52歳の主婦です。
高校の同級生だった夫と19歳で結婚し、20歳で長男、22歳の時に次男を出産。
息子たちはそれぞれ独立し、現在は夫との二人暮らしです。

健康だけが取り柄で生理痛とも縁がなく49歳で閉経。
ところがその1年後に子宮がんが発覚。

2011年2月に子宮体癌で広汎子宮全摘出術を受けました。
術前の診断は1b2期でしたが、術中のダグラス窩腹腔細胞診で陽性反応が出たため、術後のステージは3a期に変わりました。

2011年秋にガイドラインの見直しが検討され 「腹腔細胞診陽性は腫瘍が子宮内にとどまっている場合予後不良因子にはならない」 となったことから、このステージは気にしなくて良いと言われましたが、念のため化学療法(TC法6回)は追加治療となりました。
2011年7月25日に6回の治療が終わり、現在経過観察中です。

転移・再発の不安はもちろんいつも頭の片隅にありますが、とりあえず目の前の排尿障害や、尿管狭窄のために留置している尿管ステントの問題と対峙しているところです。

告知されてからネットで病気のことを調べたりはしていましたが、闘病のブログに出会ったのは術後半年も経ってからでした。
いろいろな学会の専門的なHPより、同じ経験をされた方のリアルな言葉がとても参考になり励まされました。
ただ、同じ病期・症例の方が少なかったので、私の経験も少しは誰かの役に立てるんじゃないか?
そう一大決心をし、ブログを始めることにしました。

現在術後1年以上も経っているので、メモや友達に送ったメールなどを読み返しながら記事を書いているところです。
リアルタイムで投稿できるのはいつになることやら・・・
(追記 : 2012年11月1日より、リアルタイムで書いてます)

間違った表記や解釈など、多々あるかと思います。
申し訳ありませんがどうか大目に見てください。





ハンドルネームはず~っとファンクラブに入っているサザンオールスターズから。 
ブログタイトルは大好きなミスチルの中の一番好きな歌からつけました。 
(贅沢をお許しくださいませ @^^@ )

この歌のように、いつでもどんな時も微笑んでいられたら・・・


もし僕がこの世から巣立って逝っても
君の中で僕は生き続けるだろう
そう思えばなんとかやっていけそうだよ
そう、だからいつも いつでも微笑みを



18年前に父を亡くした時、とても辛かったのですが日常生活はおかまいなしにやってきました。
そして哀しみは少しずつ消え去り、いつの間にか笑ってました。
でもちゃんと心の中には父がいる。
命ってそういうもんなんだなぁ・・・って思ったんです。

だから万が一私がそうなったとしても (病気に関係なく)遺された人はそれなりになんとか生きていく。
そう思えばその時がきてもバタバタしないかな。
そうであってほしいなあ。

そういう想いを込めてタイトルにしました。
                                                      
                                   2012年8月1日(水)

  

2011.01.01 Sat (00:00) l 1. はじめに l コメント (10) トラックバック (0) l top