の方でもグレーっぽい言い方をされてるし・・・
今すぐどうこうじゃないのはわかりましたが、この日からず~っとモヤモヤが頭から離れることはありませんでした。

こんな疑いがあるのに、次回の診察は4ヶ月後になりました。
M先生は、万が一転移・再発が見つかっても、

早く見つかったところで、その後の治療の効果は変わらない。

と、私がネットで見たことと同じことをおっしゃいました。
でも、この言葉に更にモヤモヤが膨らんでしまいました。
否定するなら、ちゃんと否定して~~




家に帰ってPCで 右腎動脈起始部直下の円形リンパ節 を探しましたが、全く出てこないので諦めました。
こーゆーのは何故か追求しないです。  詰めが甘い~   
無駄な心配をかけたくなかったので、今日のことは誰にも言いませんでした。

おしっこの方は1日1回は尿意を感じるようになりました。
膀胱で感じるのではなく、尿道の奥の方がチクチクする感じです。
これはウブレチドのせいだと思います。
しかも尿意を感じると、待ったなしで漏れることも何回か。
回数は、1日3回くらい出るようになりました。 

導尿を始めてから7ヶ月。 
もう一生導尿かと諦めかけていた矢先でしたが、少しずつですが回復の兆しが見えてきました。
もし、私と同じように先が見えないと悲観してる方がいらっしゃいましたら、私のように突然回復に向かうこともありますので諦めずにいてください。



2011.11.09 Wed (00:00) l 6. 子宮体がん l コメント (2) トラックバック (0) l top
2012/3/7

眼科だの歯医者だので医療費が大変なことになっている我が家。
ええ、ええ、全部わたし一人で
そんな中、本家本元?の婦人科の定期検診とCT検査で へ。

先週の大雪でキャンセルした方が合体して、いつも以上に大賑わい\(^o^)/
言ってくれれば、近いから先週来たのになあ。
ああ、CTの予約は急には変更できないのか。
そんなことを考えながら今日も ZOO KEEPER で時間潰し。


本日の血液検査結果 ( )は基準値
    白血球 7.9(4.0~8.0)  
    赤血球 3.97(3.8~4.8)
    ヘモグロビン 11.4(11.5~15.5)  
    血小板 33.3(14.0~40.0)
    好中球 5885(4000~7000)
    クレアチニン 0.99(0.5~0.8)  
    CRP 0.77(0.3以下)
    腫瘍マーカー CA125 5.0(<35)   CA19-9 12.4(<30)


CT検査報告書
前回2011/11/9のものと比較しました。

子宮体癌術後。
頸部~胸部にかけて有意なリンパ節の腫脹は認めません。
傍大動脈周囲のリンパ節の腫脹を認め、前回よりやや増大している印象を受けます。
骨盤内には有意なリンパ節腫脹を認めません。
明らかな骨盤内臓器への転移は指摘できません。
左側にDJカテーテルが挿入されています。
右腎盂の拡張は認められません。
左腎盂は拡張が認められますが、前回と比較し改善しています。
膀胱壁が肥厚しS状結腸の粘膜下浮腫も認められ、一元的に考えると放射線治療後の変化と思われます。
左腎は萎縮してきています。 (著変ありません)
両肺野に転移を示唆する所見は指摘できません。
胸水の貯留は認めません。


あ~サザンさん、おしっこは?    → もうこれ挨拶代わり 笑

自尿が増えてきましたけど、まだまだ残尿の方が多いです。

多いときでどのくらい?

200とか300とかあります。

カテーテルは1日何回?

毎回導尿してます。 1日5~6回です。

じゃあ今日から1日3回にしてみて。

えーーーっ!  まだすっごく不安なんですけど・・・

まぁ、不安ならあなたのペースでいいけど、僕は大丈夫だと思うよ。



ということで、この日から朝、昼、寝る前の3回の導尿にしてみました。
導尿をしない “自尿だけの時” は、たぶんかなり残尿があると思うのですが、寝る前のおしっこがきれいなのでOKと判断しました。

導尿をしないでトイレから出れるなんて遠い未来のことと思っていたので、半分に減っただけでも嬉しかったです。
しかも、寝る前の残尿が50mlという日もあり 「半日導尿してなかったのに」 と、ビックリすることも。
私のM先生を崇拝する気持ちが益々強くなりました 笑


今日の報告書では、傍大動脈周囲のリンパ節が前回より大きくなっているようなことが書かれていましたが、転移を疑いますという言葉は消えていて一安心。

家に帰ってちゃんと読み返したら、S状結腸の粘膜下浮腫 と、やってもいない
放射線治療後 という言葉に???
次回の宿題ができました。

その次回の予約は、やっと1年が経っただけなのに、何と半年後

ちょこちょこCT撮って病院を金儲けさせなくていいよ!

なーんて冗談までおっしゃって・・・    カッコイイ




全く関係ありませんが、今日のフジテレビ、21時からのとんねるずのみなさんの~は、待ちに待った 男気じゃんけん なんです
清原が可愛くて笑えます!  伊藤英明も最高です!  
その時間までにこれを読んでいただけた方がいたらぜし観てほしいです!
今日あった嫌なこと、ぜ~んぶ忘れられるかもっ 笑



2012.03.07 Wed (00:00) l 6. 子宮体がん l コメント (0) トラックバック (0) l top